技術

「熊取」とは、京都大学原子炉実験所の所在地。「6人組」は京都大学の原発研究者。
 いまも在籍しているのは今中哲治二氏と、小出裕章氏(61歳)。二人とも肩書は助教。’01年から’03年に相次いで定年退職したのは、海老澤徹氏(72歳、助教授)、小林圭二氏(71歳、講師)、川野真治氏(69歳、助教授)。1994年にがんで亡くなった瀬尾健氏(享年53、助手=現在の助教)。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/30 週刊現代+現代ビジネス:迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち-危険性を訴えたら、監視・尾行された

①「原発震災管理官(仮称)」を任命し、指揮をとらせる②石棺で、崩壊熱を管理しながら閉じ込める③リアルタイムの放射能モニタリングを展開する④実測・予測データに­基づき避難地域を再設定する⑤日本原子力研究開発機構(年間予算2000億円)の改廃などで、恒久的な事故処理機関を設置する⑥東京電力の賠償責任と、原発埋蔵金である再­処理積立金(3兆円)などを活用した国の補償

続きを読む | Continue reading about 動画 2011/4/5 飯田哲也:「二度と悲劇を繰り返さないための6戦略」

 調査に使ったのは米国のロボットメーカー、アイロボット社から無償提供された同じタイプの2台。長さ70センチ、幅53センチ、重さ35キロで、カメラが付いているほか、備え付けのアームで物をつかむなどの作業ができる。時速は約9キロで、斜度60度の坂のほか、がれきの上でも走行可能だ。稼働時間は約4時間、遠隔操作できる距離は約800メートル。

続きを読む | Continue reading about 2011/04/17 共同通信:東電、遠隔ロボで原子炉建屋調査 放射線量や温度、酸素測定

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110417k0000m040068000c.html 毎日新聞 2011年4月16日 20時06分  福島第1原発事故で東京電力は16日、放 […]

続きを読む | Continue reading about 2011/4/16 毎日新聞: 福島第1原発:汚染水を冷却水に 浄化し再利用へ…東電

水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定している。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/16 J-CASTニュース:原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

http://www47.atwiki.jp/genpatu-uehara/ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E6%98%A5%E7%94%B7 上原 春男 […]

続きを読む | Continue reading about 上原春男 佐賀大学元学長 (福島第一原発3号機設計者) の福島第一原発の冷却案

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆[格安]東工大 セシウム除去システムを完成  【1:22】 23rt100 http://www.youtube.com/watch?v=ak16KkfJlt0 ~~~ […]

続きを読む | Continue reading about 動画【<放射性物質>顔料使ってセシウム汚染水浄化 東工大が開発】「アレバに負けない!」東京工業大学・有冨正憲教授らのグループは、「フェロシアン化鉄」という物質を使って水とセシウムを分ける実験を公開

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆電力ピーク負荷低減のための地中熱利用ヒートポンプの導入促進の提言 平成23年4月6日 日本地熱学会地中熱利用技術専門部会 日本地熱学会 http://grsj.gr.j […]

続きを読む | Continue reading about 【転載:日本地熱学会地中熱利用技術専門部会】電力ピーク負荷低減のための地中熱利用ヒートポンプの導入促進の提言