IMF

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ジャーナリスト堤未果のブログ より http://blogs.yahoo.co.jp/bunbaba530/67150989.html ~~~~~~~~~~~~~~~~~ […]

続きを読む | Continue reading about 国家を、国民を貧困奴隷にする#IMF の罪【動画:グロ-バル化 国際通貨基金が貧困を作るとき】#IMF や世界銀行は、あえて返済不可能な貸付を行ってその国を半永久な負債国にさせている。4sunshinever 「IMF融資を受けた途上国は貧困から抜け出せなくなる。IMF の「構造調整計画SAP」が債務国の主権を奪う」。ローラ・ガルシア

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 日本の国家破産後のシナリオはすでに用意されている ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「ネバダ・レポート」=IMF「日本経済再建計画」 ~~~~~~~~~~ […]

続きを読む | Continue reading about 日本国家破産後のシナリオ【IMF:ネバダ・レポート】消費税20%。課税最低限度、年収100万円。資産税導入(不動産5%)。預金は一律、ペイオフ。財産税=預金額の3、40%を没収。2010.2日本人が知らないニッポンより・・・国家破産の時、少しでもお金があれば助かる。だが、はたして、それであなたは本当に幸せであろうか?藤井厳喜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆アイスランドを見よ!あらかじめ用意された『押し付けの解決策』を拒否せよ! David Icke in Japan 2011/12/12 (ニューズレター9/4) まとめ &nbsp […]

続きを読む | Continue reading about 【アイスランドを見よ!『押し付けの解決策』を拒否せよ!】『世界的金融崩壊にどう対処すべきか』 銀行が作り出した危機の責任を引き受ける事を拒否した為、最大の金融崩壊から3年で経済が回復に向かう。… 報道されないアイスランド国民の「国家と国際金融資本」に対する勝利について。 12/12 David Icke Japan より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【代表Column】  第3の開国ならぬ第3の敗戦=『日本再占領©中田安彦2ndステージ』か? 「田中角栄排除のロッキード事件」を自認し、世界政治を裏であ […]

続きを読む | Continue reading about 【帝王キッシンジャー首相官邸に降臨】野田首相TPP会見@UTC:2011/11/11,11:00後、官邸に帝王が姿を現し首相と会談。「マッカーサーと天皇」の写真ように「キッシンジャーと首相」の映像が全国に誇示された。同日、国民新党の自見庄三郎金融大臣もIMFクリスティーヌ・ラガルドに陥落…ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 11/12より引用

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 当サイト編集部の判断として、以下、転載記事中の「シ○○○○・○○○」は、 国際銀行家+多国籍企業=Globalist=利権複合体 (以降“彼ら”と表記) […]

続きを読む | Continue reading about 【カダフィ殺害の理由】「アラブの春」と呼ばれる一連の民衆蜂起からの内戦に見せかけた 「主権国家に対する侵略的攻撃」は、 ひたすらに“彼ら”の利権のため-ROCKWAY EXPRESS 10/21の記事より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆ギリシャを山分け マスコミに載らない海外記事 2011年9月22日 (木) http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011 […]

続きを読む | Continue reading about 【社会の破滅は、大儲けの好機】ギリシャ向けショック・ドクトリンと、日本の「増税・復興計画・#TPP」=311ショック・ドクトリン(災害利用の強奪資本主義)の3点セット

9/22 追記 2.外資:郵政のもつ『国債売却→国債暴落:プットオプションで丸儲け』 日本国債、外国人保有が過去最高水準に 円高の一因 6月末で67兆円弱 nikkei  2011/9/21 23:18 http://w […]

続きを読む | Continue reading about 9/22 追記:国際資本の国債売却丸儲けのシナリオ=復興という名の売国【外資利権身売り国家のシナリオ】2011/9/14ロイター『野田首相が「復興財源とするため日本郵政株を売却する」 』suzupap koji.kaneko さんのtweet より

【The New York Timesの記事より】
ストロスカーン専務理事、元フランス財務大臣は、フランスの大統領選への立候補を、まもなく宣言することが期待されており、サルコジ大統領を追放する可能性が最も高い人物として見られていた。逮捕のニュースは、フランス全体に衝撃、怒り、不信と恥ずかしさの激震を作り出し、世論調査では、回答者の大半は彼が“はめられた”と思ったことを示した。

続きを読む | Continue reading about 2011/7/3 【代表Column】 IMF前専務理事は冤罪か?