調査

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ■水俣と福島に共通する10の手口■ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  1、誰も責任を取らない/縦割り組織を利用する  2、被害者や世論を混乱させ、「賛 […]

続きを読む | Continue reading about 誰も責任を取らない【水俣と福島に共通する10の手口】 データ(証拠)を取らない、残さない。被害を過小評価。被害者同士を対立させ、疲弊させ、あきらめさせる。ひたすら時間稼ぎ。・・アイリーン・美緒子・スミスさん「経産省前のテントの中で考えたもの」2/27毎日新聞

2011/06/24 02:02   【共同通信】より転載: 全福島県民対象に健康調査 基金設立、国主導で30年間 元記事☞ http://www.47news.jp/CN/201106/CN20110623010012 […]

続きを読む | Continue reading about 【“健康調査”はあくまで放射線による健康被害のデータ収集】→発病“予防”医療や“永続的治療”を国が保障してくれるわけではない事を広島・長崎の前例が証明している→被災者は将来、症状と被ばくの“因果関係”立証責任を負わされることになるから要注意

国際放射線防護委員会(ICRP):18歳までの生徒に対する放射線防護の考え方『一般公衆の10分の1以下にすべき』

続きを読む | Continue reading about 2011/4/21 「日々担々」資料ブログ: 菅は福島の小中学生を殺すのか(日刊ゲンダイ:直ちに集団疎開のレベル)