読売新聞

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ SLAPP訴訟(恫喝訴訟)=裁判自体で個人を疲弊させ、反対運動の芽を摘み取ることが目的 金銭的、経済的、肉体的、精神的負担といった裁判コストを被告に負わせ苦痛を与え、公的 […]

続きを読む | Continue reading about 地上波が伝えない恫喝訴訟!強者の言論封殺【#SLAPP =市民の関与を排除するための訴訟戦術】裁判自体の経済的、肉体的、精神的負担で個人を疲弊させ、市民の運動の芽を摘み取ることが目的。国と企業の権力側が弱小個人・市民を訴える理不尽にNO!「社会の矛盾を監視していくのがジャーナリストの眼」七つ森書館・中里英章氏

「人工地震」「地震兵器」「気象兵器」に関連する見出し検索 より
1975.06.18 “気象兵器”で米ソ交渉 ブ書記長演説の超兵器 開発禁止話し合う 読売新聞朝刊 http://bit.ly/fQN3hs

続きを読む | Continue reading about 【資料】「人工地震」&「地震兵器」「気象兵器」 報道「見出し」(読売新聞/朝日新聞):1894/10/05~2011/1/17

1936年10月22日 読売新聞 朝刊9面より
コラム 解説 時の言葉:人工地震
「人工地震」ですが、これは、地中に火薬をいけて爆破さして震動をおこすことを云ふもので、この震動のことを地震波とも称してゐますが、純物理學的には弾性波と呼ばれ、この地震波又は弾性波の速度は物質の硬さ(弾性率)の大きさに比例するが為に、例へば一定地域の地質を調査するに當[当]って、そこに火薬を爆破さして、所謂人工地震を起し、地震波の速度を計れば、その地質の硬軟その他が分明[=判明]するといふわけであります。ですから、この人工地震によって、トンネルの地質調査を始め鑛[鉱]脈の探検、石油、石炭の探査、或ひは軍事上敵の大砲の位置の測定等に用途があるさうです。

続きを読む | Continue reading about 【資料】人工地震 報道資料(読売新聞/朝日新聞):1936/8/23~1984/3/12