被曝

放射性物質による汚染地域:3つのホットスポット 中部大学、武田邦彦さんのホームページより引用: 放射線を発する元素を「ホットアトム」と言います.もう少し専門的に言うと、放射線を出した元素は、その直後は特別な状態にあります […]

続きを読む | Continue reading about 【武田邦彦、中部大学】放射性物質による汚染地域-3つのホットスポット。被曝の下げ方

『生命系の危機』 綿貫礼子著 1988. 社会思想社  文庫版のためのはしがき より以下、引用します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ■全原発廃炉しなければ、私たちは子供を産まない!フィンラ […]

続きを読む | Continue reading about 【脱原発】「全原発廃炉しなければ、私たちは子供を産まない!」-フィンランドの女性4000人自国政府に抗議(1986年7月11日外電)

【松本英治氏から送られてきたメール通信の全文を、以下に転載いたします】 松本さんは2つのニュースを紹介されています。 1、311に起きた福島第一原発での津波による外部電源喪失→千度以上になって核燃料・放射性物質が周辺環境 […]

続きを読む | Continue reading about 311原発事故翌日の「3月12日朝に検出していた『核燃料1000℃超え高温』示す核・放射性物質(テルル132)の放出事実」-経済産業省原子力安全・保安院が6月3日になってから発表←遅すぎる、犯罪的隠蔽だ!

放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)報告 福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価 ――住民避難対策のインパクト―― ☞ http://www.greenaction-japan […]

続きを読む | Continue reading about IRSN報告:福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価(要約)

内部被ばく:県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 毎日新聞 2011年5月21日 2時36分 【引用開始】 東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被ばくが見つ […]

続きを読む | Continue reading about 深刻化する原発作業員の健康管理問題-「内部被ばく:県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 」(毎日)

福島第1原発、事故直後の新事実が明らかに―WSJ分析 2011年 5月 18日  15:42 JST 【引用開始】 【福島】福島第1原子力発電所では、極めて重要な地震発生後24時間において、これまで考えられていたよりもは […]

続きを読む | Continue reading about 福島第1原発、事故直後の新事実が明らかに―WSJ分析より引用

今夜、日曜夜10時から放送のETV特集『放射能汚染地図』のご案内です。 22時から、NHK教育にて“ETV特集”『放射能汚染地図』が放送されます: 「ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月」。 放射線 […]

続きを読む | Continue reading about 【番組告知】ETV特集『放射能汚染地図』-NHK教育、今夜22時から放送

平成23 年5 月12 日 文部科学省「福島県内の学校・校庭等の利用判断における 暫定的な考え方」に対する日本医師会の見解 社団法人 日本医師会 ☞ http://dl.med.or.jp/dl-med/teireika […]

続きを読む | Continue reading about 【子供の被ばく】 医師会も動き出した!- 子どもと20mSv:国ができうる最速・最大の方法で子ども達の放射線被曝量の減少に努めることを強く求める日本医師会