被曝量

„Der Strahlenwert für Kinder ist zu hoch“
Thomas Jung vom Bundesamt für Strahlenschutz (BfS) beklagt im FR-Interview die Versäumnisse bei den Messungen in Fukushima:
トーマス・ユングはドイツ連邦放射線防護庁の放射線防護・健康局の局長。
「この値(20mSv/h)は子供達に対して高すぎる。(年あたり)1ミリシーベルトが現在国際的に 常識的な値。」

続きを読む | Continue reading about 2011/5/8 Thomas Jung (BfS) : 20mSv/h は原子力施設の従業員の年間許容最大被曝量

「被曝量が増えているのは、外すことができない経験豊富なベテラン」(事情通)とみられるから深刻。必要な人材が次々にいなくなれば、工程表は崩壊してしまう。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/22 日刊ゲンダイ: 作業員29人が21日までに、通常の被曝上限100mSvを超えた。

政府は現在、子どもの被曝量について「年間10ミリシーベルト以内に抑えるのが望ましい」と従来の目安地を引き上げた。それでも、1年後の予測だと、福島第一原発から50キロ以上も離れた伊達市や福島市もその数値を越えていたのだ。10ミリシーベルトを越える被曝量に晒される可能性のある福島県内の住民の数は、何と最大で55万人に達する可能性も。菅首相の“20年住めない”発言はこうした予測数値を念頭に置いた上での言葉だったのだ。

続きを読む | Continue reading about 2011/5月3日号 女性自身:政府・原子力安全委員会が作成していた「1年後の放射能汚染MAP」