突然死

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 放射能の内部被爆が原因の死亡も、生活習慣病由来のものに混ぜられてしまう。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【「新聞」でもごまかせない放射能の健康被害】 […]

続きを読む | Continue reading about ボーっとして交通事故、突然死、熱中症、食中毒【「新聞」でもごまかせない放射能の健康被害】 「交通事故が昨年の3倍」「脱法ハーブでの救急搬送が昨年の20倍」という報道。『ベラルーシで現実をみた医師の考察』 2012/6/4暗黒夜考より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆バンダジェフスキー博士院内記者会見の一部 地球座 2012年 3月 19日 http://chikyuza.net/n/archives/21025 ~~~~~~~~~ […]

続きを読む | Continue reading about セシウムで突然死の可能性【2012/3/19バンダジェフスキー博士院内記者会見の一部】田中泉さん・院内記者会見の一部を書き起こし3/19地球座より・・・心筋細胞に蓄積し代謝機能が失われる。心拍が乱れる。心停止する。突然死の濃度は決まっていない。僅か20-30Bq/kgでも心拍異常。突然死の原因になりうる。子どもも大人も全員の線量調査を。情報をこのまま隠しつければ日本人という国民はわずかになる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 1996年、私達の研究は日本の科学者達の間にとても大きな波紋を投げかけ、彼らはくまなく録画して行きました。日本の主要な科学系テレビ局の一つでした。チェルノブイリについての番組 […]

続きを読む | Continue reading about 【セシウムと心臓疾患の相関関係】2000/4/5『ユーリー&ガリーナ・バンダジェフスキーへのインタビュー 1』不整脈は、セシウムの蓄積が高い子供に現われ、体内のセシウム量が増加すると、健康な子供の割合は係数に従って減少していく。脳やその他の器官もおいて、新陳代謝システムや酵素の活動に同様の現象が観察される。2/2さてはてメモ帳 Imagine & Think! より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響(2) ― チェルノブイリ原発事故被曝の病理データ/ユーリ.I.バンダジェフスキー/合同出版/2011年 言葉の体験記 2012/1 […]

続きを読む | Continue reading about チェルノブイリ原発事故被曝【突然死したゴメリ州の患者の99%に心筋異常】心臓中の137Cs濃度は136.8±33Bq/㎏・・・チェルノブイリ原発事故被曝の病理データ/ユーリ.I.バンダジェフスキー/合同出版/2011年 1/19言葉の体験記より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 10月、一関市:中学生が、クモ膜下出血で死亡 9月、南会津町田島高校で体育中に生徒が死亡 ◆    突然死は年間10万件ぐらいらしいが小中高生は100件前後 【県では2 […]

続きを読む | Continue reading about 【中学生が、クモ膜下出血で死亡!】突然死-放射能の健康被害=心臓脳血管障害と糖尿病・腎臓破壊:0.3µSv/hを超えると心臓発作やクモ膜下出血等リスクが急に増えるonodekita 氏の10/28のtweets などより