発電・送電分離

今、日本では発電と送電をひとつの会社が持ってるので、地域で電源はあるけども、使うときにはどうしても東電管内では東電の都合のいいようにしか使わしてもらえない。
太陽エネルギー、自然エネルギーをやっても、ビジネスとして成功しない。
だから発電と送電を分離して、発電はいくつかに分けて競争させる。と・・・今、東電は競争がないからこんな会社になってしまった。
これまでこういった議論は必ず東電の政治力、資金力に抑え込まれてきた。
それをやろうとした官僚はみんな外に出されていきました。

続きを読む | Continue reading about 2011/5/4 古賀茂明氏(経産省) :電力改革(発電・送電分離)を語る

「自然エネルギー財団」設立の動機と将来の見込み、新エネルギー戦略を熱く語る。「私には覚悟がある」
「政治家になるつもりはない。あくまで、事業者の立場で、自信はないが、できるところから貢献してゆきたい」

続きを読む | Continue reading about 【動画】自由報道協会主催:孫 正義さん記者会見(4月22日)録画

http://www.taro.org/2011/04/post-979.php してはいけない国有化は、福島だけを切り離して国有化すること。これは東電救済以外の何ものでもない。これはだめだ。 東電を国有化し、送電部門を […]

続きを読む | Continue reading about 2011/4/14 河野太郎衆議院議員(自民):東電の国有化