異常出産

バスビー博士: (体内に入った)数ミリグラムのアルファー線を発する小さな粒子(放射能)の崩壊が何百ミリシーベルトもの放射線を生じ、ある線量はとても簡単に胎児を滅ぼしたり,ガンや白血病につながる可能性のある突然変異を引き起こす。

続きを読む | Continue reading about 再掲載【原発周辺で白血病が増加】放射性物質の内部被曝が、ガンや白血病・異常出産につながる可能性について2011/6/10