汚染

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ チェノブイル事故の時の10分の1~2程度と言われていたが、この図を見ると、むしろ福島の方が汚染度合いは高い。事故当初に米国が 80Km圏内を避難区域としたのも当たっていた […]

続きを読む | Continue reading about 国策として移住させるシステムを作らなければ!【3/12松本市長 菅谷昭インタビュー】移動費用として一家族あたりに4000万円を払ったとしても、災害復興費用の23兆円には到底届かない。チェノブイリより、むしろ福島の方が汚染度合いは高い。『政府、汚染の深刻さを未だ理解せず』

リンクが切られた中日新聞(元記事は共同通信)と、福島の深刻な土壌汚染の真実: Peace Philosophy Centre ホームページより ☞ http://peacephilosophy.blogspot.com/ […]

続きを読む | Continue reading about 【土壌セシウム汚染値マップ】-チェルノブイリでは強制避難レベルなのに、福島ではなぜそうならないの?

放射性物質による汚染地域:3つのホットスポット 中部大学、武田邦彦さんのホームページより引用: 放射線を発する元素を「ホットアトム」と言います.もう少し専門的に言うと、放射線を出した元素は、その直後は特別な状態にあります […]

続きを読む | Continue reading about 【武田邦彦、中部大学】放射性物質による汚染地域-3つのホットスポット。被曝の下げ方

『生命系の危機』 綿貫礼子著 1988. 社会思想社  文庫版のためのはしがき より以下、引用します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ■全原発廃炉しなければ、私たちは子供を産まない!フィンラ […]

続きを読む | Continue reading about 【脱原発】「全原発廃炉しなければ、私たちは子供を産まない!」-フィンランドの女性4000人自国政府に抗議(1986年7月11日外電)

【松本英治氏から送られてきたメール通信の全文を、以下に転載いたします】 松本さんは2つのニュースを紹介されています。 1、311に起きた福島第一原発での津波による外部電源喪失→千度以上になって核燃料・放射性物質が周辺環境 […]

続きを読む | Continue reading about 311原発事故翌日の「3月12日朝に検出していた『核燃料1000℃超え高温』示す核・放射性物質(テルル132)の放出事実」-経済産業省原子力安全・保安院が6月3日になってから発表←遅すぎる、犯罪的隠蔽だ!

ETV特集:続報、放射性解析  ☞ http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0605_02.html 【引用開始】  『ネットワークでつくる放射能汚染地図 ~福島原発事故から2か月~』 […]

続きを読む | Continue reading about 【ETV特集:解析結果】2011年6月5日(日)夜10時:続報、放射性解析-プルトニウムは検出されるのか?

放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)報告 福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価 ――住民避難対策のインパクト―― ☞ http://www.greenaction-japan […]

続きを読む | Continue reading about IRSN報告:福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価(要約)

内部被ばく:県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 毎日新聞 2011年5月21日 2時36分 【引用開始】 東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被ばくが見つ […]

続きを読む | Continue reading about 深刻化する原発作業員の健康管理問題-「内部被ばく:県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 」(毎日)