放射線量

 神戸大学大学院・海事科学研究科・教授、山内知也(研究分野キーワード:イオントラック・放射線物理・ 放射線計測)が文部科学省及び原子力安全委員会に対して、『文科省が通達を出して福島県の小学生・中学生の被曝限度を20mSvにした』問題に関し、申し入れ書を2011年4月21日という、問題が起こった段階で出している。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/21 山内知也(神戸大): 児童・生徒の被ばく限度についての申入書 子供の被ばく限度は1mSv/年を選択すべき

ネット上に流布する、原発問題ととりくんできた(京大を中心とする)研究者達の政府への(緊急対策)提言書:【以下まとめ】
(1) 30㎞圏外飯舘村や川俣町、いわき市など、大気中の放射線量、内部被曝量は恐るべき高水準。
   幼児・妊婦の疎開と経済的支援を用意すべき。
(2) 子供の生活空間・敷地は、早急なる除染の作業めることが必要。
法令によって放射線管理区域は「3ヶ月につき1.3mSvを超えるおそれのある区域」=時間当たりにすると0.6µSv/h
浪江町(赤宇木)25.3µSv/h(4/16日)=規制値の40倍超。
遠く福島(1.87µSv/h)、郡山(1.82µSv/h)でも約3倍。
妊婦や幼児がその地域に生活し続ける事実を、深く憂慮する。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/18 原発事故と今後を憂うるサイエンティスト有志: 提言書【幼児・妊婦の疎開と経済的支援など】

@gpjSato 佐藤潤一  以下に、佐藤氏のツイートとブログを紹介します。 【拡散】 グリーンピースに沿岸域での海洋調査を政府が認めなかった理由は海底土の汚染を隠すため? ブログで詳しく説明しています。  「海底の土か […]

続きを読む | Continue reading about Tepco福島第一原発付近の「海底の土から、通常の100~1000倍の濃度の放射性物質を検出」

@tadagenpapa 山内圭介 福島県福島市で中学校の教師をしています。 福島市は放射線が強く学校では窓を開けるとその数値が10倍近くに跳ね上がります。 夏に窓を開けないと教室は40度を超えるため小さな子どもが通う学 […]

続きを読む | Continue reading about 菅政権よ、福島市の中学校教師の訴えに耳を傾け、至急対処せよ!

森住卓のフォトブログ「福島第一原発 飯舘村から」  紹介します。☞  http://bit.ly/lfz7DU 森住卓のフォトブログを、お気に入りに追加しましょう。 ☞ http://mphoto.sblo.jp/art […]

続きを読む | Continue reading about 【推薦】森住卓のフォトブログ「福島第一原発 飯舘村から」 

【動画インタビュー】クリス・バスビー教授は語る: 「3号機はプルトニウムを含むMOX燃料プールでの核爆発。60~70km圏内の放射線汚染は、チェルノブイリより深刻なはず。日本政府は隠蔽しているし、核燃料サイクル業界全体が […]

続きを読む | Continue reading about 【動画インタビュー】クリス・バスビー教授は爆発映像を分析して言った、「3号機はプルトニウムを含むMOX燃料プールでの核爆発。60~70km圏内の放射線汚染は深刻なはず。日本政府は隠蔽している」

@HoshikawaJun 星川 淳 根室沖200カイリ内のカラフトマスやシロザケから高い放射能が検出されたということは、食物連鎖上層の生きものに生物濃縮が進みつつある兆し。 ☞ http://bit.ly/lejUrK […]

続きを読む | Continue reading about 食物連鎖上層の生きものに生物濃縮が進みつつある

放射線量、埼玉で再び平常値超え 各地で上昇目立つ ☞ http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050101000514.html 【引用開始】 東北、関東各都県で4月30日午後5時から5 […]

続きを読む | Continue reading about 放射線量、埼玉で再び平常値超え 各地で上昇目立つ