対策

「熊取」とは、京都大学原子炉実験所の所在地。「6人組」は京都大学の原発研究者。
 いまも在籍しているのは今中哲治二氏と、小出裕章氏(61歳)。二人とも肩書は助教。’01年から’03年に相次いで定年退職したのは、海老澤徹氏(72歳、助教授)、小林圭二氏(71歳、講師)、川野真治氏(69歳、助教授)。1994年にがんで亡くなった瀬尾健氏(享年53、助手=現在の助教)。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/30 週刊現代+現代ビジネス:迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち-危険性を訴えたら、監視・尾行された

Sarah Yamasaki Journal | 2011/04/29

菅直人内閣の危機:  4/29 小佐古内閣官房参与が“抗議の辞任” 1)  [映像ニュース] 小佐古内閣官房参与が辞意表明 - TBS系(JNN)(4月29日) 2) <福島第1原発>内閣官房参与、抗議の辞任 ̵ […]

続きを読む | Continue reading about 4/29 小佐古内閣官房参与が“抗議の辞任”

吉田昌郎56歳。フクシマを仕切る最高責任者。第一原発のすべてを知る彼が判断を誤れば、再び爆発が起き、日本中に放射能汚染が拡がる。過労でキレかける現場を守り、本店と闘う。重すぎる責任、そして使命感。あまりのストレスにこの間、都内の病院に2度通った。ヨシダ、大丈夫か

続きを読む | Continue reading about 2011/4/25 週刊現代Online: 福島第一原子力発電所 所長 吉田昌郎、現場の「格闘」

①「原発震災管理官(仮称)」を任命し、指揮をとらせる②石棺で、崩壊熱を管理しながら閉じ込める③リアルタイムの放射能モニタリングを展開する④実測・予測データに­基づき避難地域を再設定する⑤日本原子力研究開発機構(年間予算2000億円)の改廃などで、恒久的な事故処理機関を設置する⑥東京電力の賠償責任と、原発埋蔵金である再­処理積立金(3兆円)などを活用した国の補償

続きを読む | Continue reading about 動画 2011/4/5 飯田哲也:「二度と悲劇を繰り返さないための6戦略」

http://www47.atwiki.jp/genpatu-uehara/ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E6%98%A5%E7%94%B7 上原 春男 […]

続きを読む | Continue reading about 上原春男 佐賀大学元学長 (福島第一原発3号機設計者) の福島第一原発の冷却案

 水棺では、圧力容器と格納容器をともに燃料棒の高さ付近まで水で満たし、高い熱を持つ燃料棒を冷やす。燃料棒が破損して放射性物質が漏れるのを抑える狙いもある。熱で蒸発する水は外部から注入。燃料棒が冷めて取り出せるようになるま […]

続きを読む | Continue reading about 2011/4/8 東京新聞:福島第一原発 「水棺」冷却を検討

東電による警告ネグレクトの事実発覚! ー 改善も対策も講じられないまま、そして「311原発震災」は引き起こされた! 去年10月に原子力安全基盤機構が東電へ警告! 「万一、電源が喪失すれば、容器破損の可能性あり」と、昨年2 […]

続きを読む | Continue reading about 「電源喪失すれば容器破損の可能性」ー東電はこの報告書を検討せず放置(読売)

放射性ヨウ素=基準300:原水350~600Bq/kg、ろ過水 検出せず、放射性セシウム=基準200:原水10~32Bq/kg、ろ過水 検出せず。

続きを読む | Continue reading about 汚染された水道水から放射性物質の除去に成功 寺岡精工