対策

放射性物質による汚染地域:3つのホットスポット 中部大学、武田邦彦さんのホームページより引用: 放射線を発する元素を「ホットアトム」と言います.もう少し専門的に言うと、放射線を出した元素は、その直後は特別な状態にあります […]

続きを読む | Continue reading about 【武田邦彦、中部大学】放射性物質による汚染地域-3つのホットスポット。被曝の下げ方

『生命系の危機』 綿貫礼子著 1988. 社会思想社  文庫版のためのはしがき より以下、引用します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ■全原発廃炉しなければ、私たちは子供を産まない!フィンラ […]

続きを読む | Continue reading about 【脱原発】「全原発廃炉しなければ、私たちは子供を産まない!」-フィンランドの女性4000人自国政府に抗議(1986年7月11日外電)

放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)報告 福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価 ――住民避難対策のインパクト―― ☞ http://www.greenaction-japan […]

続きを読む | Continue reading about IRSN報告:福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価(要約)

平成23 年5 月12 日 文部科学省「福島県内の学校・校庭等の利用判断における 暫定的な考え方」に対する日本医師会の見解 社団法人 日本医師会 ☞ http://dl.med.or.jp/dl-med/teireika […]

続きを読む | Continue reading about 【子供の被ばく】 医師会も動き出した!- 子どもと20mSv:国ができうる最速・最大の方法で子ども達の放射線被曝量の減少に努めることを強く求める日本医師会 

ネット上に流布する、原発問題ととりくんできた(京大を中心とする)研究者達の政府への(緊急対策)提言書:【以下まとめ】
(1) 30㎞圏外飯舘村や川俣町、いわき市など、大気中の放射線量、内部被曝量は恐るべき高水準。
   幼児・妊婦の疎開と経済的支援を用意すべき。
(2) 子供の生活空間・敷地は、早急なる除染の作業めることが必要。
法令によって放射線管理区域は「3ヶ月につき1.3mSvを超えるおそれのある区域」=時間当たりにすると0.6µSv/h
浪江町(赤宇木)25.3µSv/h(4/16日)=規制値の40倍超。
遠く福島(1.87µSv/h)、郡山(1.82µSv/h)でも約3倍。
妊婦や幼児がその地域に生活し続ける事実を、深く憂慮する。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/18 原発事故と今後を憂うるサイエンティスト有志: 提言書【幼児・妊婦の疎開と経済的支援など】

VOICE 獣医師が見た半径20k圏内は今 ☞ http://www.youtube.com/watch?v=HU-bW-j9vHY&feature=player_embedded 【引用】 YouTubeにUP […]

続きを読む | Continue reading about YouTube: 『MBS VOICE 獣医師が見た半径20k圏内は今(毎日放送)』

【動画インタビュー】クリス・バスビー教授は語る: 「3号機はプルトニウムを含むMOX燃料プールでの核爆発。60~70km圏内の放射線汚染は、チェルノブイリより深刻なはず。日本政府は隠蔽しているし、核燃料サイクル業界全体が […]

続きを読む | Continue reading about 【動画インタビュー】クリス・バスビー教授は爆発映像を分析して言った、「3号機はプルトニウムを含むMOX燃料プールでの核爆発。60~70km圏内の放射線汚染は深刻なはず。日本政府は隠蔽している」

【地震】菅総理、参院予算委(国会中継)で「内閣の責任でお盆までに仮設住宅建設する」と言明 ANN news 動画 (05/01 11:52) ☞ http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/we […]

続きを読む | Continue reading about 【地震】:「内閣の責任で、お盆までに仮設住宅建設」と菅総理、本日の国会で言明