~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  学問というのは、いろいろなところに矛盾が隠されているものです。だから普通の人が勉強して矛盾に突き当たると、わからなくなる。それは当然なのです。  ところが、一部の人たち […]

続きを読む | Continue reading about 平気で人を騙す「東大の先生たち、この気持ち悪い感じ」【東大話法】安冨歩東大教授:危険な話術の正体とは・・・常に傍観者の立場。「君のため」「国民のため」は、ほぼ確実に攻撃的な意図がある。原発の再稼働だとか、ヨルダンに輸出だとかいったおかしなことが、もっともらしく唱えられている。・・・『原発危機と「東大話法」』(明石書店) 週刊現代4月7日号