原発推進

■小出裕章氏 講演 直前 満席で会場に入れなかった聴衆に語りかける http://www.youtube.com/watch?v=HOf-h_dvNcE 2011.4.29 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演(全) 【1 […]

続きを読む | Continue reading about 2011/4/29 「終焉に向かう原子力 」第11回 小出裕章氏+広瀬隆氏 講演

@4219take  yonaoshibito さんのHP 一市民が斬る http://civilopinions.main.jp/ より
菅首相の評判は最悪だ。それでも、首相の座に拘る菅氏は起死回生の手を狙っていた。
そこで、経産省が主体になり、今回の中部電と菅首相のパフォーマンスを演出したと思う。

続きを読む | Continue reading about 2011/5/9 ブログ 一市民が斬る: “浜岡原発一時停止へ”は菅首相と経産省・電力会社・御用学者・大メディアの”脱原発”の拒否

国内限定通貨を議会主導の銀行設置のうえ発行。円との二重通貨体制、道州制を導入して州内通貨の発行権を州議会が保持するのが良い、復興財源は「日銀の無利子国債の引受け」

続きを読む | Continue reading about 2011/4/16 Akihiro Kumada氏のtweetより: 通貨発行権と復興財源

経産省、原発重視の方針堅持へ 安全宣言で電力確保目指す -  内部文書、明らかに 2011年5月6日 22時06分、東京新聞より引用 ☞ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/20110 […]

続きを読む | Continue reading about 【スクープ!】経産省、原発重視の方針堅持へ – 安全宣言で電力確保目指す

「熊取」とは、京都大学原子炉実験所の所在地。「6人組」は京都大学の原発研究者。
 いまも在籍しているのは今中哲治二氏と、小出裕章氏(61歳)。二人とも肩書は助教。’01年から’03年に相次いで定年退職したのは、海老澤徹氏(72歳、助教授)、小林圭二氏(71歳、講師)、川野真治氏(69歳、助教授)。1994年にがんで亡くなった瀬尾健氏(享年53、助手=現在の助教)。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/30 週刊現代+現代ビジネス:迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち-危険性を訴えたら、監視・尾行された

Al Gore’s award-winning climate change documentary was littered with nine inconvenient untruths, a judge ruled yesterday.
伊藤・渡辺 『地球温暖化論のウソとワナ』(KKベストセラーズ、2008年)に収録、改めて紹介。
 『不都合な真実』の内容の誤りは、専門家ならすぐに分かるようなことも多く、「困ったものだ」と思いながらも、気候の分野の宣伝になると見なしていた人達もいた。しかし、その記述の誤りが広く知られることになったのは、次の記事のおかげだ。

続きを読む | Continue reading about Al Gore’s inconvenient judgment 【アル・ゴアの不都合な判決(9つの誤り)】2007/10/11 The Times 英・高等法院のバートン判事が指摘した「9つの誤り」

原子力:福島原発事故当時どれ位危険だったか。3月16日菅首相「最悪の事態、東日本が潰れることも想定せねばならない」と発言とされたこと何処まで深刻だったか。新聞社デスククラスと会話、彼は「東京も危なくなるという危機感官邸に […]

続きを読む | Continue reading about 2011/4/28 孫崎享氏 Tweetより:原子力の歴史:日本は危険な原子力に何故手を染めたか。

水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定している。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/16 J-CASTニュース:原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」