ワクチン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【息子の自閉症が完治した】カリン・セルーシー著。2000年2月出版。 書籍『自閉症および広汎性発達障害のミステリーを解く』-調査そして答えを発見した母親の物語(柿谷正期・ […]

続きを読む | Continue reading about 【息子の自閉症が完治した】2000/2カリン・セルーシー「牛乳、チーズ、パスタ、シリアルしか食べない子供」が自閉症に。乳製品をすべて取り除き、グルテン(小麦)なしの食事にすることで完治した。自閉症のきっかけはワクチン。予防注射を受けるべきではない。 柿谷カウンセリングセンター

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 9/29,30 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)学術大会 ◆「ホメオパシーはメタサイエンス」 に出席してきました。 「メタサイエンス」の先生がたの学術発表は、 ユニ […]

続きを読む | Continue reading about 何かが間違っている【子どもたちのSOS=発達障害】その原因?予防接種ワクチンに含まれる水銀やアルミニウム塩、ホルムアルデヒド、抗生物質や病原体など。多動症や自閉症を改善する「ホメオパシーのアプローチ」自己治癒力を最大限に引き出す。実際に治療した症例を紹介。2012/9/29,30日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)学術大会ご報告、他。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【代表Column】memo 2012/9/4 ヨーロッパで、新型インフルエンザワクチン接種後、突然眠りに落ちる病気ナルコレプシー患者が発生。多発する居眠り事故との関連を […]

続きを読む | Continue reading about 製薬・厚労省利権【次々に導入されるワクチン接種】インフルエンザワクチンはまったく効かない。ワクチンや解熱剤の過度な処方こそ副作用や脳症の原因。抗炎症剤系の解熱剤を使うと脳症になる危険が3-50倍も高まる。浜六郎氏9/3 @shinejay さん・ワクチン接種で突然眠りに落ちる病気ナルコレプシー患者が発生。多発する居眠り事故との関連を疑う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 子どもが思春期に達する前に、その血液中に天然痘、狂犬病、破傷風、脳脊髄膜炎、腸チフス、ジフテリア、肺炎、狸紅熱などのワクチンや血清や抗毒素が接種される。大人の血液は何ダー […]

続きを読む | Continue reading about 【予防接種は本当に命を守るものなのか?】病毒と毒性の防腐剤と殺菌剤を集めて人体内に入れ、病気に対する免疫を作り出そうと努力するか、体内の病的な物質や毒物を浄化し、正しい 精神的心構えを養うことで自然な免疫を創造するか?どちらが健康づくりに好ましいのか?ヘンリー・リンダール医博、1924年

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 梶川ゆきこ ‏@yukiko_kajikawa さん 7/5 の tweet より 「兵器としての食品」:ヘンリー・キッシンジャー狂授が発明した概念とか!? http:/ […]

続きを読む | Continue reading about 兵器としての食品【コカコーラに発ガン性物質】日本のコカコーラは72μg/355mlで、カリフォルニア州のコカコーラが4μg/355mlに対し約18倍も多い。6/26米・公益科学センター

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆新型インフル特措法案 衆院可決 NHK NEWS WEB 3月30日 14時35分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120330/k […]

続きを読む | Continue reading about 3/30インフル特措法案 衆院可決!【進行中の緊急事態法制=戦時法制】外出自粛要請や集会禁止を法律で強制するなど、インフルエンザ対策としては全く無意味 1/11 Afternoon Cafe 2009新型インフルエンザ-騒動・・・感染防止という無意味な「水際対策」「隔離政策」 3/13小沢氏「非常事態法を」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆恐怖の1918年スペインかぜ重症化の主因は医原性 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 死亡が急増し、第二波の流行とされた1918年9月後半~10月後半は、 […]

続きを読む | Continue reading about 混乱を再び引き起こす【インフル特措法の愚】1918年スペインかぜの恐怖は、アスピリン過剰投与(8~30g)が主因。「正しい治療と薬の情報」2012年3月号・・・ 誤った認識に基づく無闇なワクチン接種が最も危険。3/28 武山祐三の日記