チェルノブイリ Video

日本政府が恐れているのはパニック。住民の被爆を恐れているのではなく、パニックを恐れている。唯一の方策は情報をきっちり公表することだと思うが、政府はそうではない。「由らしむべし、知らしむべからず」という方針で、知らせないまま政府の言う事を聞かせるという国だった。今も情報をなるだけ出さないで、「安心だ、安心だ」と政府が言うことを納得させるということで来ている。

続きを読む | Continue reading about 2011/4/1 小出裕章助教(京大) :岩上インタビュー

お詫び:2011/4/12 ニューヨーク・タイムズ の元記事に、チェルノブイリ「年間5ミリシーベルト」の記載はありませんでした。大沼氏ブログのリンクでタイムズ にリンクがつながる事を確認しだけでした。ブログへの直接のリンクと変更させていただきます。 かわりと言ってはなんですが、下記紹介します。(申し訳ありませんが、URLをコピペしてください)
2011/3/28 京都新聞より http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110328000068
土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算
 今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

続きを読む | Continue reading about ニューヨーク・タイムズ 2011/4/11:日本政府設定の要避難基準、「チェルノブイリ」移住基準のなんと4倍 

飛鳥野妹子さん:チェルノブイリの時と比べて、今回、厚生労働省が「放射能汚染された食品の取り扱いについて」で定めた暫定基準値そのものが、かなり甘い基準で定められている事がわかります。たとえば、飲料水については、チェルノブイリが10ベクレル/kgに対して、日本の暫定基準値は300ベクレル/kgです。・・・「ただちに健康に影響が出るものではない」と言う人たちに、愛国心などあるのでしょうか。暫定値とはいえ、日本の基準を簡単に破ろうとする人たちは本当は何者なのでしょうか・・・

続きを読む | Continue reading about チェルノブイリと福島原発事故の食品放射能の量、基準値の比較

kawasaki | 2011/04/10

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/Henc.html  事故で放出されたヨウ素131(半減期8日)などの放射性ヨウ素による被曝影響として、チェルノブイリ周辺地域では、 […]

続きを読む | Continue reading about 今中哲二:チェルノブイリ原発事故

原子力発電は国策。各電力会社が持つように、指導されている。 六ヶ所村:再処理=燃料棒切断、プルトニウム取出し工程。 核兵器をもつ国以外は、閉じ込めてあるものをわざわざ切断しない。 国際的常識(日本以外)は、プルトニウム取 […]

続きを読む | Continue reading about 2009年4月、内藤新吾氏:世界で一番危ない!浜岡原発の危険を語る。1/5~5/5

小出裕章さん【原子力の専門家が原発に反対するわけ】 2011年3月20日に行われた小出裕章さん(京都大学原子炉実験所 助教)の講演です。小出さんは原子力の研究者という立場から、原子力の危険について、40年以上に渡り警鐘を […]

続きを読む | Continue reading about 2011年3月20日講演:小出裕章さん『隠される原子力』

http://www.youtube.com/watch?v=rCX1A3yJLqI&feature=related http://www.youtube.com/watch?v=gFOxGGdzfn8 […]

続きを読む | Continue reading about チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染 1/4~4/4

チェルノブイリ原発 隠されていた事実 1) 2) 3) 日本は火山列島であり、活断層が存在しない地帯は全くありません­。しかも、六ヶ所再処理工場が運転不能状態にあり、この状態を打­開する見込みが全くないことから、全国の原 […]

続きを読む | Continue reading about チェルノブイリ原発事故の直接原因は地震?