イギリス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆アメリカ政府は、ずっと国民をだまし続けている。 オリバー・ストーン ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「アメリカは戦争に勝つために原爆を落とさなければな […]

続きを読む | Continue reading about ◆オリバー・ストーン監督&ピーター・カズニック教授・訪日ルポ連載④◆日本人に全然戦争の歴史の知識がないことに愕然。2013/8/12【動画:オリバー・ストーン、ピーター・カズニック、記者会見@FCCJ】「アメリカが原爆で世界大戦を終らせた」という「神話」はウソ。米政府はずっと国民をだまし続けている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ NHKスペシャル【“核のゴミ”はどこへ~検証・使用済み核燃料】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 根本デスク 「原発を動かすことは、新たな使用済み核燃料を […]

続きを読む | Continue reading about 目を背けることは許されない!→動画【“核のゴミ”はどこへ~検証・使用済み核燃料】最終処分場の場所を探す「NUMO」、国と電力会社が2000年設立。処分場の候補地に市町村が名乗りを上げるのを待つ公募制。各段階で交付金。文献調査で20億円、地上からの調査で70億円。しかし今名乗りを上げる自治体はない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 理想に燃える下級武士が単独で近代革命を成し遂げたとする司馬遼太郎によるいわゆる司馬史観を否定。 副島隆彦氏 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 司馬遼太郎の […]

続きを読む | Continue reading about ライシャワーの洗脳工作【歪曲された明治維新】明治維新は、イギリスが当時覇権を争っていたロシア帝国の勢力拡大を防ぐため、岩倉具視、坂本龍馬らのスパイを育成・使役することによって親イギリス政府を作るという世界戦略の一環であった。副島隆彦氏。8/21日本を守るのに右も左もない http://p.tl/q_cq

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 仏サルコジ首相へ(2/17署名の共同声明より) 悪逆無道なことを命令し犯した者たちはそれに対する説明責任がある。 これらの行動に対する説明をする日が来るだろう。 ~~~~ […]

続きを読む | Continue reading about 「アラブの春」の偽り11【自由シリア軍の捕虜・実はフランス人だった】仏が仕掛けていた秘密裏の戦争 France’s secret war against the Syrian people.2/22,27 Voltaire Network、フランスとその同盟諸国は3000人のシリア兵士と1500人の一般市民の死にたいする責任がある。3/2 ROCKWAY EXPRESS

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 輸出で黒字を蓄積したはずの植民地時代のインド。 通貨ルピーが、インド国内の投資に使われずに、ポンド資産を取得することによりイギリスに流出。 ――――――――――――――――――― […]

続きを読む | Continue reading about 【「黒字亡国」日本】「植民地時代のインドは英国との貿易で常に黒字だった」 植民地インドと同じく、植民地日本はドルに支配されてやはり黒字に見合った富を宗主国アメリカに吸い上げられている。黒字亡国 対米黒字が日本経済を殺す三國陽夫 文春新書2005/10150 目黒川の畔にて 200612/20

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◆カダフィーが潰されている真の理由。 常常日記 2011-05-07 13:00:16 テーマ:DISCLOSURE http://ameblo.jp/yagyuhyog […]

続きを読む | Continue reading about 【つぶされたアフリカ金貨5/7】英文動画Gaddafi gold-for-oil, dollar-doom plans behind Libya ‘mission’?+【リビアの富を奪うために欧米諸国が仕掛けたカダフィ打倒】佐々木良昭DIAMOND online 8/26 より

9/26追記 【代表Column】 「アメリカの独立戦争へいたるボストン茶会は、東インド会社の謀略によるもので、アメリカ国旗は「東インド会社」の旗から英国の国旗の部分を星に入れ替えてできたとバックミンスター・フラーは言っ […]

続きを読む | Continue reading about 【再掲載】9/26追記『アメリカ合衆国は東インド会社-北米支店』1776年-独立宣言の前後1年強アメリカの旗は東インド会社の旗だった!2011/6/2 CNN.co.jp:キッドを支援していたのは、実は東インド会社のライバル(貴族、海軍、政府機関)だった。