https://this.kiji.is/277118019255944693

映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』は11月4日より角川シネマ有楽町ほか全国公開
(ベネチア国際映画祭は、現地時間9月9日まで開催)

【転載開始】

現地時間3日、第74回ベネチア国際映画祭にて坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の公式記者会見が行われ、坂本と監督のスティーブン・ノムラ・シブルが出席。2012年から製作が開始された本作とあって、2011年に起きたばかりであった東日本大震災が切っても切り離せないテーマの一つになっており、坂本はその体験を振り返るとともに、今なお続いている原発問題を危惧する一幕もあった。

 日本人の母親とアメリカ人の父親を持つシブル監督が、2012年から5年間にわたって密着取材をして完成させた本作。音楽家としての姿だけでなく、被災地を訪れる坂本の姿なども収められている。「地震、津波、そして原発は私にとても大きなインパクトを与えました」と切り出す坂本は、「それ以前から環境問題を心配してはいたんです。1992年頃から、CO2の排出量を減らそうとしたり、自分でできることは取り組んでいましたので、自然について考える時間はたくさんありました。アーティストにとって自然は偉大なるインスピレーション源なんです。でも地震や津波が起きて、気づいたのです。十分なほど、自然に耳を傾けていなかったのだと。それから、自然に耳を傾けることを思い出したのです。それは大きな影響でした。今年発売したアルバムも、自然を通して作りました。この映画にも通じる要素があると思います」とアーティストとしての気づきを振り返る。

 続けざま、「2番目の問題は、福島での悲劇です。今でも福島の原発問題は続いています。これは全く別の問題です。私が恐れているのは、日本の人々が現実に目を向けようとせず、メディアは報じず、政府は隠そうとするということです。それこそが本当の問題だと思っていて、この問題はまるで津波の力のようにとてつもなく大きなものですから、無意識に人々は現実から目を背けることを選んだのだと思います」と日本における原発問題の現状を懸念した。

(中略)

【転載終了】

全文は→ https://this.kiji.is/277118019255944693

土山秀夫さん死去

長崎新聞:

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/09/03091538052333.shtml

【転載開始】

被爆地長崎の核兵器廃絶運動の理論的支柱で元長崎大学長の土山秀夫氏が2日午前5時16分、多臓器不全のため長崎市坂本1丁目の長崎大学病院で死去した。92歳。長崎市出身。自宅は長崎市三川町1221の52。近親者のみで密葬を行う。後日、お別れの会を執り行う予定。

先月30日には日本の被爆者運動をけん引した長崎原爆被災者協議会会長の谷口稜曄(すみてる)さん(享年88)が亡くなっており、被爆地長崎は立て続けに核廃絶・平和運動のリーダーを失うことになった。

1945年8月9日早朝、長崎医科大(現長崎大医学部)付属医学専門部(医専)の学生だった土山氏は、佐賀県に疎開していた母が危篤との報を受け、列車で長崎を離れた。このため原爆の直爆を免れたが、翌10日、長崎に戻り入市被爆した。当時20歳。大学救護班の下で負傷者の救護・支援活動に従事し、数日後、山里町(現平野町)の自宅付近で同居していた長兄の遺体を確認。長兄の妻とその子2人のうちの1人とみられる遺体もあったが、もう1人の子は見つからなかった。

(中略)

90年から2015年まで26年にわたり、長崎市長が8月9日の長崎原爆の日に読み上げる長崎平和宣言の起草委員を務めるなど、市の平和・核廃絶の施策にも深く関わった。2000年には、非政府組織(NGO)核兵器廃絶地球市民長崎集会実行委員会の初代委員長として国際会議「核兵器廃絶-地球市民集会ナガサキ」を開催。10年まで委員長として同会議を計4回主催し、北東アジア非核兵器地帯構想の実現や米国の「核の傘」からの脱却などを提言した。

長崎大が12年4月に開設した核兵器廃絶研究センター(RECNA)の顧問も務め、被爆地からの情報発信や人材育成に貢献。過去の悲惨な被爆体験を土台にした「情」と、学者としての「理」を備えた「平和活動家」として、草の根レベルの核廃絶運動を追求した。

2000年、勲二等旭日重光章を受章。10年には長崎市名誉市民に選定されたほか、世界平和アピール七人委員会委員や県九条の会共同代表も務めた。長崎原爆を題材にした山田洋次監督の映画「母と暮(くら)せば」(15年公開)の主人公のモデルの一人にもなった。

【転載終了】

全文を読む→ http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2017/09/03091538052333.shtml

NAGASAKI — Sumiteru Taniguchi, a survivor of the 1945 U.S. atomic bombing of Nagasaki and a senior member of the Japan Confederation of A- and H-Bomb Sufferers Organizations, died of cancer on Aug. 30. He was 88.
【日本語記事】

谷口稜曄(すみてる)さん死去 長崎被災協

会長として核廃絶に尽力

http://www.asahi.com/articles/ASK8H5RM1K8HTIPE019.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

The wake for Taniguchi will be held from 7 p.m. on Aug. 31 and funeral services from 1 p.m. on Sept. 1, both at Heiansha’s Nagasaki funeral hall in the city of Nagasaki.

Taniguchi was exposed to radiation while he was delivering mail items about 1.8 kilometers from the hypocenter in Nagasaki on Aug. 9, 1945 when he was 16. He suffered serious injuries, including severe burns to his entire back caused by heat rays from the atomic bomb.

Taniguchi spent three years and seven months in hospital from shortly after the bombing. During his hospitalization, he was forced to spend a year and nine months lying face-down on his bed because of his back injuries. Subsequently, he was repeatedly hospitalized to undergo treatment for his after-effects.

He subsequently launched an anti-nuclear campaign with other A-bomb survivors, or “hibakusha” in Japanese. Taniguchi participated in the activities of the Nagasaki Atomic Bomb Survivors Council since its founding in 1956, contributing to improvement in relief measures for hibakusha and calling for nuclear weapons abolition.

Taniguchi became chairman of the Nagasaki Atomic Bomb Survivors Council in May 2006, and was appointed as co-chair of the Japan Confederation of A- and H-Bomb Sufferers Organizations in June 2010.

Since 2008, Taniguchi had also served as a member of the committee to draft the Peace Declaration read out by the Nagasaki mayor at the annual ceremony to mark the anniversary of the atomic bombing of the city on Aug. 9. On behalf of hibakusha, Taniguchi read aloud the Commitment to Peace during the 1974 and 2015 ceremonies.

Taniguchi proactively talked about his bombing experience until his final years to pass down his memory as a hibakusha to younger generations, appealing for nuclear abolition and a war-free world.

He visited the United States in 2010 when the Review Conference of the Parties to the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons was held at the U.N. headquarters in New York. During an NGO session, he showed off a photo showing burns to his entire back and said to the attendees, “Don’t turn your eyes away from this photo and look straight at it.” During the gathering, he emphasized that “nuclear weapons and human beings can’t coexist.”

When the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons was adopted at the United Nations in July, he said in a video message that was recorded while he was in hospital, “I’m very glad. I’d like (the countries concerned) to make efforts to rid the world of nuclear arms as early as possible.”

He earnestly expressed hope for the elimination of nuclear weapons and for world peace during interviews with the Mainichi Shimbun for its “Hibakusha” series, which began in October 2006.

https://mainichi.jp/english/articles/20170830/p2a/00m/0na/005000c

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

‘The face’ of A-bomb survivors dedicated his life to pushing for a nuclear free world

(Mainichi Japan)

Japanese version

Sumiteru Taniguchi, a Nagasaki atomic-bombing survivor who passed away from cancer on Aug. 30, dedicated his life to advocating the abolition of nuclear weapons and peace on Earth. A man of action, he constantly asked himself the role he was to fulfill.

Taniguchi was generally a very calm person and spoke little. But when it came to the topic of peace, his words were many and infused with gravity. Progress toward a world without nuclear weapons had been slowgoing, and a couple of years ago, controversial legislation that would allow Japan to exercise the right to collective self-defense were railroaded through the Diet. He wondered how much the admonitions of A-bomb survivors like himself to rid the world of nuclear weapons and war were being heard. He held anger toward the atomic bomb and war, and fear that the experiences and memories of survivors were being forgotten.

At the base of what pushed Taniguchi to continue standing on the front lines of the anti-nuke movement even at the age of 88 was his conviction that the true horrors of atomic bombs could only be communicated by those who’d experienced them firsthand. As the number of survivors dwindled, and some suggested that children of survivors take on the task of passing down stories of the bombing, Taniguchi shot back, “It’s too early. We survivors are still alive.”

He also felt responsible as “the face” of A-bomb survivors. Footage and photos of a young Taniguchi, whose entire back had been burned by the bomb, had been seen around the world. In 2015, 70 years after the bombing, there was talk of Taniguchi being awarded the Nobel Peace Prize for his work talking about his experiences and calling for peace. As his friends passed away one after another, Taniguchi undoubtedly felt even more of a responsibility to remain committed to the cause.

For four years, beginning in the spring of 2013, I followed Taniguchi for my reporting for the “Hibakusha” series. He had been in and out of the hospital, but the sight of him struggling to squeeze out the words he had to say about nuclear weapons, even when he was ill, was impressive. “I pity most the people who died on Aug. 9. I have a duty to do their part, too,” he said. No one could suggest that Taniguchi retire from his activities.

When I spoke to him in January of this year, shortly before his 88th birthday, Taniguchi said, “My lifespan may have grown because I’ve endured a lot of pain and because I’ve worked hard in the anti-nuke movement.” He appeared happy, with a renewed enthusiasm toward speaking about his experiences. He had hoped that he would live long enough to see the moment nuclear weapons disappeared from this world. (By Eisuke Obata, Kagoshima Bureau)

(Quoted from Mainichi)

https://mainichi.jp/english/articles/20170830/p2a/00m/0na/010000c#cxrecs_s

~~~~~~~~~~~

【Related articles】

Hibakusha: Paving the way toward the abolishment of nuclear weapons
https://mainichi.jp/english/articles/20160511/p2a/00m/0na/010000c

(Mainichi Japan)

Hibakusha: A-bomb survivor concerned over changing America
https://mainichi.jp/english/articles/20170203/p2a/00m/0na/013000c

(Mainichi Japan)

Japanese version

A-bomb survivors weigh in on Trump’s nuke comments

https://mainichi.jp/english/articles/20161110/p2a/00m/0na/009000c

(Mainichi Japan)

 

Sarah Yamasaki 山崎淑子‏ @prisonopera 2017/05/19のツイートより

#共謀罪 5/19午後1:08自民公明維新により衆院法務委員会で強行採決。
一般人が処罰摘発対象になり、テロ対策でない共謀罪は廃案に!
「弁護士との共謀罪」で投獄されて冤罪被害→
体験ルポ「共謀罪の不条理」、言論活動続けたのに力及ばず無念です→ http://enzai.9-11.jp/?p=15939 

~~~~~~~~~~~~

「恣意的運用」国際視点から警告 国連報告者、首相に書簡 「共謀罪」採決強行

(東京新聞 2017/05/20記事参照)

https://archive.is/2ct4k#selection-399.0-399.37

【貼付転載開始】

プライバシーの権利に関する国連特別報告者ケナタッチ氏が、「共謀罪」法案に対し、プライバシーや表現の自由を制約する恐れがあると強い懸念を示す書簡を安倍晋三首相あてに送付した。法案の「計画」や「準備行為」の文言が抽象的で恣意(しい)的に適用されかねないなどと警告しており、国際的な視点から問題点を明示された形だ。

 書簡は十八日付で、法案で対象となる犯罪が幅広くテロリズムや組織犯罪と無関係のものを含んでいると指摘。どんな行為が処罰対象となるか不明確で、刑罰法規の明確性の原則に照らして問題があるとした。
 さらに書簡は、プライバシー保護の適切な仕組みが欠けているとして、懸念事項を列挙。「国家安全保障のために行われる監視活動を事前に許可するための独立機関の設置が想定されていない」と問題視した。
 政府は、犯罪の計画だけで強制捜査はできないが、令状がいらない任意捜査は必要性などがあれば認められる、としている。これに対し、書簡は「法案では令状主義の強化が予定されていない」と批判する。
 その半面、「警察がGPS(衛星利用測位システム)や電子機器を使った捜査で裁判所に令状請求する際、司法の監督の質が憂慮される」とも記述。政府側が歯止めとして強調する裁判所のチェック機能にも疑問を呈した。
 ケナタッチ氏は、情報技術(IT)に関する法律の専門家で、マルタ共和国出身。国連の人権理事会が二〇一五年七月、プライバシー権に関する特別報告者に任命した。 (辻渕智之)
(東京新聞)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【貼付転載開始】
「恣意的運用」国際視点から警告 国連報告者、首相に書簡 「共謀罪」採決強行 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017052002000123.html …
20日に掲載した #国連報告者 に対する首相書簡。21日の朝刊で書簡のほぼ全文の日本語訳を掲載しました。日曜日にじっくり読んでいただければ幸いです
【貼付転載終了】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Sarah Yamasaki 山崎淑子‏ @prisonopera 2017/05/20ツイートより

 #共謀罪 5/19衆院委可決「廃案まで抗議する」
東京新聞の5/20共謀罪関連記事→ 
共謀罪のあるアメリカは冤罪多発の警察国家。実話です→