~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高齢者の肺炎は「誤嚥」が主であり、ワクチンでは改善しない。

加齢による免疫機能低下、栄養状態悪化もワクチンでは改善しない。

肺炎の起因細菌は、肺炎球菌だけではなく、連鎖球菌、クレブシエラ菌、ブランハメラ菌、緑膿菌、腸球菌、などなどであり、肺炎球菌ワクチンは、10の原因の一つの対策にもならないくらい。

あえて言えば「効かないワクチン」の押し売り、在庫一掃セールです。

 

2011/11/9 さとう内科循環器科医院

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

海外からの救援金が高齢者の「肺炎球菌ワクチン」に化けた!

さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市

 (2011年11月 9日 09:07)

http://satouclk.jp/2011/11/post-35.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

先月、当診療所に、高齢者への「肺炎球菌ワクチン」接種事業について協力の可否を問う書類が来ていたのを知っておりました。

あまり考えずに、協力する旨の返事を出しました。

先週より、ちらほらと高齢者の方がワクチン接種に見えられるようになりました。

このワクチンは、以前から高齢者に接種しておりましたし、2、3年前から市の助成で希望者に接種しておりましたので、あまり考えずにおりました。

 

昨日、その財源を知ってショックを覚えました。

復興支援のために海外から日赤に寄せられた「海外救援金」が財源に当てられたのです。

岩手県の場合、14億円の事業費。

(宮城県の資料はまだみつけられません)

 

そのうちなくなると思いますのでコピーしておきます。

 

( 岩手日報のホームページより)

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20111108_4

ー 引用はじまりー
 日本赤十字社と県、県医師会は8日から、県内の70歳以上の高齢者を対象に、肺炎球菌ワクチンの無料予防接種を実施する。接種費は日赤が全額負 担。東日本大震災の被災者を中心に、免疫低下による呼吸器疾患の増加が懸念されており、来年3月末までの助成期間中に多くの接種を呼び掛けている。

 

 対象は県内に居住し、来年3月31日までに70歳以上になる高齢者。宮城、福島両県から避難し本県に居住している人も対象となる。

 

 現在、県内の70歳以上は約26万人で、希望する17万人を上限に助成する。1人8千円の接種費は日赤が全額負担し、事業費は14億円。復興支援のため海外から日赤に寄せられた「海外救援金」を財源とする。

 

 希望者は県医師会指定の医療機関や老人保健施設、県立病院など県内624施設で接種でき、期間は来年3月31日まで。民間施設は8日から、県立病院と県立地域診療センターは15日から実施する。

 

(2011/11/08) 
ー 引用終わり ー

 

このワクチン接種を行いますと、医療機関に1回あたり8千円が振り込まれます。
当院では4300円台でワクチンを購入しておりますから、その差額(3700円)が注射手技料となります。

製薬メーカーからの卸への仕切り価格は4千円くらいでしょう。
これがメーカーの売上になるわけです。

 

私の注射手技料の原資が「海外救援金」なのです。

本来なら、被災者のために使われるべき金が、医者と製薬メーカーに流れる。

これでいいのでしょうか。

(私は手数料の分を被災地に寄付します。)

 

高齢者用の「肺炎球菌ワクチン」は決して新しいものではありません。

10数年も前から使われておりました。

気管支肺炎を繰り返す患者さん、慢性気管支炎の増悪を繰り返す患者さん、気管支喘息の患者さんなどに肺炎予防の目的で注射しておりました。

私の20例ぐらい経験では、実感として、効果は「なし」です。

高齢者の入院を減らしたというような報告のあることは知っております

 

元気な高齢者がワクチンの接種を望んでいらっしゃいます。

こういう方には不要です。

 

高齢者が肺炎になるのは「誤嚥」が大きな原因であり、これはワクチンでは改善のしようがないのです。

さらには加齢による免疫機能の低下、栄養状態の悪化により肺炎にかかりやすくなります。
これらもワクチンでは改善のしようがありません。

また、高齢者の肺炎の起因細菌は、肺炎球菌だけではありません。
連鎖球菌、クレブシエラ菌、ブランハメラ菌、緑膿菌、腸球菌、などなど。

ですから、このワクチンは、たとえば高齢者の肺炎の原因が10あるとしたら、その一つの対策でしかないということです。
おそらくその一つにもならない。

 

あえて言いましょう。

「効かないワクチン」の押し売り、在庫一掃セールです。


国内で販売されている肺炎球菌肺炎予防ワクチンは、米国系の「MSD株式会社」のものだけです。
MSD株式会社の親本社は米国の「メルク」「子宮頸がん予防ワクチン 」”ガーダシル”を製造販売している製薬メーカーです。

高齢者に肺炎球菌による肺炎が広がるかどうかはまだ「危惧」の段階なのです。
震災、津波被害の後、インフルエンザの感染が広がると危機が煽られたけど、あまり広がらなかった。

(インフルエンザ、肺炎に対して何も対策を取らなくてよいというものではありません。
私らがとれる対策は、高カロリー、高タンパクのものを食べて安静にしていることだけ、ということです。
うがいの効果は否定されました。アルコールによる手の消毒はどれくらい効果があるのでしょうか。)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)