ロシアを先制核攻撃に追い込むノーベル平和賞オバマ

F・ウィリアム・イングドール

2011/12/1

翻訳:為清勝彦

2011/12/5

http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/bmd.html

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【抜粋 引用開始】掲載2011年12月5日

訳者メモ

攻撃的なアメリカに協力すると、ロシアの防衛的な先制核攻撃の標的になる可能性が高まっているという話である。主に欧州BMDのことであるが、日本の海上自衛隊も協力しているということで、他人事ではない。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ロシアを先制核攻撃に追い込むノーベル平和賞オバマ

WHY MOSCOW DOES NOT TRUST WASHINGTON ON MISSILE DEFENSE. TOWARDS A PRE-EMPTIVE NUCLEAR WAR?

F・ウィリアム・イングドール

By F. William Engdahl

(http://engdahl.oilgeopolitics.net/)

2011121

幸せなことに文明世界にいる者の大半は、いよいよ先制(攻撃型)核戦争の発生の可能性が高まっており、そこに向けて我々が不可避的に行進していることに気付いていない。といっても、これはイランとイスラエルの話ではない。遠回しにBMD(弾道ミサイル防衛網)と名付けたもので、モスクワを窮地に追い込む決定をしたワシントンとペンタゴンの話である。

11月23日、通常は控え目なドミトリー・メドベージェフ大統領であるが、ロシアは、米国の弾道ミサイル防衛シールドの建設の進捗に対抗するため、EU国境(ポーランドとリトアニア間)に(おそらくは南のグルジア付近とNATO加盟国のトルコにも)ミサイルを配備する準備ができていると、世界に向けて明確な言葉で語った。「ロシア連邦は、国の西と南に最新の兵器システムを配備する予定である。これは米国のミサイル防衛の欧州部分を破壊する目的で利用することが可能である」とロシアのテレビで発表した。

・・・略・・・

ロシアは、米国のBMD(地球規模の盾)には、核バランスの安定を崩す意図があり、新たな軍拡競争を誘発する危険性があることを、繰り返し警告してきた。メドヴェージェフによると、ワシントンは、ロシアの懸念を深刻に受け止めるどころか、BMD開発を「加速」させてきたという。[3]

ペンタゴンが対ロシア軍事包囲圧力を増していることに、メドヴェージェフが対抗手段を取ると脅したのは、これが初のことではない。それは米国のBMDの脅威が初めて世界に認知されることになった2008年11月にさかのぼるが、メドヴェージェフはロシア国民向けのテレビ演説でこう述べた。

近年、我々が直面せざるをえなかったことに関して追加したいと思う。それは何か。それは世界的なミサイル防衛システムの構築である。ロシアを包囲する軍事基地の設置である。とめどないNATOの拡張である。その他、これと同種のロシアに対する「プレゼント」である。こうしたことから、彼らは我々の強さを試したがっているだけだと信じるに足る十分な理由がある。[4]

この威嚇は、オバマ政権がポーランドとチェコ共和国にBMDを配備する決定を破棄するという和解策(今となっては詐欺だったことが明らかになっている)を提案してから数ヶ月後になされたものである。

・・・略・・・

◆完全支配(フル・スペクトラム・ドミナンス)

・・・略・・・

米国のミサイル防衛の起源

・・・略・・・

核優位 ~考えられないことを考える

1991年のソ連崩壊以来、ソ連時代の軍事力は大幅な縮小に耐え忍んできたが、ロシアはねばり強く戦略核抑止力の中核部分にしがみついてきた。それがロシアとの関係を考えるときに、ワシントンが躊躇するところである。

 

・・・略・・・

ペンタゴンが目指しているものは、ソ連が1950年代に大陸間弾道ミサイルを開発した時以来、ペンタゴンが夢見てきたものである。兵器の専門家は、それを「核優位」と呼ぶ。素人の言葉に翻訳すると「核優位」とは、均衡した核戦力を持つ2国のうち、どちらか一方が未熟なものであっても相手の核攻撃能力を大きく損なう弾道ミサイル迎撃システムを配備することができ、その状態で全面核攻撃を行なえば、核戦争に勝つことができる【?!という意味である。

「核優位」の軍事戦略的な暗黒面の意味としては、相殺できるだけの妥当なBMD対ミサイル防衛を持たない側にとっては、相手側がBMDミサイルやレーダー施設を新設するたびに自国の安全保障が崩れていくのを目の当たりにすることになり、機を逸する前に、先制して核攻撃(あるいは他の破滅的な攻撃方法)を仕掛けなければならないというプレッシャーが増大するということである。

単純に言えば、ワシントンが主張するようにBMDが「防御的」であるわけがない。BMDは攻撃的であり、極限まで不安定化をもたらす。さらに言えば、ペンタゴンにBMD設備を設置する許可を与えたことで、米国の強大な軍事力の安全保障の傘を買ったと勘違いしている幸せな諸国は、自国の領土を、一段と現実性を帯びてきた米露の核対決の戦場として差し出したことに気付くことになる。

ロバート・バウマン博士(米空軍退役中佐、スターウォーズ計画と嘲笑された1980年代のレーガン大統領のBMD政策を担当)は、現在、国防総省ミサイル防衛局という組織で進められているワシントンの弾道ミサイル「防衛」の本質をこう記している。

レーガン政権と父ブッシュ政権では、戦略防衛構想組織(SDIO)だった。クリントン政権では、弾道ミサイル防衛組織(BMDO)になった。今、子ブッシュは、ミサイル防衛局(MDAとし、以前ならば「黒色プログラム」だけの特権だった監査や監督を受けない自由を与えた。早めに議会が行動しなければ、この新たな独立組織は実質的に無制限の予算を手に入れ、国民と議会に監視されることなくそれを武器に費やすことになり、実際に宇宙に配備されるまで我々は何も知らなかったということになりかねない。そうなると、理論的には、宇宙の戦士たちは、地球上のいかなる標的であろうと警告なしに破壊することができるようになり、世界を支配することになる。こうした新しいスーパー兵器が、アメリカ国民に安全をもたらすだろうか? まず、そんなことはないだろう。[14]

冷戦の時代には、ワルシャワ条約機構とNATOの双方が相互に相手を全滅させることができる能力を持つことで、軍事戦略家がMAD(相互確証破壊。マッドは狂っているという意味も)と名付けた核の膠着状態がもたらされていた。これ自体が恐ろしい発想であるが、変な話、現在、米国がヨーロッパ、アジア、世界中に容赦なくBMDを推進することで確保しようとしている米国の一方的な核優位と比べると、まだ安定的だった。

MADは、どちら側にも決定的な優位がなく、互いに相手を全滅しうるという見込みに基づいていた。それにより核戦争は「考えられない」世界になっていた。だが、その後、米国は核戦争の可能性を「考えられる」状態にしようとしてきた

バウマン中佐は、著者の電話インタビューで、ミサイル防衛のことを「第一撃(先制攻撃)を完成させるミッシング・リンク(失われた環)」と表現した。[15]

実際には米国が絶対的な支配を握っていながらも、「ヨーロッパ」のBMD配備という見せかけでワシントンはNATOの背後に隠れている。最近、ロシアのNATO大使ドミトリー・ロゴジンは、米国のBMDのヨーロッパ部分を、「メイド・イン・USAのミサイル防衛の傘」を隠すためのイチジクの葉だと形容し、「ヨーロッパのNATO加盟国には、押すためのボタンもなければ、ボタンを押す指さえなくなる」と述べている。[16]

盾(シールド)はロシアに向けられたものではないという確証をロシアが米国に求め続けている理由はここにある。非常に心配なことに、現在までのところ、ワシントンは断固として拒絶している。世界平和の維持を託されているはずのワシントンの人々は気が狂ったのだろうか?

いずれにしても、ワシントンが厳粛なる国際的な武器協定を破棄し、不法に世界規模のミサイル防衛の設置を進めてきたことは事実である。モスクワや北京にとっては、それだけで十分に、米国の約束(条約さえも)はそれが書かれた紙の価値すらないと考える根拠になる。

(翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)

【引用終了】

 

 

WhyMoscowdoes not TrustWashingtonon Missile Defense. Towards a Pre-emptive Nuclear War?

by F. William Engdahl

Global Research, December 2, 2011

- 2011-12-01

http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=27987

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【quote】

・・・

What the Pentagon is going for is what it has dreamed of since the Soviets developed intercontinental ballistic missiles during the 1950’s. Weapons professionals term it Nuclear Primacy. Translated into layman’s language, Nuclear Primacy means that if one of two evenly-matched nuclear foes is able to deploy even a crude anti-ballistic missile defense system that can seriously damage the nuclear strike capacity of the other, while he launches a full-scale nuclear barrage against that foe, he has won the nuclear war.

 

The darker side of that military-strategic Nuclear Primacy coin is that the side without adequate offsetting BMD anti-missile defenses, as he watches his national security vanish with each new BMD missile and radar installation, is under growing pressure to launch a pre-emptive nuclear or other devastating strike before the window closes. That in simple words means that far from being “defensive” asWashington claims, BMD is offensive and destabilizing in the extreme. Moreover, those nations blissfully deluding themselves that by granting the Pentagon rights to install BMS infrastructure, that they are buying the security umbrella of the mighty United States Armed Forces, find that they have allowed their territory to become a potential nuclear field of battle in an ever more likely confrontation betweenWashington andMoscow.

 

Dr. Robert Bowman, a retired Lieutenant Colonel of the US Air Force and former head of President Reagan’s BMD effort of the 1980’s, then dubbed derisively “Star Wars,” noted the true nature ofWashington’s current ballistic missile “defense” under what is today called the Department of Defense Missile Defense Agency:

 

“Under Reagan and Bush I, it was the Strategic Defense Initiative Organization (SDIO). Under Clinton, it became the Ballistic Missile Defense Organization (BMDO). Now Bush II has made it the Missile Defense Agency (MDA) and given it the freedom from oversight and audit previously enjoyed only by the black programs. If Congress doesn’t act soon, this new independent agency may take their essentially unlimited budget and spend it outside of public and Congressional scrutiny on weapons that we won’t know anything about until they’re in space. In theory, then, the space warriors would rule the world, able to destroy any target on earth without warning. Will these new super weapons bring the American people security? Hardly.”14

 

During the Cold War, the ability of both sides—the Warsaw Pact and NATO—to mutually annihilate one another, had led to a nuclear stalemate dubbed by military strategists, MAD—Mutually Assured Destruction. It was scary but, in a bizarre sense, more stable than what Washington now pursues relentlessly with its Ballistic Missile Defense in Europe, Asia and globally in unilateral pursuit of US nuclear primacy. MAD was based on the prospect of mutual nuclear annihilation with no decisive advantage for either side; it led to a world in which nuclear war had been ‘unthinkable.’ Now, the US was pursuing the possibility of nuclear war as ‘thinkable.

 

Lt. Colonel Bowman, in a telephone interview with this author called missile defense, “the missing link to a First Strike.” 15

 

The fact is that Washingtonhides behind a NATO facade with its deployment of the European BMD, while keeping absolute US control over it.Russia’s NATO envoy Dmitry Rogozin recently called the European portion of the US BMD a fig leaf for “a missile defense umbrella that says ‘Made inUSA. European NATO members will have neither a button to push nor a finger to push it with.” 16

 

That’s clearly why Russiacontinues to insist on guarantees – from the United States- that the shield is not directed against Russia. Worryingly enough, to date Washington has categorically refused that. Could it be that the dear souls in Washington entrusted with maintaining world peace have gone bonkers?

 

In any case the fact that Washington continues to tear up solemn international arms treaties and illegally proceed to install its global missile shield is basis enough for those inMoscow,Beijing or elsewhere to regard US promises, even treaties as not worth the paper they were written on.

~~~~~~~~~~

F. William Engdahl may be contacted through his website at www.engdahl.oilgeopolitics.net. His newest book on oil geopolitics, titled Myths, Lies and Oil Wars is due out by spring of 2012.

【Ends quote】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 参考資料

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ノーベル平和賞受賞のオバマ大統領の対ポーランド・チェコ政策に異議を唱える公開書簡

グローバル・アメリカン政論

2009年10月10日

http://newglobal-america.tea-nifty.com/shahalexander/2009/10/post-269e.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【抜粋 引用開始】

 

ポーランドとチェコからミサイル防衛システムを撤退させるというバラク・オバマ大統領の決断は、東ヨーロッパ諸国民とワシントンの外交政策形成者達の間に懸念を呼び起こした。オバマ大統領はロシアにビジネスライクなアプローチをして自らの信ずる核のない世界の実現に向けて邁進しようとしているのかも知れない。しかし、私はこのことがアメリアと東ヨーロッパ諸国の関係にも、ウクライナとグルジアに代表される旧ソ連諸国との関係にも悪影響を及ぼすと信じている。

 

特にポーランドとチェコは旧共産圏へのアメリカの関与の成功を誇示する王冠の宝石である。両国は市場経済と自由民主主義への移行の成功例である。自由市場主義者の中には市場経済と民主主義は表裏一体だと無邪気に信じ込む者もいる。現実を見ると、これは真実ではない。当ブログで私はロシアと中国での権威主義的な資本主義について述べ続けている。それどころか、社会経済的な格差の拡大によって両国では反欧米のカルト・ナショナリズムが台頭している。

 

親欧米のウクライナでさえEUに加盟するための政治および経済体制の透明性を充分に高められないでいる

“Is Ukraine fit for the EU?: The Brussels-brokered loan offer may encourage Kiev to clean up its corrupt gas sector”; Wall Street Journal; August 24, 2009)。

 

これら資本主義と民主主義への移行に伴う問題に鑑みれば、ポーランドとチェコは西側の自由主義の成功と勝利を誇示する重要なショー・ケースである。そうだからこそ、私はアメリカとNATOの主要同盟国であるイギリス、フランス、ドイツが権威主義的な大国からポーランドとチェコを守る意志を誇示するべきだと強く主張する。歴史的に見て、ポーランドとチェコは西側民主主義の最前線である。第二次世界大戦の導火線となったのは、アドルフ・ヒトラーによる両国への侵略である。

 

これらの懸念から、

外交政策イニシアチブ(FPI)とヨーロッパ政策分析センター(CEPA)は共同の公開書簡をオバマ大統領に送り、東ヨーロッパと中央ヨーロッパへの関与を強めるとともにロシアの圧力に屈しないように要求を突きつけた。公開書簡の署名人にはFPIのロバート・ケーガン氏とウィリアム・クリストル氏の他にCEPAのA・ウェス・ミッチェル氏らを含めたアメリカを代表する外交政策の専門家達が名を連ねている。

 

実際に以前の記事でも述べたようにロシアのタカ派はオバマ氏がミサイル防衛撤退を表明してから勢いを強めている。またオバマ氏がウクライナとグルジアをめぐってロシアへの刺激を躊躇しているので、ロシア・トゥデーはアメリカが弱いかのように報道している。さらに元イラク戦士のピート・ヘグセス陸軍大尉は、そうした挑戦を世界の安全保障への脅威だと見なしている

 

公開書簡ではポーランドとチェコが世界各地での反米左翼の激しい批判を振り切ってイラクとアフガニスタンの戦争を支持していることが強調されている。また、ポーランドとチェコでのミサイル防衛施設の建設計画は、アメリカが引き続き新しいヨーロッパを支援してゆくという明快なメッセージになるとも主張されている。

 

プラハの市民はオバマ大統領の訪問に誠心誠意の歓迎の意を示した。大統領は安全保障の傘を引っ込めてチェコを裏切るのだろうか?イギリスのマーガレット・サッチャー卿の外交政策スタッフを歴任したナイル・ガーディナー氏の発言を私が引用したように、バラク・オバマ氏はアメリカの正義に自信が持てないのだろうか?二つの問いかけが正しいなら、大統領はとても世界平和の偶像にはなり得ない。ポーランドとチェコはアメリカの支援を渇望している。必要な時の友は真の友である。これをしっかり銘記してくださいオバマ大統領!重ね重ね、公開書簡への留意を訴えたい。ポーランドとチェコを犠牲にしたノーベル平和賞など間違っても認める気はない。

2009年10月10日 英米特別関係&大西洋同盟 

【引用終了】

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【オバマ大統領】オバマ米大統領「核なき世界」演説要旨(チェコ・プラハ)

共同通信

2009/04/05 22:42

http://www.47news.jp/47topics/e/104591.php

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 【プラハ5日共同】 

オバマ米大統領のプラハでの演説要旨は次の通り。

 

 一、米国は核兵器のない世界に向けた具体的な措置を取る。ゴールにはすぐにはたどり着けない。おそらくわたしが生きている間ではない。しかし「イエス・ウィー・キャン(わたしたちはできる)」と主張しないといけない。

 

 一、冷戦思考に終止符を打つため、われわれは国家安全保障戦略における核兵器への依存度を下げ、他国にも同調を促す。

 

 一、何千もの核兵器は最も危険な冷戦の遺物だ。

 

 一、米国は核兵器を使用した唯一の核保有国として行動する道義的責任がある。

 

 一、米国、ロシアの戦略核をさらに削減する新条約を今年末までにまとめる。

 

 一、積極的に包括的核実験禁止条約(CTBT)批准に向けまい進する。核兵器原料の生産を禁止する「兵器用核分裂物質生産禁止(カットオフ)条約」の交渉開始を目指す。

 

 一、核拡散防止条約(NPT)体制強化のため、(国際原子力機関=IAEA=に)より多くの資源と権限が必要だ。

 

 一、ルールを破る国は即時に現実的な報いを受ける必要がある。「核燃料バンク」を支持する。

 

 一、北朝鮮が長距離弾道ミサイルに利用可能なロケットを発射し、再びルールを破った。違反は罰せられないといけない。国際連携による強い対応が必要だ。

 

 一、米国はイランに関与していく。厳格な査察があれば、イランの核の平和利用を支持する。

 

 一、チェコやポーランドはミサイル防衛(MD)に協力している。イランによる核やミサイルの脅威が存在する限り、計画を進める

 

 一、テロリストが絶対に核兵器を入手しないようにしなければならない。これが最大の脅威だ。4年以内に核物質の安全性を確保する新たな国際的取り組みを提案する。

 

 一、米国は1年以内に「世界核安全サミット」を主催する。
(2009/04/05 22:42、共同通信)

記事全文はこちら

 

【引用終了】

 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

3件のコメント on 【転載:高まる核戦争の発生の可能性】米国が仕掛けるチキンレース=欧州BMD(弾道ミサイル防衛網)の整備=「核優位」で、ロシアを先制核攻撃に追い込む米国(ワシントン+ペンタゴン)と、ロシア大統領(モスクワ)の対抗策。12/1 F・ウィリアム・イングドール Beyond 5 Senses 12/5翻訳:為清勝彦氏より… 冷戦下のMAD(相互確証破壊)=核の膠着状態を崩す米BMD戦略とミサイル防衛局(MDA)

  1. Name より:

    中国行き船舶からミサイル=フィンランド(時事ドットコム)
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int.....1122200011

  2. Name より:

    大津久郎出版記念講演「武器商人を経営分析する!」2011.12.26(YouTube)
    http://www.youtube.com/watch?v=INJ0dsQrVlE

  3. Name より:

    ナイジェリアの地政学的意味(その1)IMFの奇妙な役割(tamekiyo.com)
    http://tamekiyo.com/documents/.....geria.html

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)