~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆マスコミが報道しない作業員などの死亡事例

1.500mSv超被曝の21歳作業員が川俣町自宅で心筋梗塞で死亡。

福島県警は司法解剖すらせずに即火葬。

【参考記事・下記 →警察権は東電に委譲されている 10/10田中龍作ジャーナル】

2.大阪のレスキュー隊員が(おそらく)被爆で死亡。

【参考記事 → 111106 動画:レスキュー隊員の死亡

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昇竜 馬太郎 takkenad さんの

2011年11月29日(火) のtweets より

http://twilog.org/takkenad/date-111129/asc

神奈川県鷺沼出身。早稲田政経卒。外資金融勤務。

弟は国交省で夜遅くまで働いています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

――――――――――――――――――――

もう日本メチャクチャなんで暴露したい。私の従兄弟は東電社員で原発作業現場にいる。欝気味だったが状況を吐露していきた。胸を押さえて倒れたのは吉田所長だけではなく続出している模様。大手マスコミは一切報道せず、吉田所長は隠ぺいしきれないとみて中途半端に発表。病名公表せず。火に油だな。

posted at 09:05:25

――――――――――――――――――――

倒れているのは吉田所長だけではないのに、そこを報道しないメディアは本当に隠ぺい体質だな、とも従兄弟(東電社員)は言っていた。現場からのリアルな声だ。#genpatsu #原発

posted at 09:09:15

――――――――――――――――――――

怖いのは東電や大手マスコミは「俺たちだってマジメにやってるんだ!」という「無意識下での自己正当化」だな。 たぶん奴らはエリートという狭い世界で生きてきて世間認識と自己認識の乖離に気付いていない。 悪徳政治家とか方が実はマシ。 #原発 #genpatsu

posted at 10:37:35

――――――――――――――――――――

RT @step9658@takkenad 吉田所長が入院の報道をみて・・・思う事。まだまだ、真実が明確にされていない!マスコミも報道しない。山本太郎さんの活動での講演会で 大阪のレスキュー隊員が被ばくで亡くなられた事を知りました。現実を皆がしらなければならない。

posted at 11:45:10

【参考記事 → 111106 動画:レスキュー隊員の死亡

――――――――――――――――――――

政府や東電が発表しないからといって「オフィシャル情報不足」とか、どんだけ平和ボケだよ。真実は突っ込んでもぎとってこい。「公式発表を待つ→聞く→報告する」とかウチの小6の娘でもできる。1000年に1度の危機に、まったりな日本の大手メディアはジャーナリズムの欠片もない。 #原発

posted at 11:51:33

――――――――――――――――――――

RT @tsuyacom@takkenad 私の友人も作業中に鼻血吹いて倒れました。

posted at 11:51:47

一庶民の私のツイッターにですら「友人も原発現場で鼻血だして倒れた」「山本太郎の講演で大阪のレスキューが被爆で死んだこと知った」とか教えてくれる人がいる。日本の大手マスコミ(記者クラブ)は被爆してもいいくらいの気持ちで真実つかんでこいよ。それがジャーナリストってもんだろ。 #原発

posted at 12:07:40

――――――――――――――――――――

RT @954listener: 岩上さんも言ってた @takkenad もう日本メチャクチャなんで暴露したい。私の○○○は東電社員で原発作業現場に。状況を吐露していきた。胸を押さえて倒れたのは吉田所長だけではなく続出している模様。吉田所長は隠ぺいしきれないとみて中途半端に発表。病名公表せず。 #kirakira

posted at 12:16:24

――――――――――――――――――――

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福島第1原発 吉田所長のメッセージ全文 病名は非公表

msn産経ニュース

2011.11.28 23:05

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111128/dst11112823070015-n1.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 福島第1原子力発電所の皆さん、安定化センターの皆さん、協力企業の皆さん、今日は皆さんにおわびしないといけないことがあります。

 私は先日検診で病気が見つかり、医師の判断で急きょ入院治療を余儀なくされました。このような状況で発電所長を続けることはできず、残念ながら重要な時期に免震棟を去らざるを得ません。

 震災以来一緒に仕事をしてきた皆さんとこのような形で別れることは断腸の思いですし、ご迷惑をおかけすることになり心よりおわびいたします。

 これからは高橋所長のもとで、着実に発電所を安定化させるべく力を合わせ、ご健闘されますことを心より祈っております。

 私も治療に専念し、1日も早く皆さんと一緒に働けるよう頑張ります。

 これからますます寒くなります。皆さん、そしてご家族の方々が風邪などひかれませんよう祈念し、私のメッセージとさせていただきます。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆     東京電力による住民説明会:

福島県川俣町の住民代表と東電の担当者に質問

21歳の福島原発作業員が川俣町の自宅で心筋梗塞で死亡したとの話をしている様子

福島県警は解剖せずに即火葬

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

iwhtls さんが 2011/10/30 にアップロード

21歳の原発作業員が心筋梗塞で急死したが死亡解剖せず火葬

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆500mSv超被曝した福島県川俣町の21歳原発作業員が自宅で死亡。

警察は解剖もせず即火葬。東電は会見で発表せず隠蔽!

脱・御用組合! TOMMYのマンション管理ブログ

2011/10/22(土) 午後 4:37

http://blogs.yahoo.co.jp/neverland20050918/27054504.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

21歳の福島原発作業員が川俣町の自宅で心筋梗塞で死亡したとの話を福島県川俣町の住民代表と東電の担当者に質問している様子を写した動画を紹介します。

原発内での死亡ではなく、被曝限度超えで作業から外れた後だった為か、東電の松本純一は記者会見で何の発表もしていません。

しかも、福島県警は死亡解剖すらせずに即火葬にしてしまったというのです。

 

東電はこういう形で、原発作業員の死亡を隠蔽し、少なく見せようとしているのだと思います。川俣町の住民の方が2人知っていると言われていますが、他にもそうした人がいるのだと思います。

21歳なんて、まだまだ先が長かったのに、500mSv超もの放射線を浴びせられて…。その挙句、死亡解剖もされず隠蔽されたのでは浮かばれません。

21歳の若い原発作業員のご冥福をお祈りするとともに、東電の隠蔽工作を絶対に許しません。必ずや暴き出してやりましょう。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【原発作業員死亡】「対応は東電にお任せしている」 

 警察権委譲を認める園田政務官

田中龍作ジャーナル

2011年10月11日 22:23

http://tanakaryusaku.jp/2011/10/0003011

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

 この国では、警察権を持つのは政府ではなく東電であることが明らかになった。現職の政務官が語るに落ちたのである。東電本店で11日夕、行われた東京電力と政府による合同記者会見での出来事だ。

 東電福島第一原発の事故処理にあたる作業員が短期間に3人死亡していることについて、園田康博政務官に筆者はじめ複数のジャーナリストが「司法解剖、行政解剖しているのか?」と質問したところ、園田政務官は「対応は東電にお任せしている」と答えた。

 人が自然死ではない死に方を遂げた場合、警察が司法解剖する。解剖にまでは至らなくても、病死や老衰といった自然な死に方でない場合、警察の検視官が死体を検分に行く。腹上死のようなものであってもだ。

 原発作業員の死亡について筆者は園田政務官に「警察が司法解剖したのか、していないのか?」と質問した。園田氏は「警察は私の担当ではない」と答えた。わざとスットボケたのではない。彼は本当にそう思っているようだ。園田氏は「警察からも聞いていない」そうだ。

 明らかに政治家として職務怠慢である。無能と言った方が正確だろう。原発事故をめぐる政府の対応のまずさにより、子供や妊婦を含めて多くの人が被曝したのである。園田政務官にはその自覚すらないようだ。

 怒りを禁じ得なかった筆者は、無礼を承知で突っ込んだ。「何をトボケたこと言ってるんですか。あなたは原子力担当の政務官なんですよ。線量が高い原子力発電所の現場で働いていた作業員の死亡原因を把握するのは、あなたの職務ではありませんか」。

 こうまで言われても園田氏は「対応は東電にお任せしている」としか答えなかった。

 6日、死亡した作業員の被ばく量は「2・02ミリシーベルト」とされているが、これはあくまでも東電の発表なのである。

 「時津風部屋で起きた力士の死亡事件の究明を親方に任せているようなもの」。ジャーナリストの柳原三佳さんは、事態をこのように喩えて園田政務官に迫った。

 園田政務官は「対応は東電にお任せしている」の一点張りだ。

 医学部で放射線物理学を専攻していた、おしどりマコさんの追及は問題の本質を突いていた。「児童虐待など加害者側が隠ぺいを図る場合、もしくは社会的な要請が高い場合、行政解剖が行われる。警察庁に行政解剖を指示するおつもりはないのか?短期間に同じ敷地内で作業員が3人死亡しているが、いずれも自然死だとお考えですか?」。

 園田政務官は判で押したように「対応は東電にお任せしている」と答えた。

 東電には警察官出身者が32人も天下っている。OBが後輩に「深入りするなよ」と電話一本かければ、遺体は原発からそのまま墓場に葬られる。東電が警察OBを高待遇で受け入れる理由だ。

 東電の記者会見場そばのトイレはいつ行っても人気がない。仮に田中龍作が何者かにスパナで頭を打ち砕かれて殺されたとする。通常、警察が司法解剖するが、東電が「田中氏の死因は脳溢血でした」と発表すればそれまでだ。園田政務官は例によって「対応は東電にお任せしている」と答えるだろう。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Related Posts

関連記事

Tags: , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)