~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TPP関連報道は異常

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フジ大誤報10/29『首相が鹿野農水相と数回極秘会談、最終的に交渉参加を容認する考えを示唆し、これを受けて野田首相は、APECで交渉参加を表明する意向を固めた。』を、

鹿野大臣の完全否定11/1そういう(極秘会談の)事実、交渉参加することを容認したという事実はありません1日の閣議後会見にて

(日本農業新聞、関西テレビ「スーパーニュース アンカー 」より)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆  「増税のウソ」そして暴かれるTPP報道の嘘

新世紀のビッグブラザーへ

(三橋貴明氏オフィシャルブログ)

2011-11-02 07:00:33

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/day-20111102.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

・・・略・・・

とにもかくにも、現在のTPP関連報道は異常です。

 

2011年11月1日、関西テレビ「スーパーニュース アンカー 」の報道で、
「(政府関係者の話によると)野田首相が鹿野農水相と先月だけでも数回極秘会談を行い、鹿野大臣が最終的に交渉参加を容認する考えを示唆し、野田総理がTPP交渉参加をAPECで表明する意向を固めた」
という報道について、鹿野道彦農水大臣が「完全否定」しました。

 

鹿野大臣

そういう事実(極秘会談)はありません。それから私が交渉参加することを容認したということも、そのような事実はございません

 

 上記の大誤報と言うか、「ウソ報道」を繰り返し流したのは、フジテレビです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【2011/10/29 野田首相、TPP交渉参加の意向固める 】
http://www.youtube.com/watch?v=Ycw0VEhSSvQ

Mediumoyu さんが 2011/10/29 にアップロード

野田首相、TPP交渉参加の意向固める 11月のAPEC首脳会議で関係国に交渉参加を伝達へ

野田首相は、TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉に参加する意向を固めた。
11月中旬にハワイで開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議の際に、関係国に交渉参加を伝達する方針。
政府関係者によると、野田首相は、TPP参加に慎重な鹿野農水相と、10月だけで数回極秘の会談を重ねてきた。
鹿野農水相は、最終的に交渉参加を容認する考えを示唆し

これを受けて野田首相は、APECで交渉参加を表明する意向を固めた。
民主党内では、慎重派が攻勢を強めているが、野田首相は11月4日をめどに、交渉参加容認の方向で意見集約したい考え。
その後、記者会見などの形で交渉参加方針を国民に説明し、そのうえで、APECに臨む方針。
しかし、慎重派が猛反発するのは必至で、政権運営に影響が出る可能性もあるとみられる。
(2011/10/29 20:59)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/category01.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆  参加容認を否定 農相

(11月02日)

日本農業新聞 e農net
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=10450

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

鹿野道彦農相は1日の閣議後会見で、TPP交渉参加問題で野田佳彦首相と極秘会談し、交渉参加を容認したとの一部報道について「そういう事実はない」と否定した。民主党内で推進派と慎重派の対立が続いていることに対しては「大事なことは冷静に議論することだ」と述べ、あらためて慎重な議論が必要との認識を示した。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「政府関係者」がソース(誰だよ?)という、

あからさまな情報操作

ですが、ここまで露骨にやってくるとは・・・。

日本のマスコミは、もはや報道機関とは呼べない状況になっています。

完全な、政府(官邸、経済産業省、外務省)のプロパガンダ機関と化してしまいました。
予想通り、東京の民放やNHK、それに大手新聞社は、

上記の鹿野大臣の発言について、完全スルーを決め込んでいます

もはや、報道的な頼りは関西のテレビ局、及び地方紙や農業新聞などの専門紙のみという事態に至っています。

 どこの共産独裁国家ですか! この日本という国は!

 

わたくしたちの愛する日本は、政府におもねる大手マスコミの手により、次第に非・民主主義国家に変貌を遂げようとしています。何としても、現時点でこの異様な報道にストップをかけ、TPP交渉参加を防ぎとめなければなりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆『医療自由化目標 「入手していた」 米国文書で厚労相

(10月28日)

日本農業新聞 e農net
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=10331

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

米国政府がTPP交渉で、

公的医療保険の運用で自由化を求める文書を公表していた

にもかかわらず、日本政府が

「公的医療保険制度は交渉の対象外」

と国民に説明していた問題で、

小宮山洋子厚生労働相は27日、「9月16日に外務省を通じて受け取っていた」と述べ、入手していたことを明らかにした。

公的医療制度の根幹である薬価の決定方法が交渉対象になる可能性も認めた。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米国政府がTPP交渉で、公的医療保険の運用で自由化を求める文書を公表していたにもかかわらず、

日本政府が

「公的医療保険制度は交渉の対象外

と国民に説明していた問題で、小宮山洋子厚生労働相は27日、「9月16日に外務省を通じて受け取っていた」と述べ、入手していたことを明らかにした。公的医療制度の根幹である薬価の決定方法が交渉対象になる可能性も認めた。
参院厚生労働委員会で共産党の田村智子氏の質問に答えた。

小宮山厚労相は国民向けのTPP説明資料に「公的医療保険制度は議論の対象になっていない」と明記した理由について、

「(医療保険制度自体を交渉する)TPPの金融サービス分野では、議論の対象になっていない」と述べる一方、

物品の市場アクセス分野で取り上げられる可能性は認めた。
一方、同資料とは別の詳細版の説明資料で、

オーストラリアが米国との自由貿易協定(FTA)で税負担で薬価を抑える制度を見直した例を紹介したことを挙げ「米豪のFTAの例を引きながら

公的医療制度がTPP交渉の対象になり得ることを)説明している」と弁解した。』

 

何というか、

ここまでウソや誤魔化しが飛び交う政策というのは、過去に例がないのではないかとさえ思ってしまいます。
ウソや誤魔化しを繰り返さなければ、日本国民をTPP賛成にもっていけない、

すなわち、それだけ参加メリットがないという話

だと思うのですが、
「だったら、やめろよ!」
 と、力の限り叫びたい気分です。

・・・略・・・

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

1件のコメント on 【捏造報道を連発するフジサンケイグループの異常な#TPP関連報道ぶり】11/1鹿野大臣「極秘会談、交渉参加容認」を完全否定。フジ大誤報10/29『首相が鹿野農水相と極秘会談後に交渉参加容認を示唆、これを受けAPECで交渉参加表明する意向』という「ウソ報道」を繰り返した。三橋貴明氏オフィシャルブログ11/2より

  1. Name より:

    Riot Wrong: FOX fakes Moscow protest with Athens clashes (YouTube)
    http://www.youtube.com/watch?v=yvnj5VIDsNI

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)