~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代表Collumn】

信頼できる情報ソースが限定されているとき、

『危機的な状況のリアルな報道・情報』に

人がたやすくパニックに陥る(ある方向に誘導される)可能性

を実証したといえるのが、1938年「宇宙戦争」パニック事件である。【末尾参照】

11/9に、アメリカ合衆国でなにが起こるのか注視したい。

2011/11/1   【川崎泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「空(くう)の彼方へ(固定)」

我という人の心は ただひとり われよりほかに しるひとはなし

LEGACY OF ASHES

日本のケープタウンからパイプの煙

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】
投稿者:teruさんより
2011/10/28 0:30
11月9日に国家緊急警報システムテストの為に
全米のテレビとラジオをストップする様です
http://transition.fcc.gov/pshs/services/eas/

悪い意味での予行演習でしょうか・・・』

管理人より:まさにそうでしょう。

11・9は9・11のさかさま。

数字を単数化すると6=六芒星(Hexagram)午後2時EST(東部時間)は要注意でしょう。

【引用開始】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆  EMERGENCY ALERT SYSTEM

緊急警報システム

国家安全保障省

PUBLIC SAFTY AND HOMELAND SECURITY BUREAU

http://transition.fcc.gov/pshs/services/eas/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FEMA=緊急事態庁が、EAS=緊急警報システムの

国家レベルの稼働,テスト,演習の設定を担当する(責任をもつ)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Quote】

The EAS is a national public warning system that requires

broadcasters, cable television systems, wireless cable systems, satellite digital audio radio service (SDARS) providers, and direct broadcast satellite (DBS) providers

to provide the communications capability to the President to address the American public during a national emergency.

The system also may be used by state and local authorities to deliver important emergency information, such as AMBER alerts and weather information targeted to specific areas.

The first Nationwide test of the Emergency Alert System will be carried out on November 9, 2011.

LINK=For more information about the test or access to the participant reporting system, please click here.

The FCC, in conjunction with Federal Emergency Management Agency (FEMA) and the National Oceanic and Atmospheric Administration’s National Weather Service (NWS), implements the EAS at the federal level. The President has sole responsibility for determining when the EAS will be activated at the national level, and has delegated this authority to the director of FEMA. FEMA is responsible for implementation of the national-level activation of the EAS, tests, and exercises. The NWS develops emergency weather information to alert the public about imminent dangerous weather conditions.

【Quote End】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆  Emergency Alert System Nationwide Test

Encyclopedia

FCC.gov

http://www.fcc.gov/encyclopedia/emergency-alert-system-nationwide-test

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Quote】

At the Federal Communications Commission’s June 9, 2011 Agenda meeting, Public Safety and Homeland Security Bureau Chief Jamie Barnett, joined by representatives from FEMA and the National Weather Service, announced that

the first nationwide test of the Emergency Alert System (EAS) would take place at 2:00 PM (Eastern Standard Time) on November 9, 2011.

The purpose of the test is to assess the reliability and effectiveness of the EAS as a public alert mechanism. EAS Participants currently participate in state-level monthly tests and local-level weekly tests, but no top-down review of the entire system has ever been undertaken.

The Commission, along with the Federal Emergency Management Agency, will use the results of this nationwide test to assess the reliability and effectiveness of the EAS as a public alert mechanism, and will work together with EAS stakeholders to make improvements to the system as appropriate.

【Quote End】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆  ラジオドラマ「宇宙戦争」事件 

http://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙戦争_(H・G・ウェルズ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Quote End】

ラジオドラマとして放送された『宇宙戦争』が全米で聴衆にパニックを引き起こした、と言われる。聴取者に比してあまりにも反響のみが大きく、この事件が元でフィクションを放送する場合に一定の規制をかける法律が制定された。しかし、近年の研究では、社会パニックなどどこにも起きていないにもかかわらず、当時の新メディアであったラジオを恐れる新聞各社が、出典不明の試算記事によってラジオ規制のきっかけとするために大騒ぎしたことによる、と理解されている。

そのラジオドラマは、1938年10月30日に、アメリカのCBSネットワークにおける「マーキュリー劇場」という番組で放送された。宇宙人が地球(アメリカ)に攻めてきたという内容である。

現場からの報告など、実際のニュース放送のような形で放送された。そのため、多くの市民が現実に起きている出来事と勘違いし、パニックを引き起こした、

とされているのである。しかも、その作品をプロデュースしたのはオーソン・ウェルズであった。

CBSの「マーキュリー劇場」は聴取率が非常に低い不人気番組だった(『宇宙戦争』前週の聴取率は3.6%)が、当時アメリカ国民の3人に1人以上が聴取していた国民的人気を誇る裏番組に不人気歌手が登場し、多くの人が局を変えた瞬間、たまたま火星人によるニュージャージー州襲撃のくだりが放送されたことも、パニックに拍車を掛けた原因の一つであるといわれている。さらに、放送当時の国際情勢もこのパニックに深く関わっている。同時期のヨーロッパでは、チェコスロヴァキアズデーテン地方帰属問題をめぐってナチス・ドイツと欧米列強が緊張関係にあり、アメリカ国民の間でもヨーロッパで戦争が勃発して自国も巻き込まれるかもしれないという懸念が膨らみつつあった。このため、火星人による襲撃をドイツ軍による攻撃と勘違いした住民も多かった。

放送後、新聞社を黒幕として非常に多くの訴訟がオーソン・ウェルズを含む製作者に対して行われたが、すべて棄却または無罪となっている。番組放送中、何度も「これはドラマである」旨の放送をしていたためである。なお、警察は暴徒の襲撃に備えて番組終了後にラジオ局を緊急警備した。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■ 初掲載 2011/11/1

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , ,

1件のコメント on 【119は911のさかさま! 】国家安全保障省HPより-11/9のFEMA情報遮断・演習=全米のテレビ・ラジオをストップ?=緊急警報システム(EAS)の米国全土でのテストを東部時間(EST) 11/9, 2:00pmに予定…The first Nationwide test of EAS on November 9, 2011→1938年オーソン・ウェルズによるラジオドラマ「宇宙戦争」のパニック事件について…

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)