system of government that serves the interest of, and may be run by, corporations and involves

Corporatocracy

From Wikipedia, the free encyclopedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Corporatocracy

【Qoute】

Corporatocracy, in social theories that focus on conflicts and opposing interests within society, denotes a system of government that serves the interest of, and may be run by, corporations and involves ties between government and business.

Where corporations, conglomerates, and/or government entities with private components, control the direction and governance of a country, including carrying out economic planning (notwithstanding the “free market” label).[1]

【Qoute End】

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【用語訳文 訳文責:川崎泰彦】

企業独裁主義(企業支配社会制) ’Corporatocracy

『政府とビジネスの結束を含む企業利益共同体』によって運営される『政府のシステム』

 

【訳文開始】

『企業独裁主義』とは、社会内の紛争/闘争と相反する利益[利権]に注目して、

企業の利益[利権]に奉仕する、そしておそらく企業とその政府とビジネスの結束を含む利益共同体』によって運営される『政府のシステム』を表示する社会理論(用語)である。

企業、多国籍企業[外資企業]および(または)民間(企業)の要素を備えた政府の実体が、国の方向および支配・コントロールする。(「自由市場」のラベルにもかかわらず)経済計画を行なうことを含む。

【訳文終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【代表 Column】 memo

企業独裁主義:これは、言い換えれば、

大企業経営者の企業経営者による企業経営者のための政治(政府/政策)←まさにTPPの本質!

であり、簡単にいえば、

金持ち金持ちによる金持ちのための政治(政府/政策)

であり、厳密にいえば、

国際銀行家の国際銀行家による国際銀行家のための政治(政府/政策)

である。

(参照:「金融の仕組みは全部ロスチャイルドが作った」安部芳裕、5次元文庫)

政官財=『企業と政府と利益共同体』←マスメディアと大学・学会が加わえれば、最強の国民洗(染)脳機関・悪徳ペンタゴン=政官財報学 が成立する。

2011/9/23  【川崎泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人民の人民による人民のための政治

government of the people, by the people, for the people

Wikipedia より

エイブラハム・リンカーン1863年11月19日南北戦争の激戦地となったゲティスバーグで戦没者を祀った国立墓地の開所式での、272語、3分足らずの短い挨拶(ゲティスバーグ演説)の中のことば。民主主義の本質を語ったものとして世界的に知られる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

4件のコメント on 【ショック・ドクトリン用語和訳:企業独裁主義Corporatocracyとは?】-『企業利益共同体』への利益誘導ため(おそらく)彼らによって運営される『政府のシステム』

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)