PeacePhilosophy さんのtweetより

怒りで震える。6月14日にわかっていた調査結果をどうして3カ月経った今発表するのか。I131半減期8日、心配しなくていいレベルになってから発表するとは犯罪だ。そもそもSPEEDIでこれは事故直後予測がついていたはずだ。http://t.co/e0O1X2EO

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

福島第1原発:放射性ヨウ素131 南部でも高い地域

毎日新聞

2011年9月22日 0時23分 更新:9月22日 0時54分

ヨウ素131の土壌濃度マップ=文科省ホームページから
ヨウ素131の土壌濃度マップ=文科省ホームページから

文部科学省は21日、東京電力福島第1原発から半径100キロ圏の土壌中の放射性ヨウ素131の濃度マップを公表した。放射性セシウム137は原発北西部で高濃度だったが、ヨウ素は北西部に加え南部でも高い地域があった。ヨウ素はセシウムより気化しやすく、風や雨の気象条件が影響したとみられるが、南にも大量拡散していたことになる。

調査は6~7月、約2200カ所で実施。ヨウ素は半減期が8日と短いので、解析できた約400地点の数値を6月14日時点に換算してマップに示した。

それによると、ヨウ素の濃度はセシウム137と比べ、北西部で170分の1だったが、南部では最大40分の1と、セシウムに対する比率に差があった。最も高濃度だったのは、原発から南南西約6キロにある福島県富岡町大菅川田付近で、1平方メートル当たり5万5400ベクレルだった。【野田武】

関連記事

Tags: ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)