■参照:1977年jジュネーブにて批准の環境改変技術の軍事的その他のいかなる敵対的使用の禁止に関する条約、前文(翻訳)■ ←注目!

英文☞ 1977 Weather Warfare Treaty

前文(和訳)☞ 1977 気象兵器禁止条約・前文

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

@prisonoperaSarah Yamasaki 山崎淑子

猛威を奮って日本列島を縦断し甚大な水害をもたらした台風15号は9/21、東京と福島原発・女川原発を直撃!【国連は77年、気象操作兵器の乱用を控えるよう安保理メンバー国に通達→実戦で乱用される“気象操作兵器”に警告を発した歴史的事実がある】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

@WSJJapanウォール・ストリート・ジャーナル日本版

【スライドショー】台風15号、首都圏など直撃〔無料〕
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

@nytimesworldNYTimes World

Typhoon Headed for Stricken Fukushima Daichi Nuclear Plant

http://t.co/DXrD2Ah5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「台風15号ロケ」は気象操作されたか?:確かにその痕跡はある!?

Kazumoto Iguchi’s blog

quasimoto.exblog.jp

2011/09/18より以下、転載します:

http://quasimoto.exblog.jp/15486711/

【引用開始】

みなさん、こんにちは。

いやはや、今回の「台風15号ロケ」


も前々回の「台風6号マーゴン


や前回の「台風12号タラス


に負けず劣らず、”奇妙な”ものである。

まず沖縄に近づくまでに左右にUターン


そして今度は沖縄の直前で円を描くようにUターン


して方向を変えたのである。そして、今度は本州を狙っているという。

これまでの気象学の教科書通りの台風の軌道とはこんなものであった。


これが我々が学校の科学や物理学で習ったものである。

要するに、台風の軌道というものは、「一価関数」なのである。1つの場所にはたった一度しか現われない、通らないものであった。

気象学はいわゆる有名な「カオス理論」の発祥の分野であったように、気象というものは古典力学のように厳密に軌道を予測することは不可能なのである。大気対流のローレンツモデルがカオス現象を見つけたのであった。しかしながら、いくらこのモデルがカオス的であったとしても、台風の軌道が来た道にまた戻るということはなかっただろう。常に予測不能の「未来」へ旅するのであり、昔に戻ることは「普通は」ないのである。

ところが、今回の「台風15号ロケ」というものは、いったりきたり、回り込んだりしているのである。まるで、「自分に知性がある」かのようである。もちろん、台風には知性はない。だから、もし知性があるかのようであるとしたら、それはだれかが台風に知性を持ち込んだということだろう。つまり、「誰かが操作している」可能性が高いということである。

では、その証拠は?
(中略)

いまや科学的に、というより軍事的に、台風程度のものならいかようにも出来るのである。アメリカのNWOスポークスマンとなったミチオ・カク博士のいう「NWO文明」というものである。
Surely You’re Joking,
Mr. Kaku!
:ミチオ「もし君がNWOに反対なら、君はテロリストだ!」

さて、ついでに、東洸(アズマヒカル)氏の「ロストワールド」にHAARPについての非常にいい解説が翻訳されているので、ここにもメモしておこう。以下のものである。

M8.9の日本の大地震は、イルミナティーによって引き起こされたイベント(事前に準備された)だったのか?
元記事:WAS THE 8.9 MAGNITUDE JAPAN EARTHQUAKE AN ILLUMINATI CREATED (SCRIPTED) EVENT?

「そして、巨大地震、飢饉、疫病がいくつかの場所で流行っている;そして、恐ろしい光景、巨大なサインがその場所の天にある。」- 21:11ルーク
【引用終了】

元記事を読む☞ http://quasimoto.exblog.jp/15486711/

Related Posts

関連記事

1件のコメント on 【国連で1977年に採択された『気象兵器禁止条約』とは「気象操作兵器の使用を禁止する条約」のこと→実戦で乱用される“気象兵器”使用を禁止した歴史的事実は、兵器が存在して実戦配備されてきた証拠・証左でもある!】人工的に天候操作できる“気象兵器”の存在は“人工地震兵器”と並んで国際社会と防衛産業の常識。世界の常識を知らない無知な日本人は「現実を直視しない」裸の王様=議論を避け“陰謀論”だと一蹴して嘲笑する“浮世離れの浦島太郎・花子”ちゃん→「危機管理」意識欠如の結果、国防に重大なぜい弱性が→海外からの「想定外の原発サイバー攻撃」ウィルス感染に遭遇←原子力村に騙された“安全神話”と同じ精神構造「見ざる・聴かざる・語らず・考えず」に徹した1億総“思考停止”状態→目覚めよ日本人!見えなくても確かに存在するもの-「放射能」と「気象兵器」と「サイバー攻撃ウィルス(Stuxnetを含む)」!

  1. Name より:

    EUの混迷と反キリスト(荒野の声 NO.113)
    http://www.ne.jp/asahi/petros/.....11030.html

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)