森原秀樹さんのTwitterフォローしてます。いちいち納得&同感の論評から、最も重要と思われる本日のツイート転載します。特に、25日可決予定で審議延期されていた「米国への5年連続“思いやり予算”1兆円近く」の巨額・無償プレゼントについて、明日の31日、国会審議・可決される予定ーこれについて先週から再三、憂慮を表明しツイートされている森原氏に心から敬意を表し、賛成いたします。

(1) 延期になっていた「思いやり予算」日米特別協定審議(衆院外務委)が明日に。現行協定期限は月末。服部議員の質疑(再)準備を終え、あらためて言いたい。今は米国に、「思いやり予算は払えない。被災して苦しむ人のために、復興のために使わせて欲しい」と言う時だ。来年度予算額は1859億円。
(2) 「思いやり予算」日米特別協定は、明日委員会採決、31日本会議で成立の流れ。何とか食い止められないか。労務・光熱水費削減分は枠外計上され現状(約1900億円水準)を5年維持。国外への訓練移転費負担条項も。メア米国務省前日本部長が「米国に利益ある得な取引」と言い切った不平等協定だ。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜【更新】福島原発事故概況一覧(第34版,29日11:34現在: http://bit.ly/e4PE73 )。プルトニウム検出、建屋内外の高濃度汚染水はつながっていることが判明し、解決目処立たず。原子力安全委員長は炉心溶融・圧力容器損傷を認め「事態収束予測できず」と。好材料なし。 ■電 源がない時に黒煙というのは何なのかと思っていましたが、仏IRSNがこういう指摘をしています。かなり怖ろしい分析です( http://bit.ly/dSXmfk )。■原発事故被害者は国策の犠牲者。だから、国による住居・生活の権利保障が必要だと思う。政府が設置した「原子力被災者生活支援チーム」は、福島県知事らによる「原発災害新法」を求める声(http://bit.ly/gwvRtz)に応えてほしい。疎開者受け入れ自治体支援も要。積極提案したい。以上、森原氏からの「思いやり予算」審議、明日31日可決の見込みツリートから、きわめて重要な緊急提言を転載しました!
山崎 淑子 リポート

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)