岩波書店

http://www.iwanami.co.jp/shinkan/index.html

より

■  ショック・ドクトリン〈上〉〈下〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く

ナオミ・クライン (著), 幾島 幸子 (翻訳), 村上 由見子 (翻訳)

各、定価 2,625円(本体 2,500円 + 税5%)

内容紹介

戦争、津波やハリケーンのような自然災害、政変などの危機につけこんで、あるいはそれを意識的に招いて、人びとが茫然自失から覚める前に、およそ不可能と思われた過激な市場主義経済改革を強行する。アメリカとグローバル企業による「ショック療法」は世界に何をもたらしたか。3.11以後の日本を考えるためにも必読の書。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【要約 引用開始 文責 川崎泰彦】

■  第19章 一掃された海辺 -アジアを襲った「第二の津波」- より、部分要約  引用

[スマトラの津波災害と企業資本のための復興計画]

2004年12月26日スマトラ沖地震で、海岸線一帯は大津波に襲われ、周辺地域一体で25万人が死亡、250万人が家を失った。スリランカでは、3万5千人が死亡、100万人近くの人々が立ち退きを余儀なくされた。

東部の漁村アルガムベイは、スリランカ政府の復興チームによって「改良再建」計画のモデルケースとされた。

漁師ロジャーは、この計画は「海辺から漁師を追い払う企て」だと言う。

・・・

零細漁民の支援団体代表は、政府の再建計画を弱り切った国民を意図的に食い物にする計画、戦争の後の略奪のような「企業グローバリゼーションによる第二の津波」だと言う。

津波の一週間後に、金融界・産業界の有力者で構成された「国家再建特別委員会」が結成され、魚業・農業を代表する者は疎外された。

国民が非常事態に結束し、議員が支援金を国庫から出させるために奮闘する間に、選挙民の意見を反映しない産業界の直接統治に取って代わられた。

民営化の旗手を委員長とした「再建委員会」は、国民の反対にあっていた高速道路と大型漁港の建設に災害支援金を流用する決定も下した。

土地問題の活動家は「この経済政策は津波以上の大災害」だと言う。

・・・

アメリカ政府は、自国の企業に巨大契約をもたらすという、すでにイラクで実施ずみの復興支援の方法を取ることで、この「国家再建特別委員会」に肩入れした。コロラドの大手建設企業CH2Mヒルは、スリランカの加工漁船用の深水港を3か所と、観光用の橋を建設する契約を受注した。どちらも被災者にとっては、厄災そのものだった。大型トロール船も、観光ホテルも、漁民をビーチから追放するものだ。

・・・

津波から一年後、国際開発NGOが、5カ国の被災者5万人対象の大規模な調査報告書を発表した。住民は家の建て直しを禁じられる一方、ホテル建設は奨励され、本格的な復興作業はほとんど行われていなかった。この失敗は、意思疎通のまずさや資金不足という理由では片づけられない。「沿岸地域のコミュニティが無視されて企業利益が優先される間、政府はただ拱手傍観するか、自らそれに手を貸すかしていた。」と報告書は結論づけた。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■ 復興計画から「置き去りにされる」被災者

河北新報
無収入・減収6割超す 震災あす半年 被災者アンケート
2011年09月10日土曜日
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110910t15004.htm
より
【引用開始】
東日本大震災から11日で半年を迎えるのを受け河北新報社は、津波により大きな被害を受けた宮城県沿岸部の被災世帯を対象に、アンケートを実施した。3分の2近い世帯で収入が無くなるか減っており、自宅で暮らす見通しが立たない世帯も7割を超えた。被災者の多くは依然として、生活再建の道筋を描けないでいる。
【引用終了】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【中野剛志】悪魔のショック・ドクトリン!民主党復興政策に騙されるな

tamatamacenter03 さんが 2011/04/22 にアップロード

中野氏「カナダのジャーナリスト・ナオミ=クラインが書いた『ショック・ドクトリン』という本がある。
ショック・ドクトリンとは、自然災害や恐怖政治、戦争とかの人に恐怖やショックを与えるような事が起きた後に、「私が解決します」と扇動家が出てきて「これをやれば解決し­ます」といって過激なプランを出すとみんながそれに飛びつくというものだ。
ショックドクトリンによって、通常、導入するのをためらわれる市場原理主義に則った政策などが採用されている。
阪神大震災、オウムなどがあって、そのあと橋本龍太郎が6大改革という過激な事をやりデフレに陥れ金融危機を起こし、ますます閉塞感が出てきて小泉改革というショックドク­トリンにみんなが飛びついた。
リーマンショック後、尖閣問題などの後に「平成の開国」なども同じ。
彼らは皆、一様に突破口だとか起爆剤と言い、ショックドクトリンにみんなが飛びついた。
災害時に「ビジョンを持って大きく世の中を変えていくチャンスと捉える」までは正しいが、それをみんなが求めているが故に、安易なショックドクトリンに飛びつく可能性が出­てくる。

今は東北の人たちが辛抱強い、がんばっている。しかし人間が2~3ヶ月もほおって置かれたら限界がくる。
「もういい加減にしろ」と言ったタイミングで、「私にはこんな妙案があります」というものが出される。いや既に出てきている。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マスコミに載らない海外記事

2011年8月14日 (日)

スタンダード・アンド・プアーが国債格付けをAAAからAA+に引き下げ:その意味は

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/aaaaa-bc9c.html

より

【引用開始】

名著『ショック・ドクトリン』刊行の話題があったので、補足しておこう。2007年刊行。311以後の日本に、残念ながら、一層あてはまる、惨事便乗型資本主義の正体が描かれている。

ショック・ドクトリン――惨事便乗型資本主義の正体を暴く――ナオミ・クライン著 幾島幸子,村上由見子訳全2巻 各巻定価 2,625円。発売予定日:2011/09/09

デモクラシー・ナウ!に、本人が語る日本語字幕ビデオがある。「ショックドクトリン 大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革」 ナオミ・クライン新著を語る

NHKの日曜朝の政府広報番組、野田財務相を首相にするプロパガンダ。小泉・竹中と一緒に日本破壊を推進した太田弘子教授との漫才対話。見ていられないので、すぐに消したが、野田財務相「ショック・ドクトリン―惨事便乗型資本主義」精神の持ち主であることがわかる発言をしていたことが、新聞記事で読める。

野田佳彦財務相は14日午前のNHKの討論番組で、デフレ脱却について「(東日本)大震災という状況の中で復興需要をどうやって満たしていくかという観点からすると、まさに千載一遇のチャンスだ」と述べた。

 

泊原発再稼働をトメズ、容認に前向きな高橋はるみ北海道知事、元通商産業省高級官僚。止めるはずがない。
歯切れの悪い宣言をした広島松井市長、元厚生労働官僚。上関原発の中国電力、本社、広島にある。日本全国、為政者は原子力マフィアの一員のようだ。

金融資本や、軍/安全保障複合体や、その両方の手先である日本政府による以上の大きな搾取を、我々は、未来永劫され続ける。宗主国とその傀儡機構によって。

敗戦時、アメリカが重要な官庁・重要戦犯らを温存した理由、今になると良くわかる。おかげで、満州国を作った国、自ら進んで、アメリカの大切な永久満州国と化した。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

関連記事

Tags: , , , , , ,

4件のコメント on 【目からウロコの必読書『ショック・ドクトリン』3.11以後の日本を考え、グローバリズムを解き明かす】上・下、岩波書店 =副題:大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革=企業の利益ための「復興計画は、津波以上の大災害」スマトラ津波で、漁師たちは海辺から追い払われた。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)