【代表Column】memo  鉢呂経産相・辞任!

日本市民/国民の為、「原発推進、郵政民営化、米軍基地化」など、属国化政策に慎重な態度を表明していると、メディアスクラムに血祭りにあげられるようだ。

鉢呂元経産相のホームページで、政策を確認すると、以下のような記述があった。

・泊発電所プルサーマル計画は慎重な議論が必要、情報開示・説明を徹底

・郵政民営・分社化を見直し

・北海道を米軍基地化させない

一体、いつまで我々は騙されるのか?

我々が選挙で選んだ議員、国政に参加した途端に、いつか見たような『失言問題』で失職、その一番の活動場所から排除される。

『邪魔者は消せ』

流血なき暗殺である。

2011/9/10 【川崎泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山崎ジャーナル 追跡記事 1

2011/9/13    閣僚の任命権は首相にあるが、罷免権が省庁(官僚)側にある

検証:『失言問題』バッシングに、政官報一体の・メデイアスクラムの欺瞞を見よ!(その1)  鉢呂経産相の『失言問題』での辞任まで・経緯まとめ =日本では、閣僚の任命権は首相にあるが、罷免権が省庁(官僚)側にあるらしい。

http://enzai.9-11.jp/?p=6379

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山崎ジャーナル 追跡記事 2

2011/9/14  (原発推進官僚の)『虎の尾を踏んだ』 鉢呂元経産相

冤罪!「放射能失言」辞任【(原発推進官僚の)『虎の尾を踏んだ』鉢呂元経産相】証言:総合資源エネルギー調査会:委員15人【原発:反対派3人/賛成派12人】を、委員24人程度【原発:反対派12人/賛成派12人】に変更指示(鉢呂)。『注目!枝野大臣がエネルギー調査会委員をどう選ぶか!』【「放射能失言」の裏側】

http://enzai.9-11.jp/?p=6495

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鉢呂元経産相のホームページ

はちろ吉雄ウェブサイト

北海道重点政策

http://www.tsukuru.org/jyuten.html

より

【引用開始】

地場産業・中小企業

  • 中小企業金融を円滑化。
  • 下請けいじめの防止、人材育成のための「中小企業憲章」を制定。
  • 中小企業対策予算を現行の約3倍に。

原子力

  • 泊発電所プルサーマル計画は安全性について慎重な議論が必要なため情報開示・説明を徹底。

郵便局

  • 郵政民営・分社化を見直し、郵便局のサービスを全国どこでも公平・簡便に利用できるよう再構築します。

米軍訓練

  • 北海道を米軍基地化させない。
  • 千歳基地への米軍移転訓練は認めない。
  • 矢臼別での移転訓練を縮小。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鉢呂経産相の辞任記者会見(要旨)

読売新聞 9月10日(土)23時1分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110910-00000791-yom-pol

より

【引用開始】

鉢呂経済産業相の10日夜の記者会見要旨は次の通り。

【辞任の経緯】野田首相に会い、大臣を辞任したいという申し出をして、首相から受理していただいた。(野田首相から辞任するよう説得されたことは)全くない。

【辞任理由】(東京電力福島第一原発の周辺自治体を)「死のまち」と表現したこと、8日夜の非公式の記者懇談で、国民の不信を抱かせるような言動があったととらえられたことの二つだ。私の一連の発言で国民、とりわけ福島県民の皆さんに多大の不信の念を抱かせた。

【「死のまち」発言】原発周辺の活発に生活をしている地域が一晩のうちに避難という形になった。県民を逆なでするような言葉だったと思うが、私の率直な見た形を表現させていただいた。やっぱりあの言葉は言うべき言葉ではないと思った。

【「ほら、放射能」発言】一つ一つの記憶がさだかでないが、(発言を聞いた記者が原発事故の)現地に行っていないということで、(現地の)厳しい状況を共有していただくという親しさを込めてそういうしぐさが出た。非公式の記者懇談という気楽さもあった。どういう言葉だったかというのは今の段階では分からない。

最終更新:9月10日(土)23時16分

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【9/11 追記】

河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり

無念の経産相、辞任

2011年09月11日 00:33

http://www.taro.org/2011/09/post-1083.php

より

【引用開始】

鉢呂経産相が辞任した。
一連の発言が失言であることは否定しない。アホといわれても仕方ない。しかし、残念だ。

鉢呂経産相は、野田総理の原子炉の新規立地はしない、耐用年数が来たものは確実に廃炉にするとの方針を着実に進めようとしていたし、それを実現するためのかなり大胆な人事を考えていた。

経産省内外の抜擢すべき人物の発掘を多方面に依頼していたし、ガンとよばれる幹部の異動も考えていたふしがある。

個人的にはかなり期待していただけに残念だ。

【引用終了】

関連記事

Tags: , , , ,

2件のコメント on 【銃弾なき暗殺=メディアスクラム】一体、いつまで我々は騙されるのか? 9/10 鉢呂経産相・辞任!■「原発推進、郵政民営化、米軍基地化」など、属国化政策に慎重な態度を表明していると、メディアスクラムに血祭りにあげられるようだ 【9/11追記】鉢呂氏は、経産省で抜擢すべき人物の発掘、ガンとよばれる幹部の異動も考えていた!

  1. Name より:

    田中文科相たたきの背後に米国の陰(JanJanBlog)
    http://www.janjanblog.com/archives/84558

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)