@jhatajinanハタ次男 より
未だに昨日夜の浦河湾地震の余震が続いているが、震度1とかM1.9とかの微震を地震Botが拾ってくるのだが、同じ現象が311の一~二週間前に岐阜で起こっている。
ほとんど震源深さ10キロか、それ以内で発生しているのも不気味だ。煽りたくないが→http://t.co/Devtc4R
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
憂いの果てに ~次男坊のアフォリズム~ ブログ(2011年3月10日付)より以下、転載します:
2011/03/10(Thu) 09:50
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011年3月9日、宮城県三陸沖を震源としたM7.3の地震が発生した。この地震により、約500キロメートル離れた場所にある都庁のエレベーターは停止し、仙台市では水道管が破裂し、60センチメートルの津波が東北地方で観測されたという。今のところ人的被害は報告されていない。
明けて10日、今日の朝方にも宮城県三陸沖を震源とした震度四の地震があった。M6.6。昨日の地震の余震と見られているが、福島県沿岸に発令されていた津波注意報は午前7時半の時点で解除された。
この昨日から今日の朝にかけて宮城県三陸沖で発生した地震は、震源深さ10㎞である。よってここに記録しておく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用者追記 参照リンク】

深度10km人工地震

http://satehate.exblog.jp/16815924/

東日本大震災人工地震 水爆とメタンハイドレート爆発説

【追記 終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【代表Column】
311東北沖地震 震源地は6ヶ所?!
5/20発表の東京大学の、311東北沖地震の解析データ
図4.を見ると、120秒(2分)の間に、6地点で地震動が発生している。
これは、ほとんど同時に、別々な6ヶ所で地震が起こったことになる!
地震の同時発生確率など、通常ありえないとされてきたことを考えると、
この311地震の挙動の異様さがよくわかる。
これを、説明するために「すべり過ぎ」という、考え(仮説?)を提示している。
ある地震動の伝播が、他の地点での、地震動発生の原因になるというのである。
ありえないことではないだろうが、ひとつの地震動で、
他の5ヶ所もの地震動を発生させた、というのはかなり無理な説明だろう。
2011/9/8   【川崎泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011/5/20

東北沖地震の二面性 — 浅部のすべり過ぎと深部の高周波震動 —

発表者  井出 哲 (東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 准教授)

http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2011/12.html

より

【引用開始】

■発表概要

東北地方太平洋沖地震の破壊プロセスを地震波の分析により解明した。 地震はプレート境界浅部では、海溝まで達する大きなすべりを引き起こし、さらにすべり過ぎることにより巨大な津波を発生させた。 一方で人が感じるような高周波の地震波(ガタガタ震動)はむしろプレート境界深部から放射された。 この奇妙な二面性は、地震発生プロセスの理解にとって重要である。

東北沖地震: 6か所

【引用終了】

以下、引用続き

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011.3.9 11:56

気象庁によると、9日午前11時45分ごろ、東北地方で震度5弱の強い地震があった。気象庁によると、震源地は三陸沖、震源の深さ約10キロ。地震の規模はマグニチュード7・2と推定される。気象庁は東北地方の太平洋沿岸で津波注意報を発令した。
この地震で、都心でも大きな揺れを観測した。
各地の震度は次の通り。
震度5弱=宮城県北部
震度4=岩手県沿岸北部、同南部、同内陸北部、同南部、宮城県南部、同中部、震度3=秋田県沿岸南部、同内陸南部、山形県村山、福島県中通り、同浜通り
津波注意報は、青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、福島県に発令された。
[転載ここまで]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10日午前6時24分ごろ、宮城県で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は牡鹿半島の東130キロで震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・6と推定される。
気象庁は福島県沿岸に津波注意報を出したが、同日午前7時半、解除したと発表した。9日に宮城県北部で震度5弱を観測した三陸沖を震源とする地震の余震とみられる。
JR東日本によると、東北・山形・秋田・上越・長野の各新幹線は平常通り運転している。
また、9日の地震の津波で養殖施設が流された岩手、宮城両県で漁協関係者らは10日、被害状況を確認するための本格的な調査を始める。
各地の震度は次の通り。 震度4=宮城県石巻市、栗原市、丸森市
震度3=仙台市、青森市、山形県天童市、福島市、茨城県石岡市、埼玉県加須市、神奈川県二宮町
[転載ここまで]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , ,

1件のコメント on 【図解と関連資料:311東北沖地震-震源地は6ヶ所あった?!】-311震災発生の“予言”を的中させたベンジャミン・フルフォ-ド氏の情報源、分析力=『向こう6日間アジア太平洋地域で地震兵器の攻撃が続く』~ベンジャミン・フルフォードの予言が本当に起こっていた!?(憂いの果てに~次男坊のアフォリズム~ブログとハタ次男tweetより転載)

  1. [...] 2・【図解と関連資料:311東北沖地震-震源地は6ヶ所あった?!】-311震災発生の“予言”を的中させた(憂いの果てに~次男坊のアフォリズム~ブログとハタ次男tweetより転載) [...]

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)