~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【書評】『あなたはお金のしくみにこうして騙されている』天野統康(徳間書店)

PJ news

PJ: 高橋 清隆

2011年02月01日 16:44 JST

http://www.pjnews.net/news/490/20110201_1

より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【抜粋 引用開始】

現在、中央銀行制度は世界的なシステムになっている。BISやIMF、国連などをつくり国際金融ネットワークを構築したのは、取り付け騒ぎを避け、支配を強固にするためだという。中央銀行は市場の「神の手」と化し、恐慌を起こすかどうかも決められる存在になった。

そのことはギリシャ危機を見れば分かる。欧州中央銀行(ECB)はギリシャ国債をどれだけ購入するかを発表した。債務の処理を決めるのは、国民や政府ではない。著者の天野氏は次のように記す。

「各国政府は総裁の選定も運営の干渉もできないので、金融政策に関して政治は何の権限もない。究極の『政金分離』である。そのECBが全ての金融政策を決めて、どこの国をどこの国を救うかも決めるのだから、ユーロ各国には民主主義など存在しなくなった。すでに政治は無力化し、金融ファシズムの金融帝国主義が完成しているのだ」

金融権力の目的は、政治を無力化し、中央銀行と金融連合がマネーの力ですべてを支配することだと指摘する。鳩山前内閣が唱えた「東アジア共同体」構想も、日本の主権を失わせる危険性があると警告する。通貨発行権の委譲も盛り込まれているからだ。

その上で著者は、「偽りの帝国」を終わらせる方策に言及している。1つは、中央銀行の独立性をなくし、完全に政府の管理下に置くこと。もう1つのやり方は、利息の付かない政府通貨を発行することである。わが国の場合、98年の日銀法改正前に戻せば政府の関与は復活する。

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 初掲載 2011/8/29

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

4件のコメント on 【世界金融システムを支配するマフィアがFRB-中央銀行である巧妙なカラクリとは?】2011/2/1中央銀行制度は世界的なシステムになって恐慌を起こすかどうかも決められる存在。通貨発行権の委譲も盛り込まれている「東アジア共同体」構想は日本の主権を失わせる!高橋 清隆【書評】『あなたはお金のしくみにこうして騙されている』天野統康(徳間書店)より

  1. Name より:

    FRBとは(聖書預言の行方)
    http://internetviking.at.webry.....cle_7.html

  2. Name より:

    ネットメディアと主権在民を考える会 10/23/11(Ustream)
    http://www.ustream.tv/embed/recorded/18051688

  3. Name より:

    11月12日に本が出版 サヨナラ!操作された「お金と民主主義」成甲書房 1,785円(天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論)
    http://ameblo.jp/amanomotoyasu.....15616.html

  4. Name より:

    【書評】『サヨナラ! 操作された「お金と民主主義」』天野統康(JanJanBlog)
    http://www.janjanblog.com/archives/86167

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)