菅首相が退陣表明へ 公債、エネ法成立受け

47Newsより

http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082601000019.html

【引用開始】

菅直人首相(64)は26日、公債発行特例法と再生エネルギー特別措置法の成立を受けて、退陣を正式に表明する。昨年夏の参院選で惨敗し、野党が参院で多数を占める「ねじれ国会」に直面。国政停滞を招いたほか、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故対応でも批判を浴び、政権は失速した。

後継を決める民主党代表選は27日告示、29日投開票で、30日にも新首相が選出される。代表選は前原誠司前外相(49)や野田佳彦財務相(54)らが出馬する見通しで、各陣営の駆け引きは一気に激化する。

2011/08/26 05:10   【共同通信】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小沢、鳩山氏が一本化調整へ 民主代表選、前原氏けん制

民主党の小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相は25日、菅直人首相の後継を決める代表選(27日告示・29日投開票)対応を協議し、党マニフェスト(政権公約)順守を重視する勢力を結集する形で候補者の一本化調整に乗り出すことで一致した。小沢氏と距離を置く党内主流派を形成した前原誠司前外相らをけん制した形。告示前の26日夜までの結論を目指す。                …    [記事全文]
2011/08/25 22:51 【共同通信】
【引用終了】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【参考資料:転載開始】
もっと知りたい ニュースの「言葉」
Kyodo Zoom公債発行特例法(2011年6月9日)赤字国債の発行に必要な法律。財政法は「国の歳出は、公債または借入金以外の歳入を財源としなければならない」と規定。赤字国債の発行を認めておらず、発行には毎年度、特例法が必要となる。1947年の財政法制定当時は赤字国債の発行を想定していなかったが、徐々に国債依存が高まり、近年は毎年、特例法を成立させてきた。
Kyodo Zoom民主党代表選(2010年9月7日)党所属国会議員、地方議員に加え、一般党員やサポーターと呼ばれる会費制有権者が参加する。411人の衆参両議員には1人2ポイントずつ与えられ、計824ポイント。2382人の地方議員票は全国集計され、計100ポイントがドント方式により、それぞれの候補に割り振られる。約34万人の党員・サポーター票は衆院の300選挙区ごとに開票され、票を多く取った候補が選挙区ごとに1ポイントずつ獲得する。各陣営は総計1222ポイントの過半数を目指して争っている。
【転載終了】

Related Posts

関連記事

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)