「森裕子を応援する有志の会」主催

森裕子「講演会・懇親パーティー」を以下、レポートします。

日時; 7月11日 (月) 17:30開場 18:00開演

場所; 都市センターホテル  6階  606会議室 (第1部) & 601宴会場 (第2部)

第1部 講演会 「森裕子の・・ここだけのハナシ」 (6階 606会議室 18:00~19:00)

第2部 懇親パーティー (6階 601宴会場 19:00~20:45)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■森ゆうこ議員 講演要旨■

父から教えられた3つの人生訓(家訓)とは?

1.バイオリンを習わない。

2.政治家にならない。

3.60歳になるまでは、人前で講演しない。人間、わかったつもりでいても、60歳になるまで、還暦を迎えるまでは何も知らない、わからないものだ。知ったかぶりをすべきでない。

でも今日の自分は、2と3の家訓を破り、今や政治家になって、皆様の前でこうして講演しておりますが。そのため、講演というと、ちょっと緊張気味であります。

(つづきは、添付の動画をごらんください。先生の講演は全体の1/4ほどです。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【動画 撮影ⓒ川崎泰彦】

【動画その1】 森ゆうこ議員 講演

 

110711 森ゆうこ議員 講演(一部) from 911enzai on Vimeo.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 以下 懇親会

【動画その2】 森ゆうこ議員 挨拶

 

110711-森ゆうこ議員 挨拶 from 911enzai on Vimeo.

【動画その3】 川内博史議員 挨拶

 

110711-川内博史議員 挨拶 from 911enzai on Vimeo.

【動画その4】 植草一秀氏 挨拶

 

110711-植草一秀氏 挨拶 from 911enzai on Vimeo.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【関連ブログ以下、紹介します:頼もしい森裕子参議院議員】

☞ http://3620065.at.webry.info/201107/article_9.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■会場Photo:撮影ⓒ山崎淑子、◇写真7のみ撮影ⓒ川崎泰彦(無断掲載禁止)。

上から順に、以下のようなキャプション付けました。

◇写真1と2は、講演中の民主党・森ゆうこ参議院議員。

◇写真3は、森ゆうこ議員を応援する民主党・川内博史議員、乾杯の音頭を取る。

◇写真4と5は、懇親会で参加者と歓談、意見交換する森ゆうこ・川内博史議員。

◇写真6は、森ゆうこ議員の乾杯、「はいっ、カンパーイ」。

◇写真7は、いつもオシャレな森議員の足元ファッション。

本日のクツは牛カーフの可憐な花柄でした。

*純白のジャケットがトレードマークの森議員、輝く白色が“レフ板”の役割を果たして光を反射し、議員の顔をますます明るく輝かせます。

◇写真8は、挨拶と情勢分析のあと、応援スピーチと政局分析される植草一秀さん。

昨年、お会いした時より、ずっとお元気そうなお声と笑顔で、力強く応援演説。

「現在、変節してしまった民主党ですが、森ゆうこ議員や川内博史議員中心に党の信頼を回復させ、再生して、本来の民主党に力を合わせて戻しましょう!」

と、本来の民主党へ還れとエールを送る。

一同、大いに笑い、愉しみ、深く頷き、士気高揚させられた植草先生の感動スピーチでした。

さすが超一流の学者さんの本領発揮!

パンチが効いた、抜群の政治分析に、応援演説というより“国民を幸福にする政策ブレイン・ストーミング”を一同拝聴といった印象の、植草先生のミニ講演でした。

◇写真9と10は、京野くみこ衆議院議員も参加されて、4人で質疑応答。

会場から寄せられる鋭い質問の数々に、笑顔で誠実に回答する3人の議員先生と植草一秀さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【植草一秀さんのブログ「知られざる真実」より以下、引用します】

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9b5d.html

【引用開始】

原発利権複合体が嫌悪する脱原発世論の拡大

2011年7月14日 (木)

7月11日、午後6時から、東京平河町の都市センターホテルで、
「森裕子を応援する有志の会」主催

森裕子「講演会・懇親パーティー」が開催された。

私も、懇親パーティーでスピーチをさせていただいた。

会の模様については、ジャーナリストの山崎淑子氏がブログで紹介くださっているので、ぜひご高覧賜りたい。

政権交代実現からまだ2年も経過していない。しかし、政権交代実現時に沸騰した民主党への熱い期待はしぼみ、国民の大多数が菅首相の一刻も早い辞任を求める情勢に転じている。

民主党が国民の支持を失った理由は、民主党の政策が国民の期待を裏切ったからではない。昨年6月に権力を不当に強奪した菅政権が、民主党本来の政策を根本から踏みにじる行動を取り続けてきたことによっている。

自民党は、この機に乗じて、菅内閣に民主党が2009年総選挙マニフェストで示した政策を全面放棄することを求め、それを条件に、赤字国債発行根拠法を成立させるなどとうそぶいている。

2009年9月の政権交代には、単なる政権交代以上の意味と意義があった。普通の国の普通の政権交代という意味だけではなく、日本政治の基本構造を刷新するとの意味が込められていたのである。

それは、米国、官僚、大資本による日本政治支配の構造を根本から刷新しようとするものだった。この政治刷新を実現するうえで、大きな課題が具体的に提示もされた。

普天間基地の県外移設、官僚天下りの根絶、企業献金の全面禁止などである。官僚利権に使われていた予算を根本的に見直し、国民生活を第一に位置付けることが具体的に示された。

この具体策こそ、子ども手当、高校授業料無償化、高速道路料金無料化、農家個別所得補償などの施策である。これらの政策方針は決して間違っていない。

「国民の生活が第一」の基本方針こそ、主権者国民が支持した政策方針である。

ところが、菅内閣は、米国の言いなりに普天間基地を辺野古に移設しようとし、官僚の天下りを温存し、大資本による政治支配の構造をまったく変えようとしていない。天下り利権を切らないから、政府支出の無駄は温存され、「国民の生活が第一」の政策を実行できない状況に追い込まれている。

菅内閣同様に、対米隷属、官僚利権温存、大資本による政治支配維持を旗印に掲げる自民党に、民主党本来の「国民の生活が第一」の基本方針を捨て去ることを強要されつつあるのだ。

昨年6月のクーデターにより、民主党の実権は、民主党内対米隷属勢力、菅-仙谷-岡田-野田-前原-枝野-玄葉-渡部の悪徳8人衆を中心とする「民主党悪党」に乗っ取られた。この「民主党悪党」が民主党の基本政策を踏みにじり、民主党への主権者国民の支持を散逸させ、民主党を破壊し、事実上の民主党の自民党化を推進しているのだ。

これが、民主党の党勢急落の理由である。国政選挙、地方選挙で、民主党は連戦連敗を続けており、このまま進めば、民主党のメルトダウンを確実な情勢だ。

事態を打開するには、まず、菅直人氏を退場させ、「民主党悪党」に乗っ取られた民主党を、「民主党正統」が掌握する状況に転換しなければならない。

菅直人氏が発表した「脱原発宣言」は基本的に正しいものだと私は考える。「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕まえる猫は良い猫だ」との考え方はある。

しかし、「森裕子議員講演会・懇親会」で話をされた民主党の川内博史議員は、
西郷南洲翁遺訓から、
「何程(なにほど)制度方法を論ずる共、其人(きじん)に非ざれば行はれ難し。」
を引用し、どんなに制度や方法を論議してもそれを説く人がりっぱな人でなければ、うまく行われないことを説かれた。

マスゴミが菅直人氏の「脱原発宣言」に対して、批判的な伝え方を示しているのは、マスゴミ自身が原子力利権複合体の一角を占めているからである。

利権複合体は、福島原発事故を踏み越えて、なし崩し的に原発推進に、世の中の駒を進めようとしているから、ストレステストも「脱原発宣言」も邪魔者でしかない。

しかし、3.11以降、世界は変わったのである。新たな時代に新たな考え方を取り入れてゆかなければ、生きてゆくことができない。

「変わらず生きてゆくには変わらねばならない」のだ。

ただ、うそつき総理、ペテン師総理では、誰も人がついてゆかない。いまからわずか3週間前、6月19日には原発安全宣言、原発再稼働要請を海江田経産相とともに唱えていた人物が、突然、脱原発を叫んでも、説得力がない。

「カナダde日本語」の美爾依さんが、
「原発推進派による菅直人バッシングが始まった」
と題する記事を掲載された。

①菅直人氏が人間として信頼できないこと
②原発推進勢力である利権複合体は脱原発攻撃を続けていること
③しかし、「脱原発」の方針は正しいこと

の三つが入り組んでいるから、この三つを頭の中で、しっかりと区別して考える、「考える力」が大切だと思う。

川内博史氏が指摘するように、「脱原発」は新たな指導者が誘導するべきことがらであるが、菅直人氏への評価と、「脱原発」への評価とは、明確に区別することが必要である。

【引用終了】

 

 

 

 

 

 

Related Posts

関連記事

1件のコメント on 2011/7/11森ゆうこ議員講演【動画(一部) と写真】 「森裕子を応援する有志の会」主催の講演会を報告します。末尾に、ゲスト講演された植草一秀先生のブログを引用(転載)

  1. Name より:

    頼もしい森裕子参議院議員(高橋敏男のブログ)
    http://3620065.at.webry.info/201107/article_9.html

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)