20110617参議院震災復興特別委員会 福島みずほ(社民)

事故の原因:IAEAへの報告でも、政府は、現在までのところ地震による大きな損壊は確認されていないが、詳細な状況についてはまだ不明であり、さらなる調査が必要であるといって、地震によって何が起きたかについてはわからないと言っているんですよ。」


 

さんが 2011/06/17 にアップロード

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011/6/20 「あっしら」さん:事故で最大の“風評”は「津波原因説」:『政府公式見解』は「原因不明」!:それでも原発を再稼働させようとする狂気
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/142.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 6 月 20 日 06:27:43: Mo7ApAlflbQ6s

より

【引用開始】

「事故の原因が不明」というのでは、この間やらせてきた政府の対策自体が“ハズレ”で、事故の抑制にほとんど意味を持たない可能性もあるわけだから、このまま停止中の原発を再開させるなんて、福島の事故を踏まえると狂気の持ち主以外できないことだ。
参議院でまだ議事録が掲載されていないのでぶつぶつ言いながら書きとったものを末尾に掲載するが、「事故原因不明」の部分をまず抽出して紹介する。
班目委員長の関連発言:
「事故原因の究明についてはまだ時間がかかると思います。」

(福島さんの引用)「班目さんは、衆議院のこの特別委員会において、事故原因をしっかり究明してやらなければ、これについては事故の事実関係すらはっきりしないということもあって、スケジュールまでちょっと申し上げられないと言っています」

「事故原因が究明されたらば、それは、当然、指針に反映されなければならない。したがって、指針の改定と並行して事故原因の反映も行っていきたい。」
海江田経産大臣の関連発言:
「そのうえで、現在、とくに、津波による全電源喪失というものが直接的な原因であったということは明らかであります。直接的でございます。これは。」

(保安院を管掌する経産大臣だけあって、ただ一人、必死に津波説を取り上げているが、わざわざ、津波が原因であるとは言い切れないニュアンスの補足をしている)
菅首相の関連発言:
「まあ、今回の事故で全電源が落ちたこと。そして、それを本来ならカバーすべきディーゼルが動かなかったこと。津波で動かなかったこと。また今ご指摘のように地震そのもので、どの部分が大丈夫であったか、あるいは、どの部分に損傷があったのかということは、その後の津波の影響ではっきりとしない状況にあることなど、非常にそういった意味で、今回の検証はまだまだこれから本格的に始まると、このように理解しております。」
(内閣総理大臣が「地震瓦解」の可能性を指摘しているのは実に重いことである。「津波原因説」は誰がふりまいているのか知らないが、なんの根拠もないまま伝播しているウソだということになる。これこそが最大の“風評被害”であろう)
福島党首の事故原因をめぐる発言:
「IAEAに対する日本の報告でも、地震によって何が起きたかまだわからないという状況です。私は、地震によってもかなり配管が壊れたのではないかと思っています。班目委員長、しっかり事故原因の究明をしないかぎり、まっとうな安全設計指針はできないということでよろしいですね?」

「IAEAへの報告でも、政府は、現在までのところ地震による大きな損壊は確認されていないが、詳細な状況についてはまだ不明であり、さらなる調査が必要であるといって、地震によって何が起きたかについてはわからないと言っているんですよ。」
(福島さんの「地震によってもかなり配管が壊れたのではないか」という発言に、上述の3人は誰も何も反応していない。そんなことはないとは言えない事故情報を持っていることを示唆する)
このように、海江田大臣の発言以外、「津波原因説」と思しきものはないのである。
海江田発言も、慎重に言葉を選びながら、津波原因説を語っている。

【引用終了】

Related Posts

関連記事

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)