Yutaka Sakamoto 坂本豊 さんのtwitterより

yutaka444 Yutaka Sakamoto 坂本豊 

(愛知県):2011/06/19(日) 23:14:19友人が群馬の病院の放射線技士。最近、肺の多くのレントゲンに、小さいプツプツがたくさん写ることが多いって。機械の故障かと思っていたらしいが、他の友達の放射線技士に話したら、どうやら、あちこちで同じ現象が起きているらしい・・・。

6月21日

yutaka444 Yutaka Sakamoto 坂本豊 

関東地方の医療関係者の間で話題になっている“怪現象”。今月15日以降、X線画像診断システム(FCR)の画像全体に、小さな黒い点々が写り込んでいるという報告が相次いでいる。その正体は、福島第1原発から大気中に放出された放射性物質とみられる。zakzak.co.jp/society/domest…

6月21日

yutaka444 Yutaka Sakamoto 坂本豊 

2011/06/20(月) 00:37:21 >>687 勤務先の病院でも聞いたよ@関東の某県。肺かどうかは聞いてないけどプツプツ写ってるって。怖い。

6月21日

—————————————————————————————-

「累積放射能」の恐怖は X線画像に怪現象…一目瞭然の異常値

2011.03.30

ZAKZAK.News

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110330/dms1103301624019-n1.htm

より

【抜粋 引用開始】

 首都圏のイヤな放射能蓄積データは、これだけではない。

・・・

 関東地方の医療関係者の間で話題になっている“怪現象”もそのひとつ。今月15日以降、X線画像診断システム(FCR)の画像全体に、小さな黒い点々が写り込んでいるという報告が相次いでいるのだ。その正体は、福島第1原発から大気中に放出された放射性物質とみられる。“見えない恐怖”の放射能が、目に見える形で姿を現した格好だ。

 撮影機を製造する富士フイルムメディカルシステム事業部は、「報告が急増した時期や、報告があった医療機関の所在地などの状況証拠から、黒点は福島原発から放たれた放射性物質とみて間違いないでしょう。黒点は画像全体にランダムに広がっており、装置の使用前に付着物を電気的な信号によって消去し、クリーニング処理する必要があります」と話す。
・・・

 この現象について元国立がんセンター放射線研究部長の田ノ岡宏・日本放射線影響学会非常勤理事は、「関東の大気がやっぱり汚染されていたという事実が、より鋭敏に立証された」と話す。
【引用終了】

Related Posts

関連記事

Tags: , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)