東日本大震災:宮城で早期検知 新幹線、減速し無事停車

毎日新聞 2011年5月20日 2時30分(最終更新 5月20日 2時44分)

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110520k0000m040138000c.html

より

【抜粋 引用開始】

東日本大震災発生当時の東北新幹線運行状況

  JR東によると、宮城県石巻市の金華山地震計が午後2時47分3秒に120ガルを超える地震の主要動(S波)を観測し、震源域や地震規模の情報を沿線にある各変電所の地震計に送信した。・・・

 ・・・激震に見舞われた仙台市近辺を時速265キロで走っていた「やまびこ61号」は大きな揺れが来る9秒前に緊急停止を始め、速度(時速)が30キロ以上ダウンした。

 また、福島県郡山市周辺を270キロで運転中の「やまびこ63号」は70秒前に非常ブレーキがかかり、約170キロ減速。揺れの加速度が690ガルだった同県二本松市近郊を走行中の「はやて26号」は270キロから150キロ台にスピードが落ちたとみられるという。

 沿線で観測した最大加速度は、くりこま高原(宮城県)-一ノ関(岩手県)間の新有壁地震計(宮城県栗原市)の1278.7ガルで、針が振り切れて計測不能になっていた。

 JR東日本は「最初に来るP波(初期微動)が微弱で、地震計が捕捉できなかった可能性が高く、地震の発生メカニズムや規模が想定をはるかに超えていたと思われる。強い揺れが断続的に襲って来る前にS波を検知できたのが奏功した」と分析し、詳しい鑑定を専門家に依頼している。【斎藤正利】

関連記事

2件のコメント on 2011/5/20 毎日新聞: 311に新幹線、宮城でS波検知、無事停車

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)