被災者の生活保護打ち切り相次ぐ 避難所生活など理由

2011/06/04 16:44   【共同通信】より

【引用開始】

東日本大震災で被害が大きかった宮城、福島両県で、生活保護受給中の被災者に対し、避難所生活で住居費がかからないことや、義援金を受け取ったことを理由にした保護の廃止や停止が相次ぎ、少なくとも7例あることが両県の弁護士会や生活支援団体への取材で4日、分かった。

【引用終了】

全文を読む☞ http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060401000530.html

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)