衆議院議員 京野きみこ

kyonokimiko

のtweet より、引用します。

http://twilog.org/kyonokimiko/date-110531/asc

2011年05月31日(火) より、

【引用開始】

————————————————————————————-

掛かっていても反対です。RT“@sansaku: @kyonokimiko 明日の法務委員会で、コンピュータ監視法案が可決されないか心配なさっている弁護士さんがいらっしゃいますが党議拘束かかってますか? http://t.co/Aa922Kn @crusing21

posted at 07:41:06

余計なご心配をお掛けしてすみません。とても嬉しく拝見しました。RT“@matsu2616: @kyonokimiko 秋田3区の住人です。大変な激務でしょうが、くれぐれもご自愛下さい。”

posted at 07:42:09

@tokidokiparis 来ないかも知れませんね。後世に、むしろ事故の深刻さを記録する写真として、使われる可能性もありますね。一般市民には、十分な情報開示がなく、一部の政治家だけは、事態を正確に把握していたというキャプションつきで。

posted at 07:57:01

@yonathan0122 委員会では、採決に際し、退席しました。本会議場では、起立採決でしたので、座ったままで反対しました。反対者の民主党員は、皆、退席しました。

posted at 13:42:05

委員会退席、本会議で反対したRT“@yonathan0122: 京野公子代議士@kyonokimiko は、本日(7:41AM)ツイートした反対表明をいとも簡単に翻した。「嘘つき野郎」 RT @crusing21: 本日、午前コンピュータ監視法案が可決された。全員が賛成した。”

posted at 13:46:10

@tutinoue 委員会退席は、相原しのさん、橘秀徳さん、私、本会議退席は、橘さん、反対は、相原さんと私だと思います。

posted at 13:51:55

ブログで、コンピューター監視法案の採決に際して取った行動を簡単に説明しました。http://t.co/90x3BYh

posted at 17:03:57

現在の執行部、総理とその側近にそのような体質があるのでは、と危惧しております。RT“@takeiteasyya: 戦前のような統制社会・翼賛社会になることを心配しています。民主党の体質としてそういう傾向があるなら、もう支持はしません”

posted at 20:42:59

理念なき政権運営と権力の座を守る事が目的化しているから、個々の法案にチェックが利かないのでは?RT“なんで劣化自民党みたいな法案がでてくるんだ?これ民主党が野党だったら間違い無く全力で反対してるだろ。賛成してる議員の人は教えてくれないかね?君ら自民と何が違うの?”

posted at 21:05:22

恐怖という強いお言葉を批判する気になりません。執行部に私が日々感じるのも、そうした恐怖感です。RT“@Kamio: @kyonokimiko @takeiteasyya 今の民主党にはガッカリというか、恐怖を感じている。”

posted at 21:07:20

【引用終了】

————————————————————————————-

衆議院議員 京野きみこ のブログ

ハム’ず ひとりごと

http://yaplog.jp/galinaisno1/archive/1451

法務委員会採決

May 31 [Tue], 2011, 16:56 より、

【引用開始】

————————————————————————————-

情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案(別名コンピューター監視法案)の採決が、本日午前11時45分頃に行われた。

私は、この法案には反対の立場だった。

反対をするには、二つの方法がある。
起立採決に際して、座っていること。
採決の場から、退席すること。

私は、委員会では、退席を選び、本会議場では、起立採決の際に座っていることを選び、どちらも反対の意思を表明した。

与党は、委員会で反対の場合は、差替えと言って、代わりの議員に出席を頼み、その方に賛成してもらう方法を取る事が一般的だという事だ。
私の代わりに出席して、賛成されても困るので、最後まで出席し、採決の際に、退席をして反対の意思を表明する事を選んだ。
他の反対者も退席したため、採決は残った方だけで行い、その結果が、全員起立、賛成、という結果。
その結果が全員賛成として伝えられて、誤解を生んだようだ。

委員会の採決に際して、なぜ、退席で意思表明をしたかという点について書く。

自分も直前の国会まで理事をやっていたので、筆頭理事が野党との折衝に難儀をしている姿を何度も見た事。
その経験上、今回、委員会で反対して、今後の委員会審議で民主党攻撃の材料を与えることになったら、心苦しい、と考えた事。
それで、退席を選択した。

ツイッターやメールでご意見を頂戴した方々には、委員会審議入りした時点で、賛成多数で、この法案は通ってしまう、と悲観的見通しをお伝えした。
そもそも野党側が全員賛成なのだから。(法務委員会には、社民党、共産党が入っていない)
こういう法案は、民主党の部門会議で潰さない限り、衆院では阻止出来ない。

 

————————————————————————————-

【引用終了】

関連記事

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)