放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)報告

福島原子力発電所事故から66日後の北西放射能降下区域住民の予測外部被曝線量評価
――住民避難対策のインパクト――

☞ http://www.greenaction-japan.org/modules/wordpress/index.php?p=504

【引用開始】

@HoshikawaJun 星川 淳

仏政府寄りのIRSN(放射線防護・原子力安全研究所)、福島第一から半径20kmの避難区域外でも累積被曝線量が200mSvを超え、7万人(計画的避難区域の1万500人を含む)の避難が必要になる可能性を予測。
内9,500人が0~14歳の年少者。
【引用終了】

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)