2011/5/19 孫崎享氏 Tweet

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110519/asc

より

戦略論:昨日総務省系機関主催で講演。主たる論点3つ。一つはマクナマラ戦略の説明。日本人は、戦略的思考に欠けるというのは世界的に定評ある所。では戦略的思考とはどの過程をとるか。その中、マクナマラのチャート有効。外部環境の把握、自己の能力把握をし、複数の戦略的案を作製し、比較しながら

posted at 08:05:54

———————————————————————————————————

戦略論2:検討する流れを説明。次ぎに戦略とは何かの根本:人、組織が死活的に重要だと思うことに目標を明確に認識する。そしてその実現の道筋を考える。相手の動きに応じ自分に最適な道を選択する 。この中「相手の動きに応じ、自分に最適な道を選択する」。戦略というと相手の力、動きと関係なく、

posted at 08:06:08

———————————————————————————————————

戦略論3:これが「我が国の戦略」と言う人いる。これは違う。最適な戦略は「相手の動きに応じ考えること」。理論化は「ナッシュ均衡」【ノーベル賞受賞】最重要な点は「各プレ全員が取り合う戦略のプレーヤーがゲームで選択する最良の選択は個人が独立して決められるのではなくプレーヤーの組み合わせでposted at 08:06:26

———————————————————————————————————

戦略論4:として決定される」。第3点は孫子理論の素晴らしさ。ナッシュの均衡等の考え方、孫子の中に存在。十なれば、則ちこれを囲み、五なれば、則ちこれを攻め、倍すれば、則ちこれを分かち、敵すれば、則ちよくこれと戦い、少なければ、則ちよくこれを逃れ、若からざれば、則ちよくこれを避く。

posted at 08:06:49

———————————————————————————————————

戦略論5:後パーティー。松本英昭元次官、「自分達はマクナマラ戦略を勉強し、 戦略比較をすべきだと学んだ」と述べられびっくり。一時日本で流行していたとのこと。今一人は「総務省は入省すると直ぐに地方に出す、現場に接する、従って霞ヶ関で上から目線で考えるのを是正している」との話。

posted at 08:07:23

———————————————————————————————————

原発:19日東京新聞「首相定期検査で運転停止中原発は”安全性が確認なら稼働を認めていく”と明言。福島原発事故は従来の基準、従来の承認主体【保安院等)が安全性で信頼出来ないこと明示。この旧来の基準、旧来の機関でのOK何ら安全の補償にならず。事故後の承認過程の変化の有無明確にすべし

posted at 08:16:57

関連記事

Tags: , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)