110315~30    孫崎享氏の 311原発事故 に関するtweetsより

tweets on Nuclear Disaster by magosaki_ukeru

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110315/asc

2011年03月15日(火)

———————————————————————————————————

原子力:海外、日本国民全体の落ち着きなど対応に感心する中、東電関連、当事者能力あるのか疑わしい動き。とくに原子力。昨夜は早く東京から逃げなさいと電話がくるまでに。様々な情報飛びかう。残念ながら私は判断能力なし。結局流言だったよと笑い飛ばせる事態を祈る。

posted at 00:42:15

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110316/asc

2011年03月16日(水)

———————————————————————————————————

原子力、外国人動向:15日AP:米海軍、船舶の一部を東日本から西日本に移動。オーストリア大使館(国際原子力機関を有す)は大使館を東京から大阪に移動、ルフトハンザは発着を東京から多都市に移動、米国、自国民に訪日延期を勧告。

posted at 09:21:24

———————————————————————————————————

原子力1:海外情報の判断。基本的にはすでにチェルノブルに次ぐ大惨事であり、発電所周辺の放射能は明確に人体に害を与えるレベルを超えている。問題は今後の動向。依然事態が悪化する可能性を内蔵している。(1)冷却継続できるか否か。すでに、周辺は人体に支障を与える放射能存在、炉内で 

posted at 09:56:05

———————————————————————————————————

原子力2:2500度超えればメルトダウンを起こす。2号機ではすでに一部メルトダウンを起こしている模様、(3)使用済み燃料が各々の機に保存されている、(4)チェルノブル・クラスには発展しないが一段の悪化は想定、(5)情報提供が不十分、したがって客観的情勢判断できない

posted at 10:00:35

———————————————————————————————————

15日ウオールストリートジャーナル、「原子炉(制御の)戦いで後退」の標題。 4号機の動向等で、福島第一原子力発電所の災害は制御からはるかに離れた状況。炉は放射能を放出中。更に新たな問題。使用済み核燃料の処理。ここでも温度上昇等 .1,3号機制御中(この時点)。2号機の制御は不明

posted at 11:02:09

———————————————————————————————————

読売16日:米民間機関ISISは原発事故でIAEA国際原子力事象評価尺度のレベル6または7に相当と発表。4-事業所外への大きなリスクを伴わない、5-事業所外へリスクを伴う、6-大事故、7-深刻な事故。12日の段階では我が国の原子力安全保安院は4と評価、仏原子力安全局長は6

posted at 11:25:55

———————————————————————————————————

原子力:スポーツ新聞も頼り:16日日刊スポーツ「中性子吸収し、再臨界防止 ホウ酸散布」4号機の使用済み核燃料に対するホウ酸散布は、燃料が連続的に核分裂する臨界状態が再び起きるのを防止する目的。原子炉内に比べ使用済み燃料プールは臨界防止設備が十分でなく投入の追加措置が必要。 

posted at 12:18:18

———————————————————————————————————

原子力:米軍動向:15日星条旗新聞、厚木、タウンホール集会での大佐説明1:避難命令は現実にはないと思う2;ある時は国務省より。3:その際は病人、非戦闘員の順。4:屋外での活動控えるようにという勧告は依然有効

posted at 12:45:34

———————————————————————————————————

東京の住民へ。どうなっているか解らない。政府は影響を恐れて言わない。しかし米軍が厚木の居住者にすら、屋外活動控えるように勧告しているのは根拠なしでないだろう。自らの健康は自ら判断する時。残念ながらここでは日本政府より米軍情報を信頼して屋外活動を控えよう。

posted at 12:59:10

———————————————————————————————————

16日毎日:(1)文科省は住民の健康被害で「官房長官からコメントするなと指示があった」と説明(2)第1原発から20キロ離れた浪江町の放射線量が1時間当たり255~330マイクロシーベルト。(3)文科省;一般人年間被ばく限度は1000マイクロシーベルト、同町屋外で3時間前後で限度値

posted at 14:49:13

———————————————————————————————————

16日時事:文部科学省は15日放射線量1時間当たり東京は0.809マイクロシーベルト。とすると16日毎日の文科省;一般人年間被ばく限度は1000マイクロシーベルトが正しいとすると極めて危険な水準にきていそう。解説出来る人の回答お願いします

posted at 15:06:43

———————————————————————————————————

dai_dereg: 1年間は8,760時間(24×365)、0.809μSv/hが全く変化しなければ、年間被曝量は0.809×8,760=7,087μSv、基準値を超え。きわめて危険というほどではありませんが.問題はこの水準がいつまで続くか.1月で収束すれば超えません。 .

posted at 15:36:07

———————————————————————————————————

原子力放射線:一つのデータ:300万マイクロシーベルト 全身被曝(半数が死亡) 100万マイクロシーベルト 全身被曝(10%の人が悪心嘔吐) 50万マイクロシーベルト 全身被曝(抹消血中のリンパ球減少) 40万マイクロシーベルト 福島第一原発事故での1時間当たり最大値★  

posted at 16:58:26

———————————————————————————————————

放射線2:20万マイクロシーベルト 全身被曝(これ以下では臨床なし) 6900マイクロシーベルト 胸部CTスキャン1回 2400マイクロシーベルト 世界平均の一人当たり年間自然放射線量 1000マイクロシーベルト 日本の一般公衆(医療以外)の年間限度★  

posted at 16:59:44

———————————————————————————————————

放射線3:600マイクロシーベルト 胃のレントゲン1回 190マイクロシーベルト 旅客機による東京~NY往復1回 50マイクロシーベルト 胸部レントゲン1回 5マイクロシーベルト 原発異常事態の1時間当たり基準(10条通報基準・屋内退避基準)★  1,7マイクロシーベルト  

posted at 17:02:30

———————————————————————————————————

放射線4:←埼玉は今この辺 0,8マイクロシーベルト ←東京は今この辺 0.05マイクロシーベルト 原発通常時の周辺地域の1時間当たり線量★ CTスキャン1回あびると約7000マイクロシーベルト(以上在米日本人科学者よりの資料提供です。有難うございました)

posted at 17:04:44

———————————————————————————————————

ueharams 巨大ブラント設計をやっていたOBの目からみると、高放射線濃度下の作業での大量注水と電源確保の効果的な短期工法はいくらでも提案できます。はがゆくてしかたないです。誠に。産業全部がやられたわけでないのに!

posted at 17:46:42

———————————————————————————————————

原子力1:政府20KM外、安全と説明。危険は本当に自分で考える時期。次の2つを重ね合わせて判断してください。(1)許容上限の50ミリシーベルトを大幅に超えたことから自衛隊ヘリ作戦中止(16日NHKニュース)2:森口文科審議官「一般的に距離が離れれば放射線量は減る、風の流れ等で

posted at 21:13:17

———————————————————————————————————

原子力2:必ずしも距離と線量の関係は一致しない」と説明した。健康への影響は「コメントしないようにと首相官邸から指示を受けている」とした(16日47news)。(3)米地震救援艦船位置を状況みて変える。」上記報道中森口文科審議官発言には十分留意すべし。

posted at 21:22:18

———————————————————————————————————

原子力:途中で読むのをやめたくなった。本当なのか。taishi75 これを読んで下さい http://bit.ly/i9vNqh

posted at 21:39:28

———————————————————————————————————

原子力taishi75の反応(1) 広瀬隆の話はまっすぐ受け止めない方がいい(2)バイアスが掛かっている気はするけど、必読の情報か(3)科学的合理性がある(4)孫崎さん 怖かったら逃げればいいんですよ どうせ逃げても関東が壊滅的になれば日本はほぼ壊滅状態でしょうから、海外が良い

posted at 21:52:34

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110317/asc

2011年03月17日(木)

———————————————————————————————————

原子力1:、米軍日本政府以上の措置採用。米国,事態を深刻に受け止めている。残念ながら日本市民、日本政府より米国政府の対応を見た方が良い。事態は予断を許さない。16日星条旗新聞「ペンタゴン(国防総省)福島の核の最悪事態に備える」:現在悪化しつつある事態が最悪のメルトダウンの

posted at 08:56:22

———————————————————————————————————

原子力2:メルトダウンのシナリオに進むなら8万6千名の米軍関係者を含め、前例のない原子力災害に遭遇することとなる。ペンタゴンは日本政府の設定より広範な原発周辺50マイル(80KM)の立ち入り禁止地域を設定した。 米国大使館は米国市民に対して50マイル内からの非難を勧告した。

posted at 08:59:58

———————————————————————————————————

原子力3;80マイル内で働くものに対してpotassium iodide錠を取ることを助言した。国防総省スポークスマン、ラパン大佐は「我々はあらゆる事態の対応に訓練している。我々はどう測定し、どう対応するか知っている」と述べた。今何人かの専門家は福島はチェルノブルに相当と判断。 

posted at 09:13:45

———————————————————————————————————

原子力4:今事態はcore-on-the-floor(燃料が燃え続け、内部の水蒸気で爆発し放射線ガス放出、ーこの部分訳に自信なしーの事態に接近。例なし。専門家は現実化懸念。メルトダウンを研究のBergeron は事態はcore-on-the-floorに近付いていると判断

posted at 09:25:09

———————————————————————————————————

我々安穏と出来ない緊急事態に突入。日本、今国家存亡の危機と言える状況。冷却継続できなければ東京居住出来ない可能性あり。冷却早期かつ継続実施しないと事態計り知れない結果を。管総理。秒を争い措置をとる必要あり。TVも深刻さ即報道すべし

posted at 09:34:26

———————————————————————————————————

原子力5:この状況下12マイル内、やけど、他の放射線障害に。数百キロ離れた米軍基地の措置必要。爆発起これば放射線物質空中へ。Bergeronは福島はチェルノブルより悪化の可能性ありと判断。チェルノブルのケース、大量の放射線物質が数百マイル離れた所にも。その際米軍基地にも影響。

posted at 09:52:42

———————————————————————————————————

原子力6:その際potassium iodide、 Prussian blueの配布必要。現状でも米軍基地で放射線物質観測。厚木で20 millirems。50 cumulative mで健康に警戒。50 to 500 mで四千人に一人癌死亡、500mで四百人に一人発生。  

posted at 09:58:58

———————————————————————————————————

一大学教授より:妻と下の娘と3人で今日名古屋に移動。土曜日に東南アジアに向います。研究目的の海外渡航願いを提出してきました。内外からの情報と外国の外交官と外資系企業ネットワークからの情報を集約分析)した結論でした。

posted at 10:12:50

———————————————————————————————————

原子力:「孫崎さんだけどこか行って下さい」等批判到来。しかし考えてみてください。米国の方が原子力を研究している。その頂点に米軍。その関連の星条旗新聞の情報よりも批判される皆さんが専門的知識で優っていると言えますか。言えるなら批判して結構。批判する人、星条旗新聞内容真剣に考慮下さい

posted at 10:23:09

———————————————————————————————————

原子力1、米国動向1:16日国務省ブリーフィング。問い:国務省は発電所周辺の米国人に対して避難するよう勧告を出しました。なぜ今か、答え:貴方は米国大使により発出された勧告を見ています。我々は米国の核管理委員会のガイドラインに従い情勢を監視している。我々は現在発電所から50マイル、

posted at 10:55:18

———————————————————————————————————

原子力2:つまり80KM内の米国人に避難を勧告した。これは我々の情勢判断に基づき実施したもの。同様状況が米国内で生じても同じようにする。問い:東京は夜中。なぜ、答え:時間にかかわらず実施する、問い:以前米軍艦船には50マイル指示あり。しかし陸では日本政府と対応で軌を一にしていた。

posted at 11:01:37

———————————————————————————————————

原子力3:今どうして態度を変えたのか。答え;情勢は流動的である。専門家の判断に基づいている。この勧告は同じ状況が米国に生じたとしても同様にする。問い:以前米国政府は情勢管理において日本政府の対応に信頼を持っていると述べてきた。今度の米国勧告は日本政府が国民に述べているものと異なる

posted at 11:08:42

———————————————————————————————————

原子力4:日本政府は依然20kmとしているが今回の80kmは4倍である。貴方は日本政府の対応に自信を持てるのか。なぜこの数字の違いがあるのか、答え:貴方は正しい。我々は日本政府に信頼を持ってきた。これは日本政府の判断ではない。これは同じ状況が米国に生じた時に米国が自国民に行う

posted at 11:14:54

———————————————————————————————————

原子力5:ことに基づいている。したがって我々は日本にいる米国民に同じ勧告を行うことを強いられている。問い;日本政府から情報を得ているか、答え:日本は今様々の災難の下にある。したがって確たる情報がえられないのは自然である。問い:被害地から米国民の脱出計画はあるか。公的滞在を引上る

posted at 11:24:32

———————————————————————————————————

原子力6:ことはあるか、答え:我々は被災地(注:原子力関連を含んでいる)からの輸送手段に対して他政府(複数)と調整している。米国大使館は適宜情報をだすのでこれに留意してほしい。我々はあらゆる可能性を検討している。問い:幾つかの大使館は東京からの避難勧告をしたが米は。答え:しない

posted at 11:34:33

———————————————————————————————————

重要。米国が自国に適用する基準に基づけば、避難勧告は20KMではなく、80KMであるということ。米国は現在の日本政府の処理に以前のように信頼を置いていないこと。これが国務省ブリーフィングで明確になっている

posted at 11:38:00

———————————————————————————————————

azumi_tetsuhiko「米国は日本を守らないと言ってきた孫崎さん、今、日本ができることを発信すべき」。相手に文句付けるなら最低限相手の発言読んで下さい [冷却早期かつ継続実施しないと事態計り知れない結果を。管総理。秒を争い措置をとる必要あり。TVも深刻さ即報道すべし}

posted at 12:23:18

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

今全力で行うのは冷却。これにむかいどれ位実施しているかが問われている。官邸が移動していないこと、危機への対応で何の意味もないでしょう。azumi_tetsuhiko その通りです。日本政府はできる限りのことをしているのではないでしょうか。皇居も官邸機能も移動していません。

posted at 12:37:52

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力・危険性:17日星条旗新聞:米陸軍の危険度:単位ミリレム(注10マイクロシーベルト=1ミリレム)、cumulative(累積)量に対し癌死者一名が出る集団の人数。50m以下ーなし、50-5百m:4千に一人、5百-5千:4百、五千ー一万:2百名、1-2.5万ー80名に一人、

posted at 13:55:42

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

折木統幕議長談話;現場志気高い。任務実施。」自衛隊、警察庁に感謝。決して安易な任務でない。個人の健康にマイナスの可能性。その中、「志気高い」という言葉重大な意味。現在日本で多くの組織が精神面で崩壊している中、よくこの水準を保てたと思う。組織の一端に関与した人間として誇りに思う。

posted at 17:05:46

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

米軍家族避難:17日星条旗新聞:東京地域の海軍基地は木曜日にも家族の自主的避難を開始する。バスで厚木基地及び成田に向かいここから韓国へ。避難は放射線への懸念の中実施。海軍は一日1万人輸送可能。追加確保できれば1万8千人可能。避難は本日オバマ大統領の承認得る。海軍極東施設司令官は

posted at 17:40:07

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

米軍家族避難2:この措置は賢明な先取り措置とeメールで説明。木曜日米軍学校生徒は解放される。空母ジョージワシントンのヘリコプターは三沢に移されている。

posted at 17:46:34

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

(戦時。何が誇りか)放水なしなら温度上がり爆発の危機。米国人逃げ。放水作業はすでに放射能危機を超えている状況。本来東電処理すべし。東電逃げる。自衛隊がこの任務を行わなかった事態を考え、素直に評価したらどうでしょう。自衛隊のあり方については私も意見はありますが、今回業績認めたら。

posted at 19:00:40

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

英国大使館は東京脱出を勧告。大使館ブログ:英国外務省は不可欠なものを除き東京への旅行をしないよう勧告する。この地の英国人は脱出を考えるべきである。

posted at 20:37:13

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

米国大使館(ブログ)東京関連:16日ケネディ国務次官「情勢は極めて深刻である。国務省は北東日本にいる米国人の住所移動を含め適切な措置を取ることを勧告する。(米国は大使館の家族に対して北東日本からの自発的脱出を勧告しているが東京を含むかの問いに対し)東京を含む。

posted at 20:57:13

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 (英国大使館の勧告を伝えて、あなたは日本国民にどうすればよいと訴えているのですか。お考えがよく分かりません) 我々は事態はここまで緊迫しているという認識を持つ必要があるということです。その認識ありましたか。冷却用放水の実施と継続はそれだけ重要な任務です。この認識共有で政策出る

posted at 21:07:49

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

防衛大教え子より:自分の隊消防車が原発に向かっていきました。 10万人体制の災害派遣。非常に大変ですが、滅多にない機会です。避難民のためにできることを考えながら、災害派遣のひとつの歯車として活動できればと思います。自衛官、士気は高いですよ。

posted at 23:36:51

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110318/asc

2011年03月18日(金)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

18日読売:放水に「一定の効果あった」…東電が会見:全体どうだったのだろう。「我々の不始末で自衛隊には大変厳しい任務を与え申し訳なく思っている。心からお詫びと同時に感謝を述べたい」と言ったのか。この報道をみると「一定の効果あった」と何様のつもりで発言。本来貴方の社の仕事でしょう。

posted at 01:18:11

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

18日bloombergu独、駐日大使館を一時的に大阪に移転ー「予防的な措置」 :米英独仏皆、措置。何らかの形で脱東京。深刻に見るべし。予防的措置とは今後の惨事予測。それだけ日本側の発電所の処理に不安。これが客観情勢。総理、事態の深刻さを述べ、警察庁と自衛隊に出かけお願い位して

posted at 01:58:31

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力:米国等の認識状況:・17日WP :ジャッコ原子力規制委員会 長ホワイトハウスで日本原子力問題でブリーフィング。(自衛隊放水後)制御不能の事態になるかどうかは不明。アンドリューIAEA顧問:極めて深刻な情勢は継続。昨日から深刻な悪化なし。

posted at 09:40:27

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力、米側設定避難区域:米国は50マイル(80KM)の外からの避難を勧告しているが、17日星条旗新聞はこの範囲(80km)内では体に1レム、甲状腺に5レムを超える可能性があると報道

posted at 10:01:28

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

17日付星条旗新聞:16日現在地図掲載。極めて深刻。0.5マイル内5400レム(1,2週間で死)、1M内ー1500R(同上)、1.5M内ー670R(2か月で死の可能性)、2M内ー390R(口、喉から吐血)、3M内ー180R(同上)、5M内ー75R(脱毛)、10M内ー14(ママ)

posted at 10:17:43

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力、避難2;10M内(以下訂正)ー14R(吐き気、吐く)15M内ー15R(同上)、20M内ー13R(同上)、30M内ー11R(同上)、40M内ー10R(血の化学chemistry変化),50Mー内10R(同上)、50Mの外のデータはないが、30,40,50M変化小その後も小?

posted at 10:31:57

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

都健康安全研究センター:都内の環境放射線測定結果:測定場所:新宿区百人町:18日 09:00~09:59 最大0.0506μGy/h(マイクログレイ/時間)、1グレイは1シーベルトに換算、説明:現時点においては健康に影響を与える数値ではありませんので、ご安心ください。 

posted at 11:26:05

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

喜んぶべきか、がっかりすべきか?日本の対応に当事者能力なかったのは間違いない。18日読売、米軍450人放射線事故専門部隊、日本へ派遣へ、状況改善しないまま長期化したり、高濃度の放射能が拡散する大事故が発生したりする場合を想定し、どのような部隊が必要かを判断するとみられる」

posted at 11:44:12

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊放水開始、がんばれ自衛隊。危険を考えると目が潤む。

posted at 14:20:40

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

朝日18日、安全保安院、事故を国際原子力事象評価尺度評価で、米国スリーマイル島事故と並ぶレベル5に。日本流「国際評価」。福島とスリーマイル島とは全く異なる。後者周辺への危険ほとんどなし。福島、米国は自国基準で50マイルまで避難勧告すべきとみて数字公表。実害は政府信ずる周辺住民へ

posted at 18:54:08

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

18日朝日:「英雄フクシマ50」欧米メディア、原発の作業員ら称賛、」私はとてもそんな気になれない。東京電力はどれだけ今次当事者としての責任を幹部が示したか。日本社会で作業員は現場から離脱出来ない。会社はその上で安穏としている。彼らは多分命を縮める。朝日はこの構図に気付かないのか。

posted at 23:54:19

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110319/asc

2011年03月19日(土)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊1;自衛隊が日本を救ったかも知れない。今週外国人の東京脱出は凄まじい勢いだった。14日仏政府が在京フランス人の東京脱出を勧告したのを契機に、結局、米、英、独等主要国は自国民の東京脱出を勧告し、ドイツ等は一時大使館機能を大阪に移転した。 この脱出は何故起こったか。 

posted at 07:49:47

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊2:地震後の日本政府と東京電力の福島原発に対する対応をみて、大惨事が来る可能性が強いとして、将来の惨事に備える措置として脱出した。米軍も家族を東京地域から脱出させた。最大の懸念は2つ。原子炉内の温度が高まり、炉内でメルトダウン(核燃料が過熱し、燃料集合体または

posted at 07:52:10

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊3:炉心構造物が融解、 破損する)し、ここから大量の放射線が出ること、及び使用済み燃料の温度が高くなり、反応を起こし大量の放射線が出ることが予想された。福島第一原子力発電所は1,2,3,4と密集し、チェルノブイリを上回る惨事を予測する人もいた。現実に発生すれば  

posted at 07:54:13

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊4:東京は一気に危険の圏内に入る。それを予知して外国政府は自国民の脱出を勧告した。これに対し、まず東京電力は全く当事者能力を持たなかった。責任感がない。政府も事態を十分把握しているか不明で適切な措置がとれなかった。万事休す事態が刻々と迫っていた。給水に出向いた

posted at 07:55:42

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊5:警察庁は目標への給水すら出来なかった。この中、折木統幕議長を先頭に自衛隊が出てきたのである。自衛隊の放水とともに、消防庁の放水車が出てきた。一時期、西側諸国が日本政府としては出来ないであろうとみた冷却に成功する可能性が出てきた。 今日の日本人の通常の行動なら、 

posted at 07:57:36

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊6:警察が行ったように、一定の危険を超えない。しかし、事態は一定の行動を、自分の死を賭して任務することを求めた。日本の社会にはほぼ存在しない、自分の生命を犠牲にしても社会、国家のために働く思想が自衛隊には存在していた。福島原発は今後どうなるか判らない。政府が事態を

posted at 07:58:56

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊7:正確に伝えてこなかったので、彼らの貢献がどの程度理解されるか不明だが、しかし、東京の住民はもし自衛隊の行動が無ければ、東京は多くの西側の人々が予測したように住めない地になっていただろうことは記憶に留めるべきである。  

posted at 08:00:30

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

危機と自衛隊8:私はそれだけに自衛隊を無意味な目的への使用に反対である。今日米関係強化の名のもとにアフガニスタン等日本にとり意味のない、かつ世界の平和にとってマイナスの行動に自衛隊を使おうとしている。東アジアでも朝鮮半島有事に使おうとしている。私はこの動きに今後とも反対していく

posted at 08:06:11

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力:米軍は家族の自発的避難を勧告。この中横須賀米国小中学校は依然オープン。先生の帰国は認められない。18日付星条旗新聞は水曜日の段階で生徒の出席率は25%減少。あるクラスは出席率50%。現時点で米軍関係者は避難の有無を早期に決定するよう求められている

posted at 08:43:58

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

19日朝日:東電社長は事故のレベル5評価に、「我が国が経験したことのない、大規模地震に伴う津波といった自然の脅威によるものとはいえ、事態に至ったことは痛恨の極み」とするコメントを発表。自己の責任に全く言及なし。 初動の無措置、現在収拾を自衛隊などに依存している点への詫び表明なし

posted at 09:32:41

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

未確認情報 @esnoguchi 来週火曜日めどに横須賀の米軍はほとんど米国に戻りますし、ジョージワシントンもカタパルトのメンテあと一ヶ月はかかるのに、途中ハワイかグアムで士官を降ろしつつ本土に帰るようですが、厚木も似た情報あり。火曜以降ベースは仕事ないと

posted at 12:10:17

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

19日星条旗新聞:米軍人家族の自主避難を行う飛行便は横田より、土曜出発。230席。横田では556名登録。横田より計11便出る予定。」福島原発、方向安定に向かっている様相。この状況もう少し早く出ていれば在京外国人の混乱はもっと低かったであろう。

posted at 17:55:43

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

19日共同「放射線量、各地で減少 埼玉県も平常値に」。本当によかった。多分危機回避できるだろう。米英独仏、日本を見直さざるを得ないだろう。点数上げた組織ー自衛隊、消防庁、点数下げた組織(やはりというか)ー官邸、原子力保安院(経産省)、東京電力、財界、米軍、今一つー警察庁

posted at 21:45:19

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本の新しい力を予感させる。どう政治の分野に。19日読売「セ・リーグ開幕、29日に延期…節電も推進」この決定は明らかに世論の抗議によるもの。参考「元巨人・渡辺球団会長が25日開幕の正当性を強調。セ・リーグはあくまで当初の予定通り25日に開幕することになった(17日夕刊フジ)」。

posted at 23:16:27

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110320/asc

2011年03月20日(日)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 自衛隊と米軍1 今回の福島原発の危機をめぐり、単純な事実が浮き彫りに。自衛隊は日本という社会・国を守るために、個人の犠牲が想定される時でも任務のために動く組織であること。そして米国は自己の利益を考え、危機に必ずしも前線に出るとは限らないこと。後者についていえば、米国は

posted at 06:54:13

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊と米軍2:オバマ大統領以下、福島原発の危機を深刻に考え、大惨事が起こる可能性が十分高いとみた。そのレベルは日本の多くの人の考えるレベルを超える。自らデータ収集のために原発上空を飛んだ。米軍450人放射線事故専門部隊、日本へ派遣したと伝えられた(今何処で何してる?) :

posted at 06:55:47

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊と米軍3:米軍放水車両を東電に貸与した。防護服を東電に提供した。しかし、福島原発の危機を解消する現場の作業に一人の米軍兵も参加していない(注:「最終段階では米軍が出る」という報道は存在)。逆に軍事船舶の一部を東日本から西日本に移動させ、ヘリを三沢(目的は

posted at 06:58:15

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊と米軍4;被災地支援なので該当しないとされる可能性あり)に移動させる等危機から遠ざかる姿勢を示した。米軍人家族は自主避難(費用米政府負担)を実施した。私は別に米国を非難するのではない。当然の行動である。しかし、この事実は現在日本の安全保障の中心の人々が 「日本の安全は

posted at 06:59:47

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊と米軍5:米軍が守っている」の幻想と一致しない。私は尖閣諸島で日中の武力紛争時、米軍は出てこないと主張してきた。今回、当然な事実、「自分の国を守るのは自分の国の軍であり外国の軍でない」ということを示した。我々はこの事実に基づき日本の安全保障の在り方を考えるべきと思う。

posted at 07:02:03

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

自衛隊と米軍6:1969年外務省の幹部が集まり「在日米軍基地は逐次縮小・整理し自衛隊がこれを引き継ぐ」という『我が国の外交政策大綱』を作成した。その精神は今日も有効と思う。福島原発をめぐり、自衛隊と米軍の各々の動きを見ることが日本の安全保障の今後を考えるヒントを与えてくれる。 

posted at 07:05:50

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

事故と財界1;近年、日本政治で財界人を登用すれば最高の布陣という空気が日本社会を覆っていた。本当にそうだろうか。この人々は自己の企業を儲けさせることを教育されてきたので、何も社会全体を見渡して行動するように育てられたわけでない。今回の事故はその点を明確に示した。 常に財界の 

posted at 07:15:59

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

事故と財界2:主要な一翼を担ってきた(経団連会長、副会長を輩出)東電という代表的会社が日本存続まで危うくするという危機を作りながら、全く自己の責任を果たさなかった(発電機への送電を復旧させることにより冷却機を稼働させる努力は早期に実施出来た。なお現場作業員の悲惨な状況は  

posted at 07:17:15

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

事故と財界3;別問題)。他の財界人から東電に社会的責任を果たせという助言も聞かれず。逆に米倉経団連会長は16日記者会見で原発事故について「千年に1度の津波に耐えているのは素晴ら「耐えて素晴らしい」というしいこと」と発言している。深刻な被害の危機を作り、自己で処理できない状況を 

posted at 07:19:56

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

事故と財界4:評価はどこからとでるのか。耐えたのは事故を見ながら社長等が地位を続けるという耐えだろう。この発言が財界トップである。財界人が、金もうけからある日突然社会に貢献できる人物に変身するということはない。財界人を登用すれば日本をリード出来るという幻想も捨てた方がいい。 

posted at 07:22:20

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

米軍、星条旗新聞(1)米軍家族の自主避難第一便で233名出発(2)避難希望者は総計7900名(3)電源炉の一部に接続されたが依然炉のメルトダウンの可能性存在、その際には(東京)地域に危険な放射線拡散(4)避難で、福島で醸成されつつある危機の南側にある大東京地域を優先。三沢は後

posted at 17:57:59

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

20日朝日:東電小森常務が18日夜、東電役員として震災後初めて県災害対策本部を訪れ県民にお詫び。(いつ収束できるか ) 「事態は非常に厳しい状況が続いていることに変わりはない。電源の復旧などを死にものぐるいでやる。収束はお話できない状況です」(社長は)東京で陣頭指揮、

posted at 18:20:51

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

東電社長、国民の前に出て小森常務のいう「事態は非常に厳しい状況が続うている。収束はお話できない状況です」を、現実にどうなっているか、東電として今後どうみているか説明するのが企業人としての責任でしょう。怖いですか。少なくともそれ位は緊急にして下さい

posted at 18:32:48

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110321/asc

2011年03月21日(月)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

21日朝日:菅首相は21日午前予定の石巻市と福島県視察を中止。原発で放水作業視察予定。天候不良のため、」流石東工大卒。雨の日一時的に線量率が高くなることある。管総理は日本にとってかけがえない人材。視察なんかで放射線大量に浴び健康に害すれば日本の損失。大英断を心より歓迎する。。。?

posted at 09:23:09

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

20日付ウォール・ストリート・ジャーナル紙「日本は原子力惨事をくい止める戦いの中で潮の流れを変え勝利を得ている」と報道。一歩一歩、献身的努力の上にそうあって欲しい。

posted at 10:18:41

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

英国友人の連絡:We are deeply impressed by the bravery and amazing resilience of the Japanese people in the face of near unbelievable catastrophe.

posted at 11:01:47

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

共同:前川静剛:放射線の人体への影響。分かりやすく説明したい。最初に言っておきたいのは、半径20キロ圏の外側で観測される放射線のレベルでは、健康には問題ない、ということだ」記者が何書いても害小。しかし健康別。米国がなぜ80キロ内の避難勧告したか、記者ならそれ位勉強して書いて。危険

posted at 11:50:59

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

20日東洋経済:原子力発電所の事故が進展、それを国民が注視。、国と東京電力の危機管理能力は「国民の期待値」を下回った、、厳しい現実が目の前に。 今回の事故で、改めて原子力発電のリスクが世界に認識された。吹き飛んだのは原子力発電所の建屋だけでなく、原子力に対する信頼でもある

posted at 13:47:52

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力:米軍ここまで警戒か!19日3時49分星条旗新聞:米軍はポタシウム・イオダインを本州基地における放射線障害に対する予防として配布を開始した(注:PIは原子力発電所事故に甲状腺を守る薬1982年米国FDAで承認)。現段階では公衆衛生に害を与える状況でない旨説明。決定はあくまで

posted at 17:04:10

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力2;予防措置。本薬の要望は在日海軍司令官からあったもの。それを本州全米軍基地に拡大。略称KI(PIではなかった)は福島原発から放出される放射線ヨードが甲状腺に入るのを阻害する。KIはヨードをあまりにも多く保有し、24時間は新たなヨードが体内に入るのを阻止

posted at 17:13:54

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

うれしい話でないか。海外にいると祖国日本の有難味わかる。21日共同:サッカー日本代表は被災者支援のため、29日の慈善試合でJリーグ選抜と対戦。欧州組12人は全員の参加が確定。長友は15日試合後に「どんなに離れていても心は一つ」「最後まであきらめずに戦うことで希望を与えられたら」

posted at 17:29:29

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

このフジテレビメンバーで菅総理解説特番作ったら。きっと視聴率上昇:お笑いよりずっといい。読売:フジテレビは12日夜首相記者会見中継時、取材スタッフの音声が誤って数秒間放送、21日、謝罪した。 音声は「ふざけんなよ、また原発の話なんだろ」「あ、笑えてきた」などと、聞き取れる内容

posted at 17:49:30

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

RT @masato2desu: 3/21 17:00~ NPO原子力資料準備室の記者会見をご覧あれ http://bit.ly/fbGvfo RT @magosaki_ukeru: このフジテレビメンバーで菅総理解説特番作ったら。きっと視聴率上昇:… (cont) http://deck.ly/~kwgDB

posted at 18:25:25

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力:米軍動向:21日星条旗新聞:避難第2便月曜日出発。8千名強登録。木曜日の段階緊迫。いま、雰囲気緩和。次第になぜ急がなければならないか、なぜ今離日、という空気出てきて残留決める人出てきている。学校継続中。ちなみにペット(多分犬)貨物各機10.

posted at 19:41:27

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

放射能拡散分布:iidatetsunari ノルーウェー気象研究所もが放射性ダストの行き先予報を出したとのことです。Japanの下の青い矢印をクリックしてください  http://bit.ly/grilxz  

posted at 19:57:23

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

殿、ここは私目におまかせを。東電副社長(原子力担当)は21日記者会見し、「ご迷惑をお掛けし心からおわび申し上げます」と謝罪

posted at 23:12:54

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

原子力:21日ファイナンシャル・タイムズ紙:日本不安が緩み、世界の株式上昇。」世界各地の報道、福島原発の大惨事当面回避の流れで報道開始。

posted at 23:40:49

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110322/asc

2011年03月22日(火)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

「みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。ああ…、もう言葉にできません。本当にありがとうございました」。消防隊員からの活動報告を受けた石原知事は、涙を隠さず、深々と礼をした。]菅総理も同じ対応を自衛隊員にとったに違いないのに(?)どうして報道ないのだろう、????

posted at 00:12:58

———————————————————————————————————

災害と国際金融1:友人、山崎一郎氏の論評「米国債市場の大暴落に備えよ」送付。要旨;今次日本への災害は、崩れかかった米国債市場をさらに弱体化。日本による米国債購入の停止に加え、日本は再建、復興の巨額コストを調達するために日本の米国債保有の相当部分を売却必死。日本20%弱保有。 

posted at 08:43:45

———————————————————————————————————

災害と国際金融2:中国(米国債の20%を保有)がますます米国債への投資を逡巡。唯一の買い手は米連銀。世界最大ファンドマネージャーPIMCOが米国債保有を清算。米国権力の完全な決定力麻痺(共和党と民主党の対立)、日本は二十年の慢性的な経済危機でひどく弱体化し、世界最大規模の政府負債

posted at 08:46:18

———————————————————————————————————

災害と国際金融3:限られたエネルギー供給と商業・工業供給網の崩壊の中で、大規模復興と重大変化の両方を長期にわたって財政的に支える必要性に直面。同時に日本は近年、世界統治システムの欠くことが出来ない構成部分。東京は、世界の主要金融センターの一つ、外国通貨取引市場の三大ハブの一つ、 

posted at 08:48:00

———————————————————————————————————

災害と国際金融4:日本経済は、世界経済に不可欠な電子部品を大量に供給。更に、50年を越す米国による世界の経済、通貨、金融支配の支え。日本は、中国の増大する力と米国の弱体化に対応し、中国圏にどんどん引き付けられる。

posted at 08:50:57

———————————————————————————————————

災害と国際金融5;今次の危機は、日本が中国にどんどん引き寄せられる傾向を更に急速化するであろう。中国はその巨大市場を日本企業にさらに開放して日本経済を直接助けつつ、同時に日本に巨額の金融的支援を提供する能力があるのは中国だけ。本論評はLEAPの発行「GEAB」の巻頭記事 

posted at 08:56:17

———————————————————————————————————

原子力:文部科学省、全国放射線モニタリング状況は重要なソース源。危険は単に距離だけで解らない。場所によって変化(気象条件でも)福島県北西部30K離れた所で110マイクロシーベルト/時(読み方間違わなければ)等高い数字が出ている。要チェック

posted at 10:57:48

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110323/asc

2011年03月23日(水)

———————————————————————————————————

在米安全保障関係者より: 危機感依然高い。何時でも受け入れると連絡(You are certainly welcome to come stay with us if you would like.)、現状ではなく、将来の重大危機に対する日本側対応が国際的にはあまりに不透明。

posted at 08:05:18

———————————————————————————————————

米国友人への私の連絡:1;地震が起き、発電所に被害が及んだ時に東京電力と経済産業省(原子力保安院管轄)はこの事故は敷地内で処理できるし、処理すべきであると判断した2;しかし事故発生当時から米国は深刻な事態を察知、日本政府に危機回避のための具体的支援を提言した。しかし、1の方針を

posted at 09:04:09

———————————————————————————————————

原子力2:持つ政府は米国の支援を不要とした。ここから本処理に対する米国政府の対日不信が始まる、3:菅総理は東工大卒でもあり、次第に事態の深刻さを認識。現在では如何に危機回避できるかにかかりきりという位に対応、4:したし東電の対応は異なる。あくまで操業の可能性を追求、したがって

posted at 09:08:34

———————————————————————————————————

原子力3:炉をだめにする処置には消極的。かつ危機が敷地内で処理できないことが明確になった時に、これへの対応に極めて消極的。外部から見れば逃げをはかっているとしか見えない状況、5米国この状況観察。このままでは東京をも巻き込む危機回避できないと判断。これが国際的判断に。6この時点で

posted at 09:13:23

———————————————————————————————————

原子力4;菅総理対策の必要性認識。しかし、敷地内での放射線量あまりに大きくここでの作業ほぼ不可能。この時点で国際的に日本には危機対応能力なしと判断。多分米軍も同様。総理自衛隊に依頼。自衛隊、人的犠牲認識しつつ任務引き受け。当面の危機回避の唯一の策である炉と使用済み保存のプールに

posted at 09:17:48

———————————————————————————————————

原子力5:放水。これによって西側関係者が当然起こると見た危機回避、米軍の家族避難、あるいは西側大使館の自国民への避難勧告は自衛隊出動前の情勢判断によるもの、7:現在最大の危機は一応回避。しかし炉内で何が生じているかも把握できない状況。今後も何が起きるか不明。したがって政府は

posted at 09:24:38

———————————————————————————————————

原子力6;新たな危機がでると一つ一つ対処する必要あり。この状況今後も長期化。しかし、当初予測された東京が住めなくなるような危機がくる状況は回避。「こちら(米国)にきてもいいよ」との提言は感謝。しかし東京まだまだ大丈夫と思っています(期待も込めて)

posted at 09:27:52

———————————————————————————————————

何だこれは!23日読売: 保安院の検査官が事故発生後に約1週間、同原発を離れていたこと判明。西山審議官記者会見で、「安全性に問題があり、人間が暮らすには不便が多かった」。」今回保安院の責任大。事故を敷地内収拾可能と判断しそれに沿い政府行動。危機の元凶。そして職員は逃げ、何だ!

posted at 09:53:19

———————————————————————————————————

東京一区選出はどうしてこう酷いのか。与謝野氏は原子力発電の必要を危機後も説き、海江田経産相は東京電力への指導全くみえず、見えるのは消防庁への暴言。選挙民としてveto票制度ないかな。しかしどちらにveto票入れようか。迷ってしまう。

posted at 10:13:50

———————————————————————————————————

参議院公聴会:本日外交安全保障関連で出ます。時間一時。google「参議院インターネット」で見れると思います。「抑止論」を中心に。

posted at 10:36:05

———————————————————————————————————

22日AP:「米国アメリカ食品医薬品局日本の影響うけた地域からの食品輸入禁止」、記事内では対象酪農製品。海産物などは放射線チェック」現在の国際的不安であれば当然の措置だろう

posted at 16:25:28

———————————————————————————————————

とうとう来たか!23日マイコミジャーナル:「東京都放射性物質検出発表、23区など乳児の水道水摂取抑制を呼びかけ」、乳児飲用に関する放射性ヨウ素131の暫定指標値は1リットル当たり100ベクレル。金町浄水場210ベクレルル。水道局ブログ混みアクセス不可。未確認。従来現状安心と表示

posted at 16:47:44

———————————————————————————————————

非常に気になる表現。「すぐには危険でない」。住民が住んだり、水を飲んだり、食料品を取ったりは当然「すぐに危険なレベル」でない。しかし住み、食べ、飲むは継続的行動。このレベルを継続的にとると危害があるかが問題。これに対するコメントで「すぐに危険なレベル」でないの表現は不適切。

posted at 18:06:51

———————————————————————————————————

公聴会:とくに連絡しなかったのだけで、在米の娘から参議院インターネット見たよと連絡。ネット社会で情報革命が起こっている。ネット活用族と非活用のグループでは認識のずれ拡大。

posted at 18:19:30

———————————————————————————————————

原子力:CIA系情報:来日中の米国原子力専門家団は「冷却作業が成功しなければ、日本側は来週、深刻な決定に直面せざるをえない」と日本側に伝えた模様。

posted at 19:20:04

———————————————————————————————————

思いやり予算:米国関連だけは迅速。23日読売;25日衆院本会議で与野党賛成により可決される見通し。年度内成立の公算大。伴野外務副大臣08年反対に、「忸怩たる思い」と陳謝。思いやり予算は全世界の基地負担の半分以上、全NATOの1.6倍。何故これに疑問を持つ議員がいないのか。米国様様

posted at 22:20:19

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110324/asc

2011年03月24日(木)

———————————————————————————————————

原子力:米国評価定まらず。23日ニューヨークタイムズ紙は「プラントの新たな問題が楽観論を抑制」、他方23日ウオールストリートジャーナルは「原子力庁(ママ)冷却を早期に回復期待」

posted at 09:50:59

———————————————————————————————————

WSJ放射線地図「Radiation Levels in Japan」掲載。福島を除き深刻なレベルでないであろうが原子力発電所周辺あたりでは数値出ている。関心ある人は見てください。東京近辺では横須賀、何故か多摩川下流近辺

posted at 10:06:18

———————————————————————————————————

原子力:今回の事故の一端、原子力保安院が敷地内で処理できる事故と位置づけ初動遅れたこと。危機招いた重大な責任。24日WSJ「原子力トップ補佐、(原子力発電推進に)遅滞なしと見る」西山英彦発言「原子力なしで日本前行けず。」) 彼この危機をどう捉えている?責任感じたらこんな発言出ない

posted at 10:34:46

———————————————————————————————————

原子力:米原子力委員会、福島事故11日後の情勢評価(nonkigasuki サイト紹介)。米側評価(1)基本的に安定、(2)放射線放出レベル安定(3)温度安定(4)米国本土含め米国人への被害全くなし(5)作業継続。」日本側への新たな要求なし。日本側現状維持し作業継続なら米OKか

posted at 12:04:57

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110325/asc

2011年03月25日(金)

———————————————————————————————————

読売25日[東京電力、5月分電気料金を70円値上げ]」私達東京電力は素晴らしい需要者と政府と下請け持ち感謝してます。おかげでj経営はさほど緊張感なしに実施できます。財政苦しくなれば消費者値上げ受け入れてくれ、事故は自衛隊・消防庁が処理し、被害賠償は政府補填し、更に下請け頑張るし。

posted at 08:02:04

———————————————————————————————————

原子力:米軍出てくる。さぞかし不安に見てたろう。読売:原子炉内部を継続的に冷却するため、米軍と自衛隊が協力して真水の注水を行う方向で最終調整に入った。米軍が大量に貯水できる「はしけ船」に真水を積んで発電所の近くに運び、米軍から提供を受けた大型注水設備で東電と自衛隊が注水する方針

posted at 15:45:51

———————————————————————————————————

原子力・米軍2:菅総理。貴方は原子力に専念。未だ結果出せず。ここで大英断して、政権を谷垣氏に渡すという小さいレベルでなく、官邸米軍に明け渡したら。そうしたら日本人覚醒する。そこまで日本統治能力失ったかと自覚する。事態の深刻さにきずき、日本はあなたの持論の第3の開国が出来る。

posted at 16:11:39

———————————————————————————————————

25日読売「巨人軍は25日、東京ドームで4月予定公式戦計9試合の前売り入場券、料金の払い戻しを行うと発表」なるほど。巨人軍大上段に振りかざしていたけど、結局こういうことだったのか。

posted at 20:20:49

———————————————————————————————————

上水(蛇口)のモニタリング:(文部科学省、東京都)、24日、ヨウ素―131は3日前の5倍、Cs-137は10倍。基本的傾向は増加。安心できず。「全国の放射線モニタリングデータ」自ら日々チェックを。

posted at 20:40:40

———————————————————————————————————

原子力:3号機で作業員3人被ばくした問題で、東電副社長「(高濃度放射性物質が)原子炉側から出てきた可能性がある」と表明。事実なら事態は新たな段階。25日APは「原子炉の破損の疑いは更に深刻な放射能汚染の可能性あり」と報道

posted at 23:01:52

———————————————————————————————————

原子力:25日産経ニュース:「数値ばらつき水道水」:都の主要浄水場は11カ所。複数の浄水場の水をブレンドし供給、比率を24時間制御。金町、三郷(同じ水系)の2浄水場は23区等に水を届けるが、2浄水場を主要水源とするのは金町に近いエリアのみ。他は2浄水場の比率がさらに低い。

posted at 23:14:45

———————————————————————————————————

原子力:恣意的行政基準を安全に持ち込むべきでない。25日毎日:食品や飲料水の放射性物質で、内閣府食品安全委員会は、暫定規制値の根拠となる健康への安全性の許容範囲を広げる方針」何この方針!。基準は危険があったから設定していたのでしょう。この危険が何故今消えるのか。何基に基準に変える

posted at 23:26:59

———————————————————————————————————

食品・飲料水の基準値改定2:マスメディア、これはあまりにも酷いと思いませんか。何故疑問をあげない。政府の言い分を流すだけが大報道機関の役割ですか。何のために報道機関に入ったのですか。真実を伝えたいそのために入ったのでないのですか。政治はいい。しかし安全は別。それ位の良心ない?

posted at 23:48:26

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110326/asc

2011年03月26日(土)

———————————————————————————————————

原子力:基準1:omosutakashi 紹介。http://plaza.rakuten.co.jp/ecopiecealpinism/ 精度要確認: WHOは飲料水の放射性核種摂取制限のガイダンスレベルを定めている。飲用の基準値はヨウ素-131で10Bq/L、セシウム-137も

posted at 08:28:08

———————————————————————————————————

原子力・基準2:同じく10Bq/Lだ。参照→WHO飲用水質ガイドライン(230ページの表9-3、ヨウ素はI、セシウムはCsで表記される(注この場所では見当たらず)、 一方、この3月17日に、厚生労働省医薬食品局食品安全部長名の通知「放射能汚染された食品の取り扱いについて」

posted at 08:32:38

———————————————————————————————————

原子力・基準2:(食安発0317第3号)が地方公共団体 首長宛に配布された。この文書で、飲用水については放射性ヨウ素は300 Bq/kg、放射性セシウムは200 Bq/kgとし、放射性ヨウ素の飲用水や牛乳の基準の但し書きで「100 Bq/kgを超えるものは乳児用調製粉乳及び

posted at 08:38:04

———————————————————————————————————

原子力・基準3:直接飲用に供する乳に使用しないよう指導すること」とし、これが今回の摂取制限の根拠。 国が通知した暫定基準はこっそり、ヨウ素ではWTO基準の30倍、セリウムで20倍に緩められている。東京都が摂取制限解除を宣言した際の金町浄水場の放射性ヨウ素測定値は79Bq、

posted at 08:43:11

———————————————————————————————————

原子力・基準4:WTOの基準地の8倍の汚染状況だったのだが、「これで安全」と宣言。なぜ、WTOのガイドラインを援用せず、20~30倍も低い基準を適用した訳を公然と説明しない。」事実ならWHOの基準値より高い数字を安全という人には説明責任がある。生命に危害を加える犯罪行為に等しい。

posted at 08:49:34

———————————————————————————————————

原子力発電;米国内原子力発電推進に対する世論調査(PEW)、三月日本の事故後支持急落、促進賛成39%、反対52%、賛成は2010年2月の52%を頂点に45%周辺で推移。男女で態度異なり男性支持53%、女性26%、支持高い年齢層は65歳以上で45%、共和党支持者は支持49%、

posted at 10:57:35

———————————————————————————————————

原子力・米軍:真水積載米軍「はしけ船」が北上.、もう1隻も出港予定。海水は炉内の腐食の恐れ、米側が真水注入を強く要請」有難い。しかし日本の保安院が何故真水の注入を強く要請出来ぬ。素人でも理解できること。真水持ってくること米軍はしけでなくても出来るだろう。保安院の役目は一体何だ。

posted at 12:33:08

———————————————————————————————————

菅総理批判:24日サンケイは無能有為。26日読売は「影薄い首相」、26日日経「首相こもりがち」:首相周辺もなまじ知識があるだけに話すとぼろがでそうで怖い。各省次官、与野党幹部は仙石副長官に足を運ぶが首相執務室への出入り小」メディア首相批判はこれまで控えめ。次第に開始

posted at 19:09:19

———————————————————————————————————

米軍動向:中国の人民網日本語版は「空母ジョージ・ワシントンは21日、横須賀外海へひっそりと出航、放射性物質を避けるためとし、救援参加を表明していた佐世保基地の米軍の護衛艦と輸送艦計3隻は、原発事故の情報で、すぐさま回れ右して引き返した」と報道。真偽は?。中国報道嘘か本当か 

posted at 21:08:32

———————————————————————————————————

中国報道嘘か本当か・その2:24日付人民網日本語版「菅首相が情緒不安定に 突然号泣することも」「前代未聞のプレッシャーがかけられた菅首相は情緒不安定になり、突然泣き出すこともあるという。」

posted at 21:15:06

———————————————————————————————————

RT @oyaji1957: @magosaki_ukeru空母ジョージ・ワシントンは21日、横須賀外海へひっそりと出航は、横須賀基地の人間に確認しました。

posted at 21:47:38

———————————————————————————————————

原子力:朗報か:26日共同:第1原発を安定させる作業はじわりと進んでいる:(1)注水を真水に切りかえた1~3号機は、圧力や温度が安定(2)4号機を除く5基で制御室の照明がともり、炉や燃料プールの状況把握に向け環境改善、ただし1、3号機、炉の水が配管や弁の隙間から漏れた可能性

posted at 22:03:35

———————————————————————————————————

米軍動向:taksn7 ://bit.ly/gRwaZcにそう書かれてます。:21日付産経「米原子力空母が出港 原発事故影響から退避?」航路は未定。4月上旬ごろまで横須賀基地内で定期メンテナンスを続ける予定になっており、途中で切り上げての出港となった。」この時点米国福島に危機感

posted at 22:28:17

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110327/asc

2011年03月27日(日)

———————————————————————————————————

24日付エコノミスト「英雄的人々の精神。しかし弱い政府」(気仙沼取材し、最も被害を受けた地域なのに「意気消沈はほとんど見られず復興の精神が満ちてる」として詳しく報道。他方非常時にかかわらず硬直的行政対応を指摘。この記事を読んでも、「日本国民の悲劇は今、相応しい政府を持てないこと」

posted at 08:45:32

———————————————————————————————————

米軍動向:依然、避難が主要現象:25日星条旗新聞、自主避難は約1万名、半分実施。横須賀海軍基地極めて静か。軍艦多く横須賀外へ。4500の家族避難予定。厚木から2千名、横田から6百名、座間から三百名、土までに出発。米軍関連の多くの行事中止。米軍学校の欠席率は今、32-36%。

posted at 09:12:45

———————————————————————————————————

久しぶり皇居周辺ジョギング。走る人、普段の20%程度か。でも若者復帰。老人の団体も散歩。乳母車も。平和がいい。安穏がいい。経済的に貪る必要ない。自然と共生出来る日本がいい。それを土台に新たな日本を模索出来ればいい。

posted at 13:15:51

———————————————————————————————————

原子力27日共同:世論調査みて、うなってしまう。どうしてこういう結果になるのだろう。この事態を招いても信頼するか。「大いに評価」は4・9%、「ある程度評価」は34・4%。菅内閣の支持率は28・3%と、先月中旬の前回調査から8・4ポイント上昇

posted at 17:51:54

———————————————————————————————————

東京電力通常の1000万倍の高濃度放射性物質を含む汚染水が見つかったとの記者発表は「別の物質と間違ったため」と釈明。27日APは「数字が余りに高く、チェックする余裕もなく2号機から逃げた」と記述。本社のお偉いさんは現場にこない。逃げたいのは当然です。馬鹿馬鹿しい。何故我々犠牲

posted at 22:54:43

———————————————————————————————————

放射線:朝日27日:岡田幹事長は27日、農産物出荷停止や摂取制限目安となる放射性物質基準値を「少し厳格さを求めすぎ。科学的な厳格さを求めすぎれば風評被害」何という表現。国際的基準は生命への危険度計算し発出。この水準守れというのを「風評被害」と脅す。思考回路狂っているのでないか。

posted at 23:05:40

———————————————————————————————————

放射線2:私は記者の気持ちが解らない。「科学的厳格さ求めすぎは風評被害」といったら、「それは違う」と書くべきではないの。あたかも幹事長発言が正しいように書く。幹事長もそうだけど記者もどういう神経しているのだう。社も記者ももう保身しか考えないの。ここまで堕落しているのかと悲しくなる

posted at 23:14:21

———————————————————————————————————

民主党の多くの議員へ。岡田幹事長発言一つとってもおかしいと思いませんか。どうせ大臣のポストがくるわけでないし。次の選挙は多分落選するのだから、将来に未練なく議員でいる間、正論吐いてみませんか。正論見つからない!!そうかもしれませんね。

posted at 23:26:28

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110328/asc

2011年03月28日(月)

———————————————————————————————————

独・日本の原発事故が独内政を動かす:ロイター「独州議会選で首相率いる与党敗北、反原発派が躍進。福島原発事故で、反原発を掲げる緑の党が大幅に票を伸ばし、初めて州首相を出す見込み。」南西部の裕福州。事故は独政治を動かした。膝元日本は?多分反原子力の勢力増すことない。違い何故出る?

posted at 09:09:00

———————————————————————————————————

この日本がヴィジョンで動く国でないのが残念。印すら動く beniton1973 インドのタミルナドゥ州のベンガル湾に面した海岸は、完全に公的管理されています。2004年の津波被害からの教訓のようです。RT @magosaki_ukeru: 海岸線をすべて公的管理下に置く

posted at 09:31:47

———————————————————————————————————

日本の文化人も大政翼賛会が主流か。インフォシーク:野田秀樹氏「アエラの姿勢不安」自ら連載打ち切り野田氏は、危機をあおる報道に警鐘」 (スポーツ報知)」危機は明確に存在した。外国人の一斉退去を見ても十分懸念。この国のメディアはその事実に警告を発しなかったのが問題。政府一体+だね。 

posted at 09:48:29

———————————————————————————————————

放射能データ、減少の傾向:東京都健康安全センター最大値;大気0.114(マイクログレイ/時間)と微減、 都内の水道水中19.7Bq/kgと前日比半減、5日前の水準。26日共同の「第1原発を安定させる作業はじわりと進んでいる」という報道を裏付けるデータ。

posted at 11:17:42

———————————————————————————————————

詩引用:智慧:   死が僕の傍に近寄ってきたら 僕はじっと死んだふりをしてゐよう  そうして死をだまして やりすごしてやろう このかなぶんぶんの  ように 小さなかなぶんぶんよ その哀しい智慧よ そのはかない  いのちの智慧よ 虫の智慧に教えられた 死んだ真似を死も  

posted at 21:31:31

———————————————————————————————————

詩引用2: 人間のように 見抜くであろうか  早く飛びたて はかない虫よ 小さくても病んでない  かなぶんぶんよ 思い切り大空へ 飛べる間に飛ぶがいい 高見順 

posted at 21:33:04

———————————————————————————————————

原子力:28日共同:仏原子力局長は「30キロ圏外に汚染が広がり、農作物等に影響。汚染が100キロ圏に広がっても全く驚かない」と警告。」(米国は依然80KMを米国人の退避対象とし、これは米国内でも適用する基準に基づくとして医学的説明(体に化学変化)。安全という人米仏に反論できるか。

posted at 23:17:11

———————————————————————————————————

放射線:事態は政府説明よりは深刻。長期化が予測される。この中、放射線汚染は「直ちに悪影響出るか否か」でなく蓄積の危険。様々な見解あろうが、国際標準を守るのが妥当。基準値がWTO、米国国内基準を超えれば警戒出すのが当然。残念ながら政府この基準を無視し、報道機関も「直ちに被害なし」。

posted at 23:38:53

———————————————————————————————————

放射線2:そうなら識者は政府の政策、マスコミの報道に注文付けるのが筋。残念ながら野田秀樹氏が「アエラの姿勢不安」としての連載打ち切りは 、読売新聞等が警告を出す人々の信用阻害に利用。残念なのは、野田氏が真実隠しキャンペーンの道具として使われていること。野田氏汚染どこまで勉強?

posted at 23:48:39

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110329/asc

2011年03月29日(火)

———————————————————————————————————

学ぶ独、学ばぬ日本:朝日:メルケル首相は州議会選挙敗北で「福島原発事故を巡る議論が敗因」と述べ、「原発政策を徹底的に議論し、6月半ばまでに結論」と政策の見直し示唆。メルケル政権は事故直後、昨年秋に決めた「原発の運転延長政策」を3カ月間、凍結)学ぶ独、日本が学んだ姿全く見えない。

posted at 00:09:31

———————————————————————————————————

放射線:1. 24日press TV(gogohmatui 紹介): Busby教授(放射線リスクEU委員会科学書記)、チェルノブルに類似。昨日IAEA報告で58KM離れた地の放射線はチェルノブルの排他地域(30KM)の二倍汚染。原子炉付近汚染が強く、十分近づけず、 

posted at 07:44:29

———————————————————————————————————

放射線2:中の状況不明が問題。 その状況下、周辺の汚染度が高い、50KM内の土壌汚染度が非常に高いことに注目を要する。判らないながら、燃料がメルトダウンしている可能性あり。海の汚染。煙は高い汚染度。ウラニウム、トリチウムが本州を汚染し健康に重大な影響。 EUサイトは、 

posted at 07:45:49

———————————————————————————————————

放射線3:避難は100KM以上と指摘。将来東京地域も対象の可能性、しかしそれは悪夢。汚染はヨウ素のみでなく、検出困難なものも。トリチウムは遺伝子障害、癌等を起こす。原子力発電を維持するためこの危険を過小評価することは犯罪的行為。(日本政府は通常のX線検査以上でないと言ってるが) 

posted at 07:47:16

———————————————————————————————————

放射線3:犯罪的な無責任。チェルノブルで癌発生率上昇。スエーデンでも。これまでのリスクモデルより高い可能性あり。人々は避難すべし。通常のヨウ素吸収は放射能汚染のヨウ素吸収を妨げるので、通常ヨウ素吸収を助言する。飲料水はボトルを推奨する。食物注意。魚摂取、要警戒。 

posted at 07:49:12

———————————————————————————————————

原子力:米国、日本独自で処理能力ないと判断。 米国対日管理体制強化。29日読売:日米両政府が事故への対応で連携を強化するため、合同の連絡調整会議を創設し、検討・作業チームを新設。 日米双方の政府高官や原子力専門家、自衛隊、米軍、東電や原発関連企業も参加。 検討・作業チームは

posted at 08:07:27

———————————————————————————————————

原子力2:〈1〉「放射性物質遮蔽」〈2〉中期的に原発を安定化させる「核燃料棒処理」〈3〉長期の対策となる「原発廃炉」〈4〉「医療・生活支援」の四つ。「医療」以外の3チームはすでに発足、「医療」チームも近く設立。細野首相補佐官が4チームの取り組みを総括。 

posted at 08:09:55

———————————————————————————————————

菅首相、自衛隊単独では謝意表明ほとんどなし。米軍いると対応違う。生き残りは米国次第と判断でしょう。読売28日:菅首相は28日、自衛隊と米軍の連携用に防衛省に設置された「日米共同調整所」を視察し労をねぎらった。 在日米軍のクラウ副司令官に直接、「大変お世話になっています」

posted at 08:26:43

———————————————————————————————————

日本次第に米国直接支配下。官邸は連絡調整会議。支持をうけるは細野首相補佐官。防衛省に災害用「日米共同調整所」、指揮は在日米軍のクラウ副司令官。冗談に官邸に米軍座ったらと言ったが実質もうそうなった。災害に専念するといった菅首相、仕事なくなりましたね。米国首相誰でもいい。挨拶に来る位

posted at 08:33:38

———————————————————————————————————

米国流石、世界の帝国だけある。危機じっと待つ。菅政権に当事者能力がないこと国民が周知した所で乗り出す。国民身が大切。直接統治だろうが間接統治だろうがどうでもよい。早く助けてくれ。解りました。では私のいうこと全面的に聞きますね。勿論、早く早く。

posted at 09:14:41

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110330/asc

2011年03月30日(水)

———————————————————————————————————

原子力:独も警告。28日シュピーゲル誌;福島事故放射線放出は仏の計算ではすでにチェルノブイリの10分の1(IAEAは否定)。多くはメルトダウン懸念。しかし一部すでに発生。野菜、水、土壌に高い放射線。避難範囲は拡大すべし。米国NRCは80KMを助言。対象者は2百万。放射線の影響の

posted at 07:12:19

———————————————————————————————————

原子力2:知識は極めて限定的。正確な所不明。日本は不確定な中で生きていかざるをえない。放射線は胎児に最も深刻な影響。長期的にはセシウムがヨウ素より危険。半減期は30年。体内に蓄積、体の各部分に行き、癌発生。被害が出るのは何年、何十年も後。(放射線影響は「直ちに」でなく長期的) 

posted at 07:15:36

———————————————————————————————————

風評被害:「災害、事故及び不適切又は虚偽の報道などの結果生じる被害」。今回の問題は政府設定の基準ではOK,しかし国際的基準ではNOの範疇に入ることも「風評」。風評被害という言葉を出し正当な評価を抑圧。長期的に人体への影響出すだけに、余りに無責任。国際社会は日本政府の対応に批判的。

posted at 07:19:33

———————————————————————————————————

放射線:土壌調査。1987年イラン・イラク戦争時サダム・フセインはクルド人に化学兵器使用。当然イラク側否認。在米大使館員(CIA系?)現地へ行き、土壌持ち帰り、本国に毒性分析のため送付。今主要国大使館員等を福島原発周辺に送り土壌収拾して送っているだろう。サダムと日本政府の類似性。

posted at 08:16:46

———————————————————————————————————

http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110331/asc

2011年03月31日(木)

———————————————————————————————————

放射線警告;30日AP:IAEA職員によれば、避難地域外でも、IAEAが避難勧告を行う数値の倍。例:飯舘村(40km離れる)で1平方メートルあたり2メガベクレル、IAEAの基準のおよそ2倍。IAEAは事実のみ日本政府に通知。シンガポールで日本からの輸入キャベツ基準値の9倍発生。

posted at 09:04:14

———————————————————————————————————

放射線:厚生労働省基準値維持出来るかな?30日毎日:厚生労働省は福島県産野菜検査で25品から暫定規制値を超える放射性物質検出と発表。31日サンケイ:自民党の丸川珠代議員ら若手議員約10人福島、群馬県産などの野菜や果物のサラダを食べて安全性をアピール)この落差。国民どちらの報道選択

posted at 09:52:31

———————————————————————————————————

東電とマスコミ:田中龍作、東電会長マスコミ関係者をつれ中国旅行を会長に質問。動画掲載。朝日新聞「東京電力・勝俣会長会見の一問一答」の記事、当然削除。ソ連時代検閲。削除部分外国で出版しソ連ウォッチャー注目。今、日本大手メディアが何を報道しないかに着目すると日本が解る時代、旧ソ連並み

posted at 10:24:55

———————————————————————————————————

原子力:理工系出身中枢記者の報告を中北徹教授連絡:(1)原子炉本体は強靭性を証明「冷却ポンプ」「自家発電機能」等側面での不備が致命的な欠陥を露呈。(2)現状リスクレベル低下。今後の見通し不明、チェルノブイユは大爆発、内部が顕わになり急遽砂撒き、中性子・冷却効果を 発揮。 

posted at 11:39:09

———————————————————————————————————

原子力2:福島、格納容器が強固、内部の状態不明、放射能レベルが高く接近難。ロボット技術未発達。始末が悪い状態。(3当面は辛抱強く管理。英知を集めて何とかしながら、放水続け僥倖を待つ。おそらく、この状態が長引き、秋頃まで続く可能性は濃厚か。30KM内使用困難

posted at 11:45:43

———————————————————————————————————

原子力とマスコミ:Saisyoh 産経は掲載してます:勝俣会長「全額東電負担ではない。詳細不明、多分、多めには出していると思う」、Q マスコミと東電の癒着について、「マスコミ幹部は若干違う。OBの研究会、勉強会の方々」(OB充分活動。原子力の危険報道小なのは明かに工作成功)

posted at 11:55:03

———————————————————————————————————

原子力:この報道何か変。共同「原発20キロの圏内に、大震災で亡くなった人の遺体が数百~千体あると推定。原発5キロの大熊町遺体から高い放射線量を測定。火葬煙拡散、土葬土中拡散懸念。遺体収容時、作業隊員が二次被ばくする可能性」ということは大熊町へ入ると被曝するということでないか。

posted at 16:08:33

———————————————————————————————————

原子力:31日共同:折木統合幕僚長は31日記者会見で、原発事故の緊急事態に備え、米軍の放射線管理の専門部隊約140人が近く来日すると発表」)「原発事故の緊急事態に備え」は何に備えているのか。米国専門家相当数日本に入ったはず。彼らが何をし、何を判断かは全く見えてこない。

posted at 16:21:21

———————————————————————————————————

汚染と食糧:30日毎日:厚生労働省は福島県産野菜検査で25品から暫定規制値を超える放射性物質検出と発表、汚染従来想定より深刻とみるべし。政府は31日、野菜等の出荷停止について、その後の調査で3回連続で基準値を下回った場合、解除する方向で検討」政府何考えてる。国民殺す方針か

posted at 16:51:44

———————————————————————————————————

原子力と情報:今回の汚染問題は国民に次の教訓を与える。我が身を守るには(1)政府ガイドラインを鵜呑みに出来ないこと、(2)大手マスメディアを鵜呑みに出来ぬこと。我が身を学ぶために自ら情報源を探さなければならぬこと、この学習が政治にも生きるかもしれない。

posted at 17:34:16

———————————————————————————————————

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)