yok-blog.com さんのブログ

■ 2011/4/14 「2011年人工地震に関する考察」

http://yok-blog.com/?p=916

より  【引用開始】

まず、防災科学技術研究所のHPから。「強振動の基礎」というページがあります。以下は解説文と典型的な地震波形です。(クリックで拡大表示します)

http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/1/I-4.1.2.html

http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/Sect-1/Fig4.1.2-1a.JPG

http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/Sect-1/Fig4.1.2-1b.JPG

中学校の理科でも習うんですが、初期微動(P波)と主要動(S波)がきちんと波形に現れていますね。典型的な理科の教科書にある、地震波形と思います。左の波形はP波とS波の間隔は約10秒(1目盛り1秒)。右の波形はP-S間隔は約4分(1目盛り1分)です。

さて、前回の記事で私は同一時刻に同一場所で3発の地震が観測されるのは不自然であると申し上げました。(再掲します)

Japan Quake Map

で、この地震の時刻(2011年4月7日23:32)に起こった地震の波形を入手しました。以下に示します。出所は画像拡大するとわかりますので拡大してくださいね。(bosai.go.jp)ですから。

http://www.hinet.bosai.go.jp/topics/off-miyagi110407/
P波らしき物が無いんです。1目盛り10秒の尺ががあり、分解能はそれなりにあるんですが、全く初期微動らしき波形が見えないです。一気にエネルギーを放出していますね。爆発物じゃないかと疑ってしまうんです。(14日追記:縦方向の揺れを見ると、どう見てもいきなり振幅がピークで始まっていて、初期微動があると考えられません。不自然です。震央に近いデータの可能性も検討して後に追記しています)で、ここを憶測で書くとまた「デマ」とかうるさい人がいるので、人工地震の波形について調べてみたんですよ。なかなかわかりやすい物を見つけるのに一苦労しましたが、それらしいのを見つけました。以下をご覧下さい。これはYONHAP NEWS即ち韓国聯合ニュースの記事です。北朝鮮が二次核実験したときに感知した人工地震のニュースです。
http://yok-blog.com/wp-content/uploads/2011/04/artificialquake.jpg
この波形見てください、典型的な地震のP波らしき物は存在していません。似ているでしょう?(14日追記:縦揺れの3番目の波形見てください。激似ですね。いきなりピークから始まって減衰する波形です)あくまでも私見ですが、どう見ても4月7日の地震は爆発物による人工地震である可能性が高いと言わざるを得ません。しかも地殻を動かすんですから、この韓国のニュースと同じように核爆発と同等以上のエネルギーを発する爆発物が使われた可能性が高いでしょう。核爆弾や水爆が該当すると思われます

【引用終了】

—–その他、yok-blog.com さんの研究過程のページ—–

(A)http://yok-blog.com/?p=812(同一時刻に3発の地震)
(B)http://yok-blog.com/?p=851(人工地震が可能なことが分かる記事)
(C)http://yok-blog.com/?p=916(人工地震であることの考察。波形分析) 【上記】
(D)http://yok-blog.com/?p=1039(次の災害日時の推測)
(E)http://yok-blog.com/?p=1063(4月16日の地震分析)

■ 2011/4/18 「それでもまだ、あなたは人工地震を否定しますか?」

http://yok-blog.com/?p=1123

■ 2011/4/24 「凄いデータ見つけた。コレは人工地震確定でしょう。」

http://yok-blog.com/?p=1214

■ 2011/4/30 「割合を調べてみた・・・」(1996年から今年までの、震源深さ10Km台の発生頻度)

http://yok-blog.com/?p=1319

より  【引用開始】

【結果】
震源深さ10Km台の割合は23.5%でした。

ごく浅い10Km未満の地震って結構あるんですね。意外でした。本当は1960年代のデータとか欲しいんだよな・・・なぜかというと、90年代のデータでさえ、不自然と感じられるものがあるわけで・・・60年代くらいだと人工地震の実験とかあまりやられてないと思うんですが・・・

で、2011年の地震の震源深さ10Km台の割合ですが、57.1%もあります。

確かに、不自然ではあるんですが。10Km未満の割合と10Km台の割合を見ると、10Km未満の割合って7%しかないのに、10Km台になると57.1%もある。96年~2010年全体を見ると、半々くらいですよね。不自然だよな~って思うんですが・・

【引用終了】

————————————————————————————————————

Wikipedia より

新聞 過去記事

英文資料

————————————————————————————————————
■ 初掲載 2011/5/14

Related Posts

関連記事

Tags: , ,

3件のコメント on 【震源の深さ10Km台・10km以下、の地震が激増の不思議1】2011/4/14 yok-blog.com: 「2011年人工地震に関する考察」より

  1. [...] 【震源の深さ10Km台・10km以下、の地震が激増の不思議1】2011/4/14 yok-blog.com: 「2011年人工地震に関する考察」より [...]

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)