マスコミに載らない海外記事 2011年5月 4日 (水) より

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-d0eb.html

CIAとFBIだけではなく、アメリカの諜報機関16の全てを、イスラエルのモサドやNATOの諜報機関とともに打ち破り、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)、国家安全保障会議、ペンタゴンも、統合参謀本部も、アメリカ空軍も、アメリカの空港で、同じ日の一時間の間に、セキュリティー手続きを四度も打ち破り、航空管制も敗北させ、

最新式のペンタゴン防空システムを打ち破り、飛行機の操縦法を知らないパイロットを使って、三機の旅客機を、三棟の建物に突入させた、“テロ首謀者”が、ほぼ十年もの間、他の攻撃を一切やってのけていないのは一体なぜかと疑う分別を、一体何人のアメリカ人が持っているだろう?

カッター・ナイフを持ったわずかな人数のサウジアラビア人に直面した際に、これほど完璧に駄目になってしまうような政府の防衛体制が、一夜にして、完全なものとして更新できると、アメリカ人は本当に信じられるのだろうか?

Osama bin Laden’s Useful Death

http://www.informationclearinghouse.info/article28016.htm

How many Americans will have the wits to wonder why the “terror mastermind”–who defeated not merely the CIA and the FBI, but all 16 US intelligence agencies along with Israel’s Mossad and the intelligence services of NATO, who defeated NORAD, the National Security Council, the Pentagon and Joint Chiefs of Staff, the US Air Force, and Air Traffic Control, who caused security procedures to fail four times in US airports in one hour on the same day, who caused the state-of-the-art Pentagon air defenses to fail, and who managed to fly three airliners into three buildings with pilots who did not know how to fly–has not pulled off any other attack in almost ten years? Do Americans really believe that a government’s security system that can so totally fail when confronted with a few Saudi Arabians with box cutters can renew itself to perfection overnight?

関連記事

Tags: ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)