菅総理浜岡原発会見の裏で。。。川田龍平のオフィシャルブログより

☞ http://ameblo.jp/kawada-ryuhei/entry-10884645667.html?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+ameba%2Fchaj+%28%E5%B7%9D%E7%94%B0%E3%80%80%E9%BE%8D%E5%B9%B3%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%29&utm_content=Twitter

2011-05-07 22:05:29
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【引用開始】
菅総理の浜岡原発停止に関する決断には強く賛同します。しかしながら同時にその会見の裏でもっと恐ろしいこと が発表されていたことをご存知でしょうか。

首相の会見が行われたのとほぼ同じ時間に、文部科学省の土壌汚染データに関するある事実が明らかにされています。

【後略:引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東電原発事故は、チェルノブイリを超えたのか?

キノリュウが行く

☞ http://kinoryu.cocolog-nifty.com/go_kinoryu/2011/05/post-3ae9.html#more

【引用開始】

5月6日夕方4時から始まった合同会見。今日は岩上さんチャンネルでのまとめがなかったので、ブログに残しておきます。

今日の最大のポイントは、なんといっても航空機モニタリングの調査結果。この数値が正しければ、チェルノブイリの強制移住地域をはるかに超える量の放射性物質が沈着している地域が存在し、しかもそのエリアの中には、今でも人が住み続けていることになるのだ。

(中略)

さて、最後になったが、個人的に大きな問題だと思ったのは冒頭で触れた航空機によるモニタリング結果。文科省のHPに結果が公表されているので見てほしい。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1305820_20110506.pdf
(PDF開きます)

問題なのは、この中の放射性物質濃度のページ。チェルノブイリやセミパラチンスクなどを取材してきたNHKの石川一洋氏が「この単位は間違っていないのか?」と確認し、その後で、「この数字は驚くべきもの。僕は本当に驚いている」と繰り返したたほど、異常な数値が出ているのだ。

資料にある地図中で、もっとも放射性物質濃度が高い赤い部分は、セシウムの濃度が300万ベクレル/m2を超えるエリア。安全委員会によれば、「チェルノブイリは、半径30kmで、148万〜370万ベクレル/m2がもっとも高いレンジだった」ので、今回の資料が正しければ、軽くチェルノブイリを超えていることになる。

さらにいえば、京都大学の今中哲二助教(原子炉工学)によれば、チェルノブイリで強制移住地域に指定された場所の濃度は、旧ソ連で148万ベクレル/m2。1990年にベラルーシが移住対象にしたのは55万5000ベクレル/m2だということなので、6倍超になる。

とんでもない数値だが、今中助教が3月に実施した現地調査では今回の航空機モニタリングと同じような値が検出されているため、それほど大きな間違いではない可能性もある。
京都新聞 3月28日
土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110328000068

(中略)

この会見中、中部電力の浜岡原子力発電所について、菅首相が停止要請をしたという情報があり、官邸は会見を開いた。このニュースは、おそらく明日の新聞紙上やテレビを賑わすだろう。

しかし、航空モニタリングの影響は、浜岡を上回るものだと、個人的には思う。もちろん浜岡原発は重要であるが、単なる要請で停止が決まったわけではない。一方でチェルノブイリを超えたかもしれない福島の事故は、現在進行形であるという意味でも規模の面でも、世界に与えるインパクトは計り知れなく大きい。

しかも(数値が正しければ)、チェルノブイリでは強制移住とされた地域に、いまだに人が住んでいる。300万ベクレル/m2を記録している地域は、避難対象の半径30km圏外に拡がっているのだ。

(後略)

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ 今朝届いた、KAZUOさんからのコメントを、以下に転載いたします。

貴重な情報とご意見、ご考察をありがとうございました!

私もまったく同感です。

2011/05/07  8:14  【山崎淑子 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【KAZUOさんからのメール転載】

いつも読ませていただいております。

ありがとうございます。

浜岡を止める発表の裏には、

今後のエネルギー指針を隠すためというよりは、

航空機モニタリングの結果を隠すためではないでしょうか?

フリージャーナリスト木野龍逸さんのブログ

「東電原発事故は、チェルノブイリを超えたのか?」

http://p.tl/dcnU

文科省、米国エネルギー省による航空機モニタリング測定結果

(PDFがひらきます)

http://p.tl/rX3h

【転載終了】

Related Posts

関連記事

Tags: , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)