伊波 洋一 (いは よういち) @ihayoichi 伊波 洋一 (いは よういち)

朝日のウィキリークス公電記事が外務官僚や防衛官僚や閣僚政治家の実態を暴露。
国が1万8000人としてきた沖縄駐留海兵隊をズムワルト米公使は公電で実数は1万3000人と報告。
家族数9000人も過大。朝日ウエブで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
asahi.com より、以下引用します。
*全7ページを、ご自身の目で精査・分析されることを、お薦めします。

2011年5月4日11時30分

日米、米軍グアム移転で暫定合意〈1〉 - 米公電訳 (7/7ページ)

☞ http://www.asahi.com/politics/update/0504/TKY201105030560_06.html

(中略)

第9条を第1条から切り離したのは、外務省の藪中三十次次官の指示により、第1条のトーンを「より前向きなもの」に保つためだった。

(中略)

2006年のロードマップ作成の文脈において、8000人も9000人の数字も日本での政治的価値を最大化するため意図的に大きく見積もられたが、双方ともこうした数字は実際に沖縄に駐留する海兵隊員の数やその家族たちの数とは大幅に異なることは知っていた。その差を明確にするため、合意済み履行計画の中では、海兵隊員1万人が沖縄に残ると確認し、その1万人の海兵隊員に関係する部隊のリストを挙げた。

(中略)

沖縄選出の日本の国会議員たちも、公の報告書に登場するグアムへ移転する海兵隊員と家族の定員と、沖縄に現状で駐留する実数は異なるということを強調してきた。

 ズムワルト

【引用終了】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【参考】

孫崎 享 @magosaki_ukeru 孫崎 享
日米:脅し続けるキャンベル次官補発言がウィキリークスで明らかに。4日朝日「”キ”氏は前原国交相に対し”民主政権が同盟の合意事項を多岐にわたり見直し続けるならば、米国の忍耐も限界に近づく”と警告」政権交代であれば見直しは民主主義国家では当然。それより米国意向尊重しろは対植民地感覚
日米関係2:キャンベルの脅し。”米国の忍耐も限界に近づく”。限界になったら、米国どうするつもりだろう(思いやり予算つき在日米軍基地を離れることはありえないし)。
孫崎 享 @magosaki_ukeru孫崎 享

日米関係:脅しの歴史。『日米同盟VS.中国・北朝鮮』でナイが次の発言。東アジア共同体で米国が「外されたと感じたら、”恐らく報復に打って出ると思います”。本にまで報復をちらつかせるのだから、民主党政治家はどれだけ脅かされたことだろう。そして小沢・鳩山外して菅政権。よく聞くいい子。

【引用終了】

Related Posts

関連記事

Tags: , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)