孫正義 @masason 孫正義 より、以下引用

それは、私が男だからだ。女なら女を、ニューハーフならニューハーフを賭けよ。 RT @azukidqizu ステキ♡ ♡♡でも何で「男」なん?“

@masason: 権力の前に正義を捨てるくらいなら男を辞めた方がましだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

孫さんの“男気”、カッコいいなあ~。

孫さんの美学、潔いなあ。惚れ惚れします。

女の私にだって、女なりの美学があります。

信念に従って、人生の美学を貫かねば、生きてる意味がないと、強く、信じています。

それゆえ、私は筋を通します。

 「ニューヨークに居住し会社経営していた私は、確かに、FEMAに罹災番号を支給された“911被災者”だったのに、アメリカ政府に誤解され、米国司法の過失による“日米犯罪人引き渡し条約”の違憲性によって、不条理にも、無実の冤罪事件の被害者に貶められ、全てを奪われました」。

 「米国連邦政府によって、一方的に“火事場泥棒”と断罪され、自由と財産を略奪され、名誉と人生を完全に奪われました。被った物理的損害と精神的ショックは、あまりに甚大で、出獄後4年を経過してた現在も未だ、健康回復も生活再建も果たされず、毎日、心身の痛みと困窮に苦悶しています」。

 「それはあたかも、ある日突然、大津波に全てを奪われた“311大地震・大津波・原発震災”被災者が受けたダメージと、福島県民が被っている4重苦体験と、かさなる“人災・国災”のようです。自分に何ら、非がないのに、誰も助けてくれない。救済されないまま放置され、国家に見捨てられた状態を強いられてしまう不条理」。

 「被ったダメージを乗り越えて、私は信念を貫き、社会正義を希求し、奪われた名誉と生活、人生を取り戻すべく、行動を起こします。911被災者の一人として、米国司法の闇を暴き、米国政府に名誉回復を求めます。名誉棄損されたのは、『詐欺未遂』の汚名を着せられた私個人であるばかりでなく、『火事場泥棒』呼ばわりされた、日本国と国民と赤十字も含まれます」。

 「なぜなら、911発生翌日の9月12日から米国赤十字ニューヨーク支部にボランティア登録した最初の日本人として、私は真っ先に911被災者と犠牲者家族の支援活動を行ったと、日米で報道され、米国赤十字から感謝状を贈られている、責任ある立場にいた日本人だったからです。回復すべきは、日本人全体のイメージを汚名によって傷つけられた名誉と日本国の威信、そして奪われた個人の尊厳です」。

私も孫正義さんにならって、こう宣言します。

「誤った国家権力の前に、正義を捨てるくらいなら、女と人生を辞めた方がましです!」

「国家権力による暴力と犯罪を、許しません。覚悟を決めて、雪冤運動を始めます!」

孫さん、真実を語り、社会正義を求める勇気を、私に与えてくださって、ありがとうございました!

勇気をふるって、行動を起こします!

2011/05/01 6:28  【山崎淑子 記】 

Related Posts

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)