安全神話の実態:原子力発電所の事故は、想定外!(想定しない)

私の親戚で厚生労働省の者が、経済産業省の人と打ち合わせをして、事故対策としてヨウ素剤の配備を検討しようとしたが、「事故は起こらないから対策は必要ない」との一点張りで話にならなかったとのこと。この話を聞いたのは、ほんの1~2年前のことである。

原子力政策における安全神話は、文字どおり非科学的・非現実的「神話」であり、(万が一のための)事故対策を想定すらしないことにおいて根本的な誤りであり、今回の悲劇的「人災」を導くものであったと言える。

2011/4/27  9:30   【川﨑泰彦 記】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011/4/27 孫崎享氏 Tweetより:

http://twilog.org/magosaki_ukeru/asc

原子力(昨日たまたま横路衆議院議長と同席。お話し戴いたこと無許可で勝手に掲載)北海道知事時代、原子力発電所の安全管理に配慮した。火災等事故が起これば地方自治体に処理の責任がくる。消防署には放射線を防ぐ防具もなかった。原子力発電所の事故対策は全くない。避難訓練を実施しようとするとposted at 09:05:02

原子力2:電力会社から止めてくれといってくる。何故かというと原子力は全く安全と説明。全く安全と説明しているのに事故を想定した訓練をすれば矛盾することになる。だから止めて下さいと。振り切って実施させた。これが日本で最初の訓練(注:多分、この雰囲気が電力会社に充満。ロボット開発もposted at 09:06:02

原子力3途中で中止、“絶対安全”の中、事故を想定は許されず)。知事時代、原発使用済み燃料保存を受け容れ表明の町出現。町長が受け容れ決定で使用済み燃料保存がOKは疑問、北海道全体で立地考慮すべきと訪米し調査。この時いろんな事あり(機微)。調査し津波の危険認知。海岸線で30M低い所にposted at 09:07:21

原子力4:集落跡はない。米国で海岸線近辺は危ないから止めなさいという助言をうけた(注:原子力発電所も本来安全を慎重に考えれば海岸線を避けるという判断があったはずである。当然かかる助言米国からあったろう。大量冷却水を必要との経済的要請だけで日本は危険な海岸線に並べることとなった)posted at 09:08:48

原子力5、原子力4発信後、見たら次の報道。26日読売「伊首相、福島原発について”原発建設を認めるべきではない場所に、原発が建てられた”と発言」。ということは多分津波配慮。日本のほぼ全ての原子力発電所は”原発建設を認めるべきではない場所に、原発が建てられた”ということなる。滅茶苦茶posted at 09:32:32

原子力:yonathan0122 ヨナタン: 女川原発は、反対運動が激しかったため、当初予定を変更して海抜15メートルの地点に建てられました。それで今回は助かった。結果は無力かも知れないけれど、声を上げることは大切ですよね。posted at 09:45:47

原子力 PicassoPica5151:原発容認云々は今更ナンセンスだか、ベルルスコーニはそれ以前にナンセンスね!:伊首相がナンセンスは国際的定評。その伊首相に日本の原子力政策はナンセンスと言われるわけですから、いかに酷いかがわかる。posted at 10:11:14

原子力:バカ(ベルルスコーニ伊首相)にバカ(日本の原子力政策)と言われるくらいの屈辱ですか?嫌、違います。バカに「お前は俺以上に馬鹿だ」と言われる屈辱ですposted at 10:39:53

原子力;経団連会長とはこの程度のレベルの人がなるのか。26日読売:経団連米倉会長原発事故に関し ”一義的には東電が責任を負うべき”との立場をとる政府の姿勢に疑問を投げかけた。」何言ってる。事業主体が事故を起こしたら一義的責任当然。何故一義的責任ない!儲けは我々。事故起し被害政府かposted at 13:08:31

原子力:「儲けは我々。事故起し被害政府すべし」は東電同じ思想。菅首相に近い人「菅首相いろいろ問題指摘は理解。しかし原発事故直後東電は”後は自衛隊等で処理お願いします”と逃げ図り、菅氏激怒東電に激しく詰め寄ったのは事実らしいが、何故か初期の東電・菅のやり取りをメディア追わない」posted at 13:28:20

関連記事

Tags: , , , , , , , ,

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)