http://twilog.org/magosaki_ukeru/date-110427/asc

2011年04月27日(水)

———————————————————————————————————

TPP(弁護士の皆様へ):TPPで米国の弁護士は、自動的に日本で活動可能、日本の弁護士は勿論米国での活動不可能。さらに法は米国基準が日本を支配(日本の国会の役目大幅に減じます)。日本の弁護士の活動分野が狭まる。米国基準を解るのは、日本人弁護士より米国人です。更に日本、

posted at 08:16:07

———————————————————————————————————

TPP2:米国弁護士に浸食される可能性に別の側面もあります。米国では巨額の金を払いロースクールを出ても見合う仕事が充分にないのです。外国で弁護士仕事出来れば大助かりの予備軍が米国に大量に存在しています。25日NRDRでのCampos論評。「今米国野心のある学生、10万ドルから

posted at 08:17:35

———————————————————————————————————

TPP3:25万ドル払ってロースクールに行くか検討の時期。大学90%以上の就職率と宣伝。しかし実態異なる。法律以外の職の者、パートタイムを除くと63%。さらに調査するとロースクール上位50校で本当の意味の法律の職をえるものは45%。更にこの数字すら低くなる。

posted at 08:18:40

———————————————————————————————————

TPP4:ロースクールでの多額の借金の返済を考えると事態深刻」もし、貴方が米国ロースクール卒業で米国に仕事なく、多額の借金を負い、日本に職があるとしたらどうします。米国弁護士押し寄せる図は夢物語ではないのです。]弁護士の方々へ:日本の知識エリート。TPP日本害しないか検討下さい

posted at 08:20:44

———————————————————————————————————

TPP:問(TTP締結時、米国弁護士は日本で自由に活動出来、なぜ日本の弁護士は米国で活動できない)TPPグローバル基準は米国基準。米ロースクール卒業これマスター。日本の教育グローバル水準に達せず。もっとも米国譲歩して、日本弁護士米国活動資格与えられてもとても米国で勝ち抜けない

posted at 09:39:29

———————————————————————————————————

TPP:TPPは諸制度の米国化なのです。ここで一般原則を約束すれば、後、「いやその条文はこういう不都合がある」「正当ではない」といっても駄目。「TPPで約束したろう。約束はちゃんと国内法に反映させろ」といわれる。日米安保条約でさせられてきたこと、今日本の経済社会で実現図るがTPP

posted at 09:58:28

———————————————————————————————————

TPP:(某農林関係民主党議員):ある日突然「TPPに賛成して下さい」といわれた。でも「農林関係、どういう内容か何にも解っていないでないですか」と言うと高度判断だからという。「高度判断」、どこがどういう理由で判断しているのだろう。TPP実態知らずに賛成しろと言うのだから。

posted at 10:06:04

———————————————————————————————————

TPP:(多くの人が、農業関連のことだけと思っていると思います。私も知りませんでした)。悪は前原氏。外務大臣の時TPPで「1。5% (農業)を守るために98.5%が犠牲になっている」と発言し世を愚弄。TPPは24分野。農業はその一角。各々の具体的内容知らされずOKしろと迫られてる

posted at 10:19:45

———————————————————————————————————

関連記事

Tags: , , ,

1件のコメント on 2011/4/27 孫崎享氏 Tweetより: (弁護士の皆様へ) TPPで法は米国基準が日本を支配

【世界と日本の異常事態】リビア・ギリシャ・日本の異変の背景とは…政府と日銀による 「デフレの継続」「TPPへの異常な傾斜」は「日本国家解体壊滅」が目的か…ましゅマロ ngc3333さんの にコメントする コメントをキャンセル

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)