■Video■ Nation columnist Naomi Klein explores a key argument from her new book.

http://www.youtube.com/watch?v=JG9CM_J00bw

■Website■ Naomi Klein ナオミ・クライン ホームページ

http://www.naomiklein.org/shock-doctrine

■ブログ■ 日暮れて途遠し より

2008/8/10-11

【抜粋 引用開始】
It’s been ten months since the publication of my book The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism, in which I argue that today’s preferred method of reshaping the world in the interest of multinational corporations is to systematically exploit the state of fear and disorientation that accompanies moments of great shock and crisis. With the globe being rocked by multiple shocks, this seems like a good time to see how and where the strategy is being applied.

私の本「The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism」が発刊されてから10ヶ月経った。その本で私は今日好まれている多国籍企業の利益のための世界の作り直しの方法は、great shock and crisis(巨大な衝撃の瞬間と危機)を伴う.恐怖と方向の見えない混乱した国家から、体系的・意図的に搾取することであると主張した。
複数のショックで揺さぶられる世界にいる今、いかにして、どこでこの戦略が適用されようとしているかを見るのによい時であるように思われる。

【引用終了】
【抜粋 引用開始】

★Food Price Shock: Genetic Modification or Starvation

Intimately connected to the price of oil is the global food crisis. Not only do high gas prices drive up food costs but the boom in agrofuels has blurred the line between food and fuel, pushing food growers off their land and encouraging rampant speculation. Several Latin American countries have been pushing to re-examine the push for agrofuels and to have food recognized as a human right, not a mere commodity.

United States Deputy Secretary of State John Negroponte has other ideas. In the same speech touting the US commitment to emergency food aid, he called on countries to lower their “export restrictions and high tariffs” and eliminate “barriers to use of innovative plant and animal production technologies, including biotechnology.” This was an admittedly more subtle stickup, but the message was clear: impoverished countries had better crack open their agricultural markets to American products and genetically modified seeds, or they could risk having their aid cut off.

食糧危機ショック:遺伝子組み換えかそれとも飢えか

石油価格と密接に結びついているのが世界的食糧危機である。
高いガソリン価格が食料価格を押し上げるだけでなく、アグロフュエル(バイオ燃料)のブームが、農業従事者を土地から離れた奔放な投機に押しやることで、食料と燃料の境目をぼやけさせた。
いくつかの南米の国はアグロフエル推進を再検討し、食料は単なる商品ではなく人権であると認識させられている。

米国の国務副長官ジョン・ネグロポンテは別の考えを持っている。
アメリカの緊急食糧援助へのコミットメントを宣伝したその同じスピーチの中で、彼は各国に「輸出制限と高関税」を緩めて「バイオテクノロジーを含む革新的な植物・動物製品技術の使用に対するバリアー」を除去することを求めた。
これは明らかにより芸の細かいピストル強盗だ。しかし、メッセージは明確だ。
:貧困に陥った国は農産物市場をアメリカの産品と遺伝子組み換え種子に開放した方が身のためだ。さもないと彼らの援助は減らされるリスクを負う。

【引用終了】

関連記事

Tags: , , ,

5件のコメント on Naomi Klein: The Shock Doctrine : The Rise of Disaster Capitalism 災害資本主義

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)